何を食べると胸が大きくなる?バストアップと巨乳。食べ物の関係。脂肪と炭水化物

何を食べると胸が大きくなる?


▼「何を食べると胸が大きくなるんでしょうか?」

若い読者さんを中心に、このような質問を受けることが多いです。

ということで本日は、何を食べるとバストアップするか?について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

食べる


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「バストアップする食べ物の条件としては、①体脂肪が増える食べ物 ②女性ホルモンが増える食べ物。この2つがポイントになると思われる」

「体脂肪が増える食べ物は、主に糖質。白米はとても大切だと思う」

「女性ホルモンが増える食べ物は、大豆製品が良い。豆乳・豆腐・納豆などは、大豆イソフラボンが豊富」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず、私のバストアップ理論の前提条件として、バストアップに重要な要素は、

エストロゲンと体脂肪」だと思う。
(あくまで私ミムラの説です)

私がバストアップサプリを推奨するのは、エストロゲンが増えたのと同じ効果を得ることができるから。

また、私が「キャベツでバストアップ」を、あまりお勧めしないのは、脂肪分が不足するからです。



▼そのような観点から考えると、胸が大きくなる食べ物というのは、

体脂肪率がアップする食べ物

と言い換えることもできるのではないか?

と、私は考えます。



▼「体脂肪率が増える」、と書くと、女性は拒絶反応を示す人も多いわけですが、女性というのは本来、ある程度の体脂肪率がなければ、魅力的なスタイルとは言えないわけです。

また、女性はある程度の体脂肪を身につけることが、生物としての重要な条件になっているように思います。

なぜなら、女性ホルモンは、体脂肪がなければ分泌量が減ってしまうと考えられるからです。



▼最近は、「痩せ型信仰」とも言える、過剰なダイエット推進派が多いので、「痩せている方が偉い!」というような風潮があります。

ですが、女性の魅力は「脂肪分」にあると、私は思うわけです。



▼体脂肪率が低すぎる女性は、魅力的なスタイルとは言い難い。

好みの問題もあるかと思いますが、特に男性から見ると、体脂肪率が低すぎるガリガリ女性というのは、あまり魅力を感じないようです。
(ミムラ調べ)

(※ガリガリ女性は、同性からは人気を集める傾向にあります)



▼女性同士で見ると、体脂肪率が低く、ガリガリの女性の方が評価が高くなる傾向にある。

しかし、これこそが現代の女性が、貧乳に悩む原因でもあると思うわけです。

体脂肪率を下げすぎると、高確率で胸は小さくなってしまいます。
(経験談)


▼さて、では何を食べると胸が大きくなるのか?

上述したような観点から考えると、野菜ばっかり食べていてもダメだということがわかります。

なぜなら「脂肪分」が足りないから。



▼また、バストアップといえば、「大豆製品」ですが、私の経験上では、大豆製品ばっかり食べていても、バストアップはなかなか難しい。

あるいは、すごく時間がかかってしまいます。



▼これも、脂肪分が不足するからです。

大豆製品がバストアップに効果があるというのは、「大豆イソフラボン」が、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをするからです。

ですが、女性ホルモンを増やしたいのであれば、大豆製品より、「バストアップサプリ」の方が、圧倒的に効果が高いわけです。


大豆製品を食べるよりも、サプリの方が女性ホルモン増加の効果は高いし、値段もリーズナブルです。

しかも、体脂肪も維持できるし。



▼ですから、私ミムラが思うバストアップ食品としては、

「白米」「鶏肉」「豚肉」「チーズ」「豆乳」

このあたり。


これは実際に、私が貧乳から脱出した今でも、毎日のようによく食べる食材です。

上記のような、「炭水化物&動物性タンパク質」は、体脂肪率を、ある程度キープするのに役立ちます。

それは当然、胸の大きさをキープ(もしくはバストアップ)することにもなると思うわけです。



▼別に、上記の食品を食べなければならないという事はありません。

大切な事は、「体脂肪率を下げすぎないこと」

そして「バストアップサプリで女性ホルモンを補完すること」


この2点です。
(あくまで私ミムラの経験談です)


それをクリアできる食材であれば、バストアップに効果があると言える。

ちなみに、牛肉は食べ過ぎると体に負担がかかるので、あまりお勧めしていません。



▼いろいろな文献やホームページなどを見ていると、

「胸が大きくなる食べ物は、大豆製品・鶏のささみ・キャベツ」

などと書かれていることが多いのですが、これに対しては、私は少し懐疑的です。



▼理由は、今まで書いてきたとおり。

私ミムラのバストアップ理論では、胸が大きくなる食べ物とは、体脂肪を増やす食べ物である」と思うからです。



▼その点において、大豆製品・鶏のささみ・キャベツなどは、体脂肪がなかなか増えない。

特に、「白いご飯」を抜いてしまった場合は、高確率で体脂肪が減ってしまいます。
(体験談)

こうなってしまうと、バストダウンまっしぐら。

バストアップするはずの食べ物で、バストダウンしてしまうのですから、悲しすぎます。



▼ということで本日は、胸が大きくなる食べ物について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「バストアップする食べ物とは、体脂肪を増やす食べ物である」

「特に重要なのが、白米であると思われる(あくまで私の認識)」

「白いご飯と合わせて、鶏肉や豚肉をおかずにすると、体脂肪が増えてバストアップにつながりやすい」



こんな感じで、私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



胸が大きくなる食べ物は?


▼何を食べると胸が大きくなるか?についての考察を続けます。

ここまで書いてきたとおり、胸が大きくなる食べ物としては、「白米」が大切だと私は思います。

白米、すなわち糖質。

糖質をしっかり摂取しないと、体脂肪が減少してしまい、胸の脂肪も少なくなって貧乳になりやすくなる印象。



▼ちなみに、太りにくい私が体脂肪を増やした食べ物として、「卵かけご飯」があります。

白いご飯の上に、生卵。トッピングで自分の好きな漬物でも紅生姜でもキムチでも、適当に乗せる。

これは太ります。

ダイエットしてる人には厳禁です。

しかし、バストアップしたい人にはかなり有効な食べ物だと感じます。



▼卵はタンパク質・脂質ともに申し分なく、カロリーも高いです。

この卵と白米を組み合わせて食べることによって、痩せ型の女性でもしっかりと栄養を確保し、体脂肪率を上げることができると思うわけです。



▼別に、卵かけご飯じゃなくてもいいんですが、とにかく白米の量を減らさないことが重要だと思う。

卵かけご飯だと、白いご飯が進むわけです。

サンマ定食とかだと、いまいち白いご飯が進まないわけです。私の場合ですが。



▼なので、基本的におかずは、「ご飯が進むおかず」なら、なんでもいいと思う。

焼肉が好きな人は焼肉がいいと思うし、とろろでご飯が進む人はとろろでもいいと思う。



▼逆に、バストアップの妨げになる食生活は、「白米を減らして、おかず中心」これは止めた方が良いと思う。

おかずメインの食生活にすると、糖質の摂取量が下がり、タンパク質や脂質の摂取量が上がります。

このような食事のバランスにしてしまうと、どうしても体脂肪率が下がって痩せてしまうわけです。

その結果、胸は小さくなり、また悩んでしまうことになると思うんですね。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ