豆乳でバストアップ。大豆イソフラボンは胸が大きくなる栄養素

豆乳でバストアップするか?


▼『バストアップには、やっぱり牛乳より豆乳ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、豆乳でバストアップするか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

豆乳


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、豆乳を飲むことでバストアップする可能性は十分にある」

「注意点として、毎日多量の豆乳を飲まなければバストアップ効果は出にくいので、豆乳だけで胸を大きくしようとするのは無理がある気がする」

「また、朝ごはんの代わりに豆乳を飲んでしまうと、糖質不足で逆にバストダウンする気がする(経験談)」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップと言えば、「豆乳

というくらい、現在では、胸を大きくするための食品として、豆乳はメジャーになっている印象。


「牛乳」にも、バストアップ効果がありますが、豆乳と比べるとやはり見劣りするかと。

また、牛乳の場合は、体質によっては「乳糖不耐症」という、牛乳を飲むとお腹が痛くなってしまう人も多い。
(ちなみに私も、体調によっては、乳糖不耐症の症状が出ることがあります)

なので、やはりバストアップには、豆乳が効果的かなと思います。

豆乳



▼豆乳というのは、「大豆」から作られます。

大豆には、「大豆イソフラボン」という、女性ホルモンによく似た働きをする成分が、豊富に含まれている。

ですから、「大豆そのもの」を食べても良いのですが、大豆のデメリットとして、消化が悪いという点が挙げられます。

大豆は消化が悪く、吸収率も低いため、頑張って食べてもなかなか大豆イソフラボンを吸収する率が低くなってしまうんですね。



▼その点で、豆乳は、大豆の余分な繊維を取り除いて液体にしたものなので、非常に消化が良く、またその栄養のほとんどを吸収することができるわけです。

これが豆乳が、バストアップに効く理由の1つかなと。



▼豆乳には、「タンパク質と脂質」が豊富に含まれています。

いつも書いているように、バストアップに最も重要な栄養素は、「三大栄養素」だと私は思う。


タンパク質と脂質。そして女性ホルモン様物質である大豆イソフラボン。

これらの相乗効果によって豆乳は、バストアップを可能にする食品となるわけです。



▼ただ、「豆乳だけ」で、バストアップまで持って行くには、毎日豆乳を飲む必要があります。
(しかも、かなりの量)

中国かどこかで、「男性」が毎日多量の豆乳を飲んで胸が大きくなってしまったと言うニュースを見ましたが、この男性もかなりの量の豆乳を飲んでいたようです。



▼毎日、豆乳を飲むのはなかなか大変なので、豆乳が苦手だったり、豆乳に飽きてしまう場合は、やはりバストアップサプリメントを併用していくことが、胸を大きくするための近道になる。

意外にも、「豆乳より、バストアップサプリの方が、お金がかからない」のも、メリットだと思います。



▼さて、豆乳には、豊富な「食物繊維」が含まれています。

なので、体質によっては、「豆乳で便秘が解消する」ことがあります。

私も、豆乳を飲むと、お通じが良くなるタイプです。


便秘は血行を悪化させ、バストへの栄養供給を妨げるので、豆乳で便秘解消する人は、積極的に毎日飲んでいくと、血流という面でもバストアップ効果が出やすいと思います。



▼「1日に飲む豆乳の量」は、私が思うに、

「毎朝コップ1杯」くらいで良いかと思います。


たくさん飲んだ方が、大豆イソフラボンの摂取量も増えるので、女性ホルモン効果も増加して、バストアップの速度が早まる可能性は確かにある。

ですが、大豆イソフラボンの過剰摂取は、生理不順や肌荒れなどのデメリットが出る可能性もあるので、飲み過ぎは避けた方が無難です。

あと、豆乳を飲みすぎるとお腹がいっぱいになってしまい、食事がおろそかになって本末転倒になることもあります。
(経験談)


▼「豆乳を飲むタイミング」としては、

「お腹が空いている時」が、吸収率が高く効率が良いと思われます。


ただ、私ミムラの経験で言うと、

朝ごはんを抜いて、豆乳を飲むと、バストダウンする可能性がある」ような気がする。



▼これは、朝ご飯を抜いてしまうと、「糖質不足」「カロリー不足」「体脂肪の減少」で、バストに回すための脂肪分が足りなくなるからかと思います。

なので、「朝ごはん+豆乳」という形にした方が良いかと。



▼食が細い人は、朝から食欲がないかもしれませんが、

豆乳を飲むことで、今までよりも摂取カロリー量が減少したら、本末転倒

だと、私ミムラは考えています。

(※ここは結構重要だと思います。摂取カロリー量が減ると、バストダウンするから。)



▼ちなみに豆乳には、


・無調整豆乳

・調整豆乳



の、2種類があります。


調整豆乳」というのは、「砂糖などを入れて飲みやすくした豆乳」です。

無調整豆乳」の方が、大豆イソフラボンなどが豊富で、バストアップを目指すなら、無調整豆乳の方が良いかと思います。
(あくまで私ミムラの見解です)

ただ、無調整豆乳は、人によってはちょっとクセがあると感じてしまうので、どうしても飲みにくい場合は、調整豆乳でもOKです。



▼ということで本日は、豆乳とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

「バストアップ食材といえば、まず豆乳」

というくらい、豆乳はメジャーです。


私自身の経験からも、「女性ホルモンを増やしつつ、体脂肪も増やせるバストアップ飲料が、豆乳」だと思います。

バストアップを目指すなら、毎日コップ1杯の豆乳は、オススメしたいと思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



豆乳で胸を大きくする場合の注意点


▼豆乳とバストアップについての考察を続けます。

豆乳を飲む場合の注意点として、

豆乳に含まれる大豆サポニンに、脂肪を燃焼してしまう効果がある

という部分です。


「豆乳ダイエット」というものがあるように、

「豆乳ばかり飲んでしまうと痩せてしまい、逆に、バストダウンする可能性がある」わけです。



▼豆乳がなぜダイエットになるかと考えてみると、「豆乳には糖質があまり含まれていないから」かなと。

基本的に人間は、糖質をカットすれば体脂肪が燃焼します。

脳や身体を動かすためには糖質が必要なので、食べ物から糖質を摂取しなければ、体脂肪や筋肉を燃焼して糖質を作り出す必要がある(糖新生)

その結果、糖質が不足すると体脂肪が燃焼してしまい、バストダウンにつながるのではないかと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ただしこれは、「豆乳ばかり飲んで、食事がおろそかになった場合」です。

なので、「食事をしっかり食べて、その上で、豆乳も飲む

この形なら、体脂肪を維持しながら、スムーズなバストアップにつながっていくと、私は考えます。



▼これは豆乳だけではなく、バストアップ活動における食事全般に言えることです。

例えば、お豆腐や納豆も大豆製品であり、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

なので、お豆腐や納豆を食べてもバストアップ効果があるわけですが、「お豆腐や納豆を増やすことで、白米が減ったら意味がない」と思うわけです。

白米というのはまさに糖質であり、白米を減らすと上述したような糖新生が起こってしまい、バストダウンのリスクがあると思うからです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ