痩せてる人・痩せすぎな女性はバストアップできない?体脂肪率とバストアップは関係ある?

痩せてる人・痩せすぎな女性はバストアップできない?


▼「太っている人の方が胸が大きい気がします。痩せているとバストアップできないのでしょうか?」

というご質問をいただいたので、本日は、痩せ型の女性とバストアップについて、かつて貧乳から脱出した、私(ミムラ)が、独断と偏見で書いてみたいと思います。

ダイエット



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ぶっちゃけ、痩せている女性はバストアップしにくいと思う(経験談)」

「なぜなら、バストの90%は脂肪でできており、体脂肪が少ないとバストの脂肪も燃焼しやすくなると思うから」

「また、体脂肪は女性ホルモンの合成を活発にするため、体脂肪が少ない女性はエストロゲンが減少し、貧乳になりやすい気がする」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



私の感覚では、痩せすぎの女性より、ぽっちゃりした女性の方がバストアップしやすい気がする。

これはある意味当然で、バストというのは90%が脂肪分なので、体脂肪率が低いと、バストに回すための脂肪分が足りなくなる。

そのため、体脂肪が多い女性の方が、バストアップしやすいということになると思うわけです。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼ですから、当ブログではいつも書いていますが、「バストアップは女性ホルモンと体脂肪」なのですね。

私がサプリメントを推奨するのは、女性ホルモンを増加させるためだし、ダイエットはやめた方がいいというのは、体脂肪率を維持するためです。



▼そういう意味でも、痩せすぎの女性は、やはりバストアップ効果が出にくい傾向にあります。
(経験談)

例えば、バストアップの失敗で多いのが、

「痩せているのに大豆製品ばかり食べている女性」


大豆製品は、大豆イソフラボンの作用で、確かに女性ホルモンが増加したのと同じ効果が「ある事はある」

ですが、痩せすぎの女性の場合は、女性ホルモンよりも先に「体脂肪」を、増やした方がいいと思うわけです。



▼そう考えると、大豆製品などは脂肪分が極めて少なく、なかなか体脂肪率を上げることができません。

もちろん、白いご飯などの炭水化物を、しっかり摂取することによって、体脂肪率を上げることはできます。

が、やっぱり痩せすぎの女性の場合は、鶏肉などのお肉を食べておきたいところです。



▼大豆製品は植物性タンパク質が豊富ですが、鶏肉や卵などの動物性タンパク質も、バストアップにはかなり重要だからです。

現代は「細身である」ことが、価値が高いという風潮があります。

ですから「体脂肪率を増やす」と言うと、そんなバカな!という反応をする人も多いです。

しかし、女性の魅力はガリガリであることではなく、女性らしいふっくらとした体であることだと、私は思うわけです。



▼ガリガリの女性は、胸が小さいことが多いです。

脂肪分というのは「エネルギーのストック」ですから、常に残存エネルギーがギリギリの状態だと、脂肪分が蓄積されず、胸も大きくなりにくいと思うわけです。
(経験談)


▼なので、基礎代謝が高く、運動量も豊富で、食が細い女性。

このような女性は、スラッとスタイルは良いのですが、胸が大きくなりにくい傾向にあるわけです。

ちなみに私ミムラもこのタイプです。



「体脂肪」は、言わば「バストの原材料」みたいなものだと思う。

だから体脂肪は多い方が、胸は大きくなりやすいんですが、もう一つ重要なポイントがあります。

それは、

体脂肪が多い方が、女性ホルモンのエストロゲンが増えやすい気がする

という部分です。



▼これもあくまでも私ミムラの自説で、医学的に立証されているかどうかわかりませんが、

体脂肪が多い女性の方が、バストアップサプリの効果が出やすいと思う

わけです。
(ミムラ調べ)


▼例えば、「同じバストアップサプリ」を別々の女性が使ったとする。

Aさんは、ガリガリ体型。
Bさんは、ふっくら体型。

この場合、同じサプリを使っても、ふっくら体型のBさんの方が、胸が大きくなりやすいと思う。

私ミムラが、多くの女性を見てきて、そう思います。



▼いろいろ理由を考えてみたんですが、

体脂肪というのは、女性ホルモンのエストロゲンを合成する

つまり、体脂肪がないと、エストロゲンが生み出されにくい。

この事が、「痩せすぎの女性は胸が小さい」という所にもつながっているのではないか?



▼また、エストロゲンと体脂肪は、相互に補完する関係にあるように思う。

つまり、

「女性ホルモンのエストロゲンが増えると、体脂肪も増えやすくなる」

「体脂肪が増えると、エストロゲンも増えやすくなる」


という関係にあると思うわけです。



▼そう考えると、

痩せすぎて、体脂肪が少なすぎる女性は、エストロゲンも減少し、さらに体脂肪が減りやすくなり、貧乳のデフレスパイラルに陥る

という状態になりやすいのではないか?
(※かつての私です)



▼ということで本日は、痩せ型の女性とバストアップについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「痩せている女性は、貧乳地獄に陥りやすい」

「理由は、体脂肪が少ないと、女性ホルモンのエストロゲンも少なくなるから」

「また、女性ホルモンのエストロゲンが少なくなると、体脂肪もさらに少なくなるから」

「逆に、体脂肪が多い女性ほど、バストアップサプリの効果が出やすく、胸が大きくなりやすい」



こんな感じで、私は考えています。



▼胸を大きくするにはやはり、ある程度の体脂肪率が必要です。

体質的に、なかなか太れない人もいるかと思いますが、炭水化物(特に白いごはん)を少し多めにすると、体がふっくらとしやすくなります。
(経験談)

少しずつでも体脂肪率を上げていけば、サプリなどのバストアップ効果も出やすくなりますね。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



痩せ型の女性がバストアップしにくい理由


▼痩せすぎの女性は胸が小さいか?についての考察を続けます。

ここまで書いてきたとおり、痩せている女性はバストアップに不利な条件が揃っている。

それは主に、体脂肪と女性ホルモンが増えにくいという点です。



▼それに加えて、痩せている女性がさらにバストアップに不利な部分があります。

それは、「痩せている女性は、神経質で繊細な人が多い」という部分です。



▼あくまでも私ミムラの印象ですが、太っている女性の方がおおらかです。

痩せている女性は、知性的ですが、その反面カリカリしていて神経質だったりする。

私もこのタイプです。

そして、このような神経質タイプの女性は、貧乳になりやすい気がする。



▼神経質でイライラしやすいという事は、自律神経が交感神経優位に傾きやすい。

交感神経が刺激されると、女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが増えるように思う。

こうなってくると、痩せ型の女性はさらに痩せやすくなり、女性ホルモンも減少する。

そして貧乳に向かってしまうわけです。
(経験談)


▼それともう一つ。

痩せている女性は、睡眠が浅くなりやすい。

もしくは寝つきが悪い。

これも私の経験談ですが、食が細い女性はあまり眠くならないので、不眠症になりやすいわけです。



▼バストアップと睡眠はかなり結びつきが強く、不眠症の女性は胸が小さくなりやすい気がする。

なぜなら、しっかりとした睡眠がとれていないと、これもまた自律神経が交感神経に偏ると思うからです。



▼このように、痩せている女性は自律神経の面でも、バストアップに不利な条件が揃っている。

だから私のように、なかなか太れない女性の場合、できるだけ食事を工夫して、体脂肪率を上げていくことが重要だと思う。

女性の場合はあまりガリガリに痩せているより、標準体型の方がメリットが多いと思うので、少し食事を増やしてみると良いかと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ