寒がりと貧乳~寒冷地の女性は胸が小さい?冷え性と血行不良。バストアップと体が冷える関係

寒がりと貧乳


▼『寒いところに住んでいる女性は、胸が大きくなりにくいですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、寒がりと貧乳の関係について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

白熊


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「寒がりの女性は、相対的に胸が小さい気がする」

「その原因として、寒がりな女性は体脂肪が少ないことと、睡眠時間が短いことが関係しているように思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップ関連の書籍などを読んでいると、「寒い地方の女性は胸が小さい」と言う記述を見かけることがあります。これは本当か?

私の意見としては、「住む地方は、あまり関係ない」と思います。



▼例えば、寒い地方に住むロシア人は、暖かい地方に住む東南アジアの女性よりも、胸が小さいのか?

そんな事はない。


北海道の女性は、沖縄の女性よりも胸が小さいのか?

まぁ、これに関しては、沖縄の女性の方が巨乳のイメージはあります。

ただそれが、「暖かい地方だから」という理由なのかどうか。


人種というか、体の構造的に、沖縄の女性は日本人離れしたスタイルの女性が多いからです。



▼さて、そういう観点から考えると、「寒さ」というのは、バストサイズと無関係なのか?

これは、「無関係ではない」と言えます。


「住む地方が寒い女性は胸が小さい」、というのは、あまりバストサイズに関係ないと思いますが、「冷え性」はバストサイズに関係があると考えます。



▼俗に言う「寒がりの女性」

女性は男性よりも筋肉の量が少なく、熱を生み出しにくいので、寒がりな人が多いです。


そんな女性の中でも、「冷え性の女性」

これは、血行が悪く、胸が小さくなりがちな女性でもあります。



▼当ブログではいつも「バストアップは、女性ホルモンと体脂肪が重要」

と書いていますが、「血行」というのも、重要な要素の1つです。


もちろん、「女性ホルモンと体脂肪」がなければ、バストアップは論外なわけですが、この2つをクリアした上で、次に目指すのは「血行改善」です。



▼なんと言っても血行が悪いと、血の巡りが悪いわけですから、全身への栄養供給がスムーズにいかないわけです。

栄養は血液に乗って運ばれるわけですから、血の巡りが悪いと、食べ物からどんなに栄養を摂取しても、それがちゃんと届けられないわけです。



▼特にバストというのは末端の組織になりますので、血行不良になると真っ先に栄養が届かなくなる器官でもあります。

なので、「寒がりの女性」「冷え性の女性」

このようなタイプは、しっかりと栄養を摂っているにもかかわらず、その栄養がバストに届きにくかったりするわけです。



▼このようなことから、女性がバストアップを目指す場合は、なるべく「体を温める」ことが重要になります。

体を温めるというのは、ストーブや暖房など、物理的に温めることも有効です。


それと同時に、「体が温まる食べ物や、飲み物」を選んでいくことも重要になります。

ショウガとか、いいですね。私もよく食べます。



▼適量のお酒も、体を温めてくれます。

なので、私の個人的な考えでは、「適量のお酒はバストアップにメリットがある」と考えています。


ただ、私のように酒好きな女性は、ついつい飲み過ぎてしまう。

飲み過ぎてしまうと、睡眠不足につながったり、睡眠の質が低下したりするので、今度は逆に、バストダウンにつながってしまいます。

飲み過ぎは厳禁です。


ちなみに、体を温めるお酒は、「赤ワイン」が良いかと思います。

ビールと白ワインでもいいんですが、体を冷やす作用もあるので、できれば赤ワインかなと。



▼さて、体を温めるために最も重要なのが、

睡眠時間を長くすること

寝不足になると、体が冷えます。
(経験談)

寝不足になると、女性ホルモンも減少します。
(あくまで私ミムラの見解です)


寝不足と体の冷えは、胸を小さくしてしまう二大悪、と言っても過言ではないかもしれません。

バストアップを目指す女性は、なるべく体を温めるようにした方が良いですね。



▼さて、先ほど、「住む場所は胸の大きさと関係がない」と書きましたが、影響が出るケースもあります。

それは、

沖縄など、暖かい地方の方が、副交感神経優位になりやすい

という部分です。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼沖縄は長寿で有名ですが、これは沖縄の暖かさが、自律神経を副交感神経優位に調節するからではないか?

そして、バストアップにとって副交感神経優位の状態は、メリットがある。

そう考えると、暖かい地方の方が、寒い地方よりバストアップしやすいのかもしれません。



▼とは言え、自律神経というのは、「生活習慣」を変えることでもコントロール可能です。

なので、寒い地方に住んでいる女性でも、寝不足しないようにしたり、食事をしっかり食べることによって、副交感神経優位になり、バストアップが可能になると私は考えています。



▼ということで本日は、気候とバストサイズについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「暖かい地方の方が、副交感神経優位になりやすく、バストアップにやや有利である印象」

「しかし、それ以上に大切なのは生活習慣であり、食習慣である」

「なので、暖かいところに住んでいる女性の方が、少しだけバストアップに有利、という程度かと思われる」


私の認識は、こんな感じです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



なぜ寒がりの女性は胸が小さいのか?


▼寒がりと貧乳についての考察を続けます。

平均的に、女性は男性より寒がりの人が多いです。

これは筋肉量が違うから。

筋肉が多い人ほど熱量を生み出すことができるので、寒さに強いわけです。



▼この点から考えると、寒がりの女性は筋肉が少ないとも言える。

ただ、バストアップと筋肉はほとんど関係がないと私は思います。

なので、もう一つの寒がりの原因、体脂肪の少なさ。

こちらは問題になる。



▼体脂肪が多く、太っている女性は、痩せている女性より暑がりだったりします。

全身を体脂肪が覆っていれば、その脂肪が体熱を外に逃がさない。だから温かい。

逆に、体脂肪が少ない女性は、生み出した熱がすぐに外に放出されてしまう。だから寒いわけです。



▼ラーメンなどでも、スープの表面に油が浮いているようなラーメンは、時間が経っても熱々です。

スープの油分が熱をコーティングして、ラーメンが冷めないわけですね。



▼さて、そう考えると、寒がりの女性は体脂肪が少ない。

そして、バストアップには体脂肪がとても重要なわけです。


まず、バストは90%が脂肪で構成されていること。

そしてもう一つ。

体脂肪が多い女性の方が女性ホルモンのエストロゲンが増えやすいと思うわけです。



▼このように考えていくと、やはり寒がりの女性は胸が小さくなりやすいのではないか?

ちなみに私も痩せやすいので寒がりです。

今はだいぶ標準体型になったので大丈夫ですが、昔はすごく痩せていて寒がりでした。

そして貧乳だったわけです。



▼なので、やはり私は思う。バストアップへの第一歩は、体脂肪を増やすことだと。

太るのは大変ですが、胸を大きくしたければ、ガリガリの体型では難しい。

少しでも食事量を増やし、お酒が飲める人はお酒も利用して体脂肪を増やすこと。

それが結果的にはバストアップにつながっていくと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ