太っても胸が大きくならない原因。胸に脂肪がつかない。太ればバストアップする?体脂肪を増やす

太っても胸が大きくならない原因


▼『体脂肪率を上げても、なかなかバストアップしません…』

というお悩みをいただいたので、本日は、太っても胸が大きくならない原因について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

体重計2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「女性は基本的には、太れば胸は大きくなると思う」

「もし太ってもバストアップしないなら、女性ホルモンの分泌バランスが悪い可能性がある」

「原因は例えば、寝不足・慢性的なストレス・体力的な疲れ。この辺が考えられるかと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストというのは、そのほとんどが脂肪分でできています。

ですから、当ブログでもいつも書いている通り、痩せすぎている女性は、バストアップしにくいわけですね。

なので、バストアップしたいなら、ある程度は体脂肪をつける、つまり少し太らなければなりません。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼さて、ここまでは良いとして、このようなことを書くと、必ず頂く質問があります。

「太っても胸が大きくならないのはなぜですか?」


基本的には、太ればそれに比例して胸も大きくなりますが、たまに太っても胸が大きくならない女性もいるわけですね。

これはなぜか?



▼太っても、胸だけ大きくならない女性。

その全ての人にリサーチしたわけではないので、これが正解とは言えませんが、私ミムラが多くの人の話を聞いた中で、共通している部分があります。


それは、

栄養と体脂肪は足りているけど、女性ホルモンのエストロゲンが足りていない

と思われる点です。



▼胸を大きくするために重要なポイントは、

体脂肪と、エストロゲン」だと、私は考えています。


このどちらか一方でも欠けてしまうと、胸は大きくならないと思う。

つまり、「太ったのに胸は大きくならない」と言う女性の多くは、「女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が少ない」と、推察できるわけです。



通常は、女性の場合は体脂肪率が増加すると、それに比例して女性ホルモンも増えやすくなる印象。

しかし、日々の睡眠時間が足りていなかったり、仕事のストレスが日常的にかかったりしている人は、女性ホルモンが減少していく傾向にあります。


なので、このような生活習慣の女性の場合は、物理的に体脂肪率が増加して太っても、女性ホルモンのエストロゲンが追いついてこないので、なかなかバストアップしない、ということが起こりうるわけです。



▼ですから、「太ったのにバストアップしない!」という悲劇を避けるためには、女性ホルモンの減少を招くような生活習慣を改善すればよい、ということになる。


何を改善すればよいかというと、先ほども書いたようにまずは、

睡眠時間を増やす

豊富な睡眠は、副交感神経を優位にし、女性ホルモンがスムーズに分泌できるような土台を作ると考えられます。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼バストアップがなかなかうまくいかない人の特徴として、なんと言っても多いのは、

痩せすぎ

そして、

睡眠時間が短すぎる人」ですね。

この2つのパターンが、貧乳の代表的なパターンとなっているような。
(ミムラ調べ)



▼ですから、胸を大きくするための方法をシンプルに書けば、

体脂肪率を増やす。睡眠時間を長くする。最初だけバストアップサプリを使う

これが基本中の基本になるわけですね。

私が当ブログで、いつも書いている通りです。


この3つを守るだけでも、かなりバストアップはスムーズに進んでいくと私は考えています。



▼さて、太っても胸が大きくならない原因について、さらに深堀りしてみましょう。

私の経験談で言えば、

女性は基本的に、太ればバストアップする

と、私は自分の経験から感じています。



▼女性の場合、太ると単純に体脂肪が増えて、バストの脂肪も増加する。

その結果として、バストアップする。


そして、それだけでなく、

体脂肪が増えると、女性ホルモンのエストロゲンも増加しやすくなる

と、私は考えています。



▼バストアップに重要な要素は、「体脂肪とエストロゲン」である。

というのが、私のバストアップ理論の根底にあります。


「太ること」は、体脂肪とエストロゲンを同時に増やすことができる。

そのため、「基本的には」太ればバストアップできる確率が、かなり上がると思うわけです。



▼なので、「太っても胸が大きくならない!」と言う女性は、

乳腺の発達を阻害するような、悪しき生活習慣が繰り返されている可能性がある

と、私は思うわけです。



▼普通に健康的な女性なら、太ればそれに比例して胸が大きくなる。

それなのに太っても胸が大きくならないのは、「何か」が、女性ホルモン エストロゲンの分泌を妨げている可能性があるわけですね。


私が思っているのは、先ほど書いたとおり、「寝不足」と「ストレス」が、多くの元凶となっているかなと。



▼なぜなら、寝不足とストレスは、交感神経を刺激してしまう。

交感神経が優位になれば、女性ホルモンが減少する可能性が高いと思うわけです。


バストアップしたいなら、副交感神経の方を優位にしなければならないと思う。

そのためには、「長く眠る事」が、効果的だと私は考えるわけです。



▼ということで本日は、太っても胸が大きくならない原因について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「太っても胸が大きくならない原因は、寝不足やストレスが、交感神経を刺激して、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を阻害しているからではないか?」

こんな感じで私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



なぜ太っているのに胸が小さいのか?


▼太っても胸が大きくならない原因についての考察を続けます。

太っているのに胸が大きくならないということは、性ホルモンの分泌バランスが男性寄りになっている、ということではないか?

男性は太っても胸が大きくなりません。

それは、男性は女性ホルモン分泌量が少ないからだと思われます。



▼たまに男性でも、豆乳を飲みすぎたりした人が胸が大きくなってしまった、というニュースを見ることがあります。

これは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、その男性の女性ホルモン分泌量を増加させ、結果として胸が大きくなってしまうのではないかと思われます。

そう考えると、女性でも、体脂肪は足りているのに胸が小さいという事は、女性ホルモンの分泌量が少ないからではないか?



▼現代女性は忙しい。

特に、お仕事をしている女性が多いので、睡眠時間が不十分だったり、人間関係のストレスに悩まされていたりします。



▼このような寝不足やストレスは、自律神経を乱す。

交感神経が優位になってしまう。

交感神経は活動系の自律神経なので、女性ホルモンの分泌量を減少させてしまうと思うわけです。



▼分かりやすい目安として、「気持ちがカリカリ・イライラするときは交感神経優位」という感じで覚えておくと良いかと思います。私の考えですが。

イライラすればするほど、女性ホルモンのエストロゲンは減少し、胸が小さくなる。

逆に、のんびりリラックスしたり、いつも明るい気持ちで過ごすと、女性ホルモンの分泌量が増えてバストアップしやすくなると思うわけです。

太ってもなかなか胸が大きくならない女性は、このあたりの精神面を少し振り返ってみてください。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ