恋愛とバストアップ。脳内ホルモンと女性ホルモンの増加。ときめきホルモン

恋愛とバストアップは関係ある?


▼『恋をすると、胸が大きくなるんですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、恋愛とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

恋


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「恋愛中は、女性ホルモンのエストロゲンが増えることが予想されるので、バストアップにつながる可能性はあると思う」

「また、その延長線上のスキンシップも、女性ホルモンを増やす効果があると思う」

「とは言え、私の経験上、恋愛をしても急に胸が大きくなるわけでは無いので、やはり基本は食事と睡眠かなと」

「あと、恋愛にはまりすぎて食欲がなくなったりすると、逆にバストダウンにつながりかねないので要注意(経験談)」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼恋をすると胸が大きくなる、という噂。

これにはしっかりとした根拠があり、恋をすると脳内ホルモンと女性ホルモンが大量に分泌される。

だから恋をすると胸が大きくなるというのは、たぶん本当かなと。



▼生物学的に見ても、恋をしている状態は子孫繁栄のチャンスなので、女性として魅力的な体に変化させていくというのは当然であり、理にかなっていると思います。


例えば、中学生とか高校生とか思春期というのは、成長ホルモンや女性ホルモンがたくさん分泌される時期であり、しかも恋多き時期でもありますよね。

その2つの相乗効果によって思春期の女の子はバストが大きくなりやすいと思うわけです。



▼ただし、このような大切な思春期に、夜更かしをしたり寝不足をしてしまった女の子は、なかなかその後もバストサイズを大きくできない傾向にあります。
(経験談)

逆に、思春期にしっかり栄養をとって睡眠をとっていた女の子は、その時期に胸が大きく発育し、その後もナイスプロポーションでいられる可能性が高いように、私ミムラは感じます。



▼だからと言って、思春期が過ぎてしまったら、もうバストアップはできないのかと言えば、全然そんなことはない。

40代であっても、しっかりと生活習慣を考えて行けば、バストアップさせることは、それほど難しくないと思うわけです。



▼さて、恋愛とバストアップの話に戻りますが、恋をしている状態は脳内ホルモン(PEA・ドーパミン等)が出まくりの状態なわけです。

それと同時に、女性ホルモンも分泌される。

だからバストアップしやすい、という仕組みかなと。



▼逆に、生活に追われて、仕事が忙しく、いつも仕事のことばかり考えていて、恋愛なんかもう遠い過去の話…みたいな状態は、バストアップにとっては非常に悪い状態と言えます。

このような生活の仕方というのは、非常に男性的であり、男性ホルモンが多くなってしまうと思うんですね。


バストアップさせるには、女性ホルモンを増やさなければならないのに、男性ホルモンが増えてしまうと、どんなに他でバストアップの努力をしても、相殺されてゼロ(時にマイナス)になってしまいます。
(経験談)



▼お仕事が忙しい時でも、実際に恋愛をしてデートまでしなくてもいいから、異性の男性と世間話を楽しくしてみたり、ちょっときわどい話をしてみたりするだけでも、女性としての本能に触れ、女性ホルモンが増加することになると、私は考えています。


素敵な男性と、話をするだけでも、気分的にはテンションが上がるし、その状態はおそらく女性ホルモンの分泌も活発になっていると思われます。

恋愛は人生のスパイスであり、異性の友達がいるだけで人生に張りが出て、しかも胸にもハリが出る(うまい)という一石二鳥作戦ですね。



▼ちなみに、恋愛のその先。

「性的な行為」は、「相手が好きな男性である場合に限り」バストアップ効果があると思います。


好きじゃない男性でも、そういうことになると女性ホルモンのエストロゲンが出るのか?

うーん。。。この辺は、データがないので非常に微妙なんですが、まったく何もないよりは、セ●レでもいた方が、女性ホルモンは増えそうですね。

ただし、あまり安売りすると、女性としての品格が下がるので、ほどほどに、ですね。



▼まあこのように、恋愛をすると女性は、PEA(フェニルエチルアミン。ときめきホルモン)や、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が活発になり、結果的にバストアップにつながっていくと、私ミムラは思います。


ただ、私もそれはわかるのですが、「そんなに年中、恋愛してられない」ですよね。

なので、「恋をしてバストアップしよう!」というのは、私はやめたほうがいいと思います。

胸を大きくしたいから恋愛をする、というのは、なんだか順番が逆な気がします。



▼なので、胸を大きくしたいなら、まずは基本的なことを大切にする。

それは、当ブログでもいつも書いているように、

「食事の量を少し増やす」

「睡眠時間を少し増やす」

「ストレスを少し減らす」

「効果的なバストアップサプリを使う」



このような地味な基本が、バストアップの土台となると、私は考えています。



▼もちろん、恋愛して楽しくバストアップできれば、それに越した事は無いんですが、上述した通り、「恋愛機会」なんて、人生の中でそんなにたくさんあるものでもないし、「ドキドキ感」は、時間が経てば消えてしまう。


ドキドキしなくなれば、ときめきホルモンも、女性ホルモンも分泌されなくなり、バストアップ効果も失われてしまいます。



▼だから、そんな安定しない恋愛にバストアップを期待するより、自分にできる事を日々、コツコツやっていく方が、結果的にはバストアップに成功するのではないかと、私は考えています。

もちろん、素敵な恋ができる人は、どんどんしていった方が綺麗になるし、胸も大きくなると思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



恋愛がバストダウンにつながる?


▼恋愛とバストアップの関係についての考察を続けます。

恋愛する場合の注意点として、「あまりにもドキドキしすぎる恋愛は、バストダウンにつながるかもしれない」と思う。



▼なぜかというと、恋愛のドキドキ感と言うのは、ドーパミンの作用があると思うからです。

ドーパミンは脳内麻薬。気持ちいいです。

だから、恋愛は気持ちが良い。

ただ、この快感がバストアップを阻害することもあると、私は考えるわけです。



▼つまり、「恋愛の高揚感がすごすぎて、食事が喉を通らない」という状態になりやすいわけです。

あるいは、「好きな人に嫌われたくないから、あまり食べないようにする」とかですね。

これらは、私の経験談でもあります。

女性なら誰しも、すごく好きな人ができたら、こうなってしまうと思う。



▼でも、私が当ブログでいつも書いているように、食事の量を減らすと、バストアップに失敗する可能性が高まる。

胸を大きくしたいなら、体脂肪率は下げてはならないと思う。

恋愛のドキドキ感に翻弄されて、食欲がなくなってしまうと、体脂肪率が下がってバストダウンする可能性があると思うわけです。



▼なので、恋をすることは女性ホルモンが増えてバストアップにつながるけど、恋をすることで食欲がなくなってしまうと、今度は逆に、胸が小さくなってしまうかもしれない、と思うわけです。

素敵な恋愛は、素敵なプロポーションにつながる。

でも、食事量は減らさない方がいいと、私ミムラは思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ