菓子パンでバストアップ?太る⇒体脂肪率上がる⇒胸が大きくなる?巨乳にならない

菓子パンでバストアップ?


▼「菓子パンを食べると太るらしいので、胸も大きくなりますか?」

というご質問を頂いたので、本日は菓子パンとバストアップについて書いてみたいと思います。

菓子パン



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「菓子パンなどの甘いパンは、意外とバストアップに効果がある気がする」

「ただし、コンビニなどの菓子パンは添加物が多く、食べ過ぎると害がありそうなので注意」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず菓子パンは、やはり太ります。

カロリーが多いからですね。

あんパンやクリームパンやアップルパイなどの「菓子パン」は、可愛い顔して、すごいカロリーだったりするわけです。



▼ですから、菓子パンは「ダイエット」をしている人には厳禁、ということになります。

カロリーが高い上に、砂糖の量もすごいので、血糖値が一気に上がりやすく、太りやすい食べ物と言えるからです。



▼さて、その一方で、バストアップのためには「体脂肪」が不可欠です。

当ブログでいつも書いている通り、体脂肪率が低すぎる女性は、どんなにバストアップマッサージをしても、バストアップサプリを飲んでも、なかなか胸が大きくなりません。
(経験談)

これはある意味当然で、バストに回す脂肪分がなければ、胸を大きくすることはできないからです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼つまり、痩せすぎで胸が小さい女性は、まず「少し太る」ということが必要になると思う。

太ると言っても、森三中みたいになる必要はなく(失礼)、「標準的な体脂肪」にするということです。


スレンダー体型は、シルエットは美しいのですが、バストアップのためには標準体脂肪にしなければなりません。



▼そこで、冒頭のご質問者さんも書いていたように、「菓子パンで太る」事によって、バストアップさせることはできるのか?

実は私ミムラも、「菓子パンでバストアップ」をやったことがあります。

バストアップ効果はあったと思います。ただ、途中で辞めてしまいました。

なぜかというと、体に悪いと思ったからです。



▼確かに、痩せ型の女性は、なかなか太れないため、菓子パンならたくさん食べることができるので、体脂肪率を増やしてバストアップにつなげる事は可能です。

しかし、あまりお勧めしません。

胃腸が弱い人の場合は、ちょっと体に負担がかかりますね。


上述した通り、安い菓子パンには砂糖がたくさん入っているし、添加物もたくさんです。

なので、「ハンバーガーでバストアップ」とか「カップラーメンでバストアップ」と言うのと同じくらい、お勧めできません。



▼「バストアップには、体脂肪が必要

これは間違いないです。

しかし、その結論だけを拾って、体脂肪さえ増えれば良いと考えるのは、少々危険。

バストアップは、女性ホルモンと体脂肪。これは私がいつも書いている通りです。



▼女性ホルモンはバストアップサプリで補うことと、睡眠時間を長くすることで、かなり改善できます。

難しいのは「体脂肪率」

体脂肪を健康的に増やすためには、「白米」をしっかり食べることが基本になります。


菓子パンの方が手っ取り早く体脂肪を増やせますが、健康を害してしまえば、バストアップどころではないので、短絡的に楽なほうに走ってしまわないように注意が必要ですね。



▼さて、ここまで菓子パンの悪口みたいになってしまったので、角度を変えて考えてみましょう。

菓子パンのメリット

最近のパン屋さんは、営業努力が素晴らしく、菓子パンでもすごくクオリティの高いパンが並んでいます。



▼メロンパンでも、材料を無添加にこだわったり、豆パンでも、素材の味を生かした健康的な菓子パンが増えてきている印象です。

上述したような、「質の低い菓子パン」というのは、主にコンビニで100円くらいで売っているものをイメージして書きました。


しかし最近は、「人気のあるパン屋さん」も増えてきており、このようなパン屋さんの菓子パンであれば、私はお勧めしたいと思います。



菓子パンの場合、「炭水化物の糖質」に加えて「甘味料の砂糖」を、同時に摂取できるので、太りにくい女性が体脂肪を増やして、バストアップさせるのに合理的です。


上述した通り、コンビニの菓子パンだと、添加物やらハイカロリーやらで、デメリットも多いのですが、素材にこだわったパン屋さんであれば、デメリットを最小限にして、バストアップに貢献してくれるのではないかと思います。



▼当ブログをいつも読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私は「バストアップには炭水化物が必要派」です。

特に、白いご飯をオススメしていますが、パンでもそれなりに、バストアップには効果的かと思います。



で、パンを食べる場合に、「食パンや調理パン」よりも、「菓子パン」の方が、バストアップ効果は高い気がするわけです。

あくまでも私の経験談ですが、ここまで書いてきたとおり、やっぱり菓子パンは体脂肪を維持しやすい。

バストアップには体脂肪が必要不可欠だと思うので、その点で菓子パンは、調理パンよりもバストアップに効果的な気がするわけです。



▼ということで本日は、菓子パンとバストアップについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「菓子パンは体脂肪を維持しやすいため、バストアップに効果的である」

「ただし、コンビニなどの廉価な菓子パンは、添加物やカロリーの点で、食べ過ぎには注意」



こんな感じで考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



菓子パンで胸を大きくする方法


▼菓子パンとバストアップの関係についての考察を続けます。

バストアップとはある意味、少し太ることであると私は考えています。

だから、胸を大きくするためには、体脂肪が増えやすい食べ物を食べた方が良い。

私が白米をお勧めするのは、白米を食べると体脂肪が増えやすいからです。



▼そのような観点で考えると、「菓子パン・甘いパン」

これは非常に体脂肪が増えやすい印象です。

テレビで、ある俳優さんが役作りのために太る必要があり、バウムクーヘンを食べていたと言っていました。

バウムクーヘンは菓子パンとはちょっと違うかもしれませんが、甘いパン系が体脂肪を増やしやすいのは間違いないと思います。



▼ちなみに、最も太りやすい食べ物の1つとして、コンビニなどで売っている「アップルパイのパン」があります。

よく見かけますね。ずっしりと重いパンです。

あのパンは、カロリーがかなり多い。

1個で、500キロカロリー以上あると思います。



▼アップルパイのパンは脂質が多く、その分、カロリーが多くなりやすい。

したがって太りやすい。

しかし言い換えれば、太りやすい分、バストアップもしやすいと思うわけです。



▼貧乳に悩む女性の多くはガリガリで、体脂肪が足りていません。私の印象ですが。

このようなタイプの女性は、まず太る必要があるんですが、太るというのはかなり難しいです。

私も痩せ型なのでよくわかります。

太れない人が太るのは本当に難しい。



▼そこで活用できるのが、「間食としての菓子パン」

上述したアップルパイのパンなどは、少食の女性でも食べやすく、手軽にカロリーを摂取できます。

なので、なかなか太れず、貧乳から脱出できない女性は、自分が好きな菓子パンをおやつの時間につまむことで、体脂肪を増やしてバストアップにつなげていける可能性があると思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ