チーズでバストアップ~脂質とタンパク質で胸が大きくなる効果。赤ワイン

チーズは胸が大きくなる?


▼『チーズはバストアップしますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、チーズとバストアップについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

チーズ


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「チーズはヘルシーで、美容と健康に良い食品だが、バストアップとはあまり関係がない気がする」

「チーズの栄養は主に、タンパク質とカルシウムと脂質であり、これらには直接的なバストアップ効果はない印象」

「ただ、チーズのタンパク質やビタミンは、バストのハリを維持したり、美肌効果などはあると思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼チーズは好き嫌いがありますが、美容に効果的な栄養素がしっかりと含まれており、個人的にはオススメの食品です。

巨乳の人気女子アナ、カトパンこと加藤綾子さんも、チーズフォンデュや、チーズ&赤ワインがお好きなようです。

カトパンはEカップらしい(羨ましい)


Eカップとチーズは関係ないと思いますが、チーズには美容効果はありそうです。

ちなみに私ミムラは、バストアップした今も、毎日チーズを食べます(ベビーチーズなど)



▼とは言え、チーズを食べても胸は大きくならない気がする。

私の持論ですが、バストアップには炭水化物が最も重要だと思う。

チーズには、炭水化物がほとんど含まれていません。



▼私が思うに、チーズを食べる意味は、タンパク質の摂取。

タンパク質は、筋肉を作り出すための栄養素で、美しいバストに重要な「大胸筋」を強化するときに必要な栄養素になります。



▼なので、私の考えでは、

「チーズはタンパク質が豊富なので、チーズを食べるとバストのハリが出たり、バストの下垂を防ぐことができる気がする」

という感じ。



▼なので、もっと直接的なバストアップを狙うなら、「少し太る」とか「体脂肪率を上げる」ということが重要になる印象。

そう考えると、チーズは太らない。

だからバストアップにも、あまり関係がないように思うわけです。



▼私ミムラがバストアップした経験から言えば、

「胸を大きくしたいなら、炭水化物を多めに食べて、しっかりと眠り、最初だけバストアップサプリを使う」

私の場合は、このようなやり方で胸を大きくしました。


要するに、体脂肪と女性ホルモンを増やしてバストアップさせる、というやり方です。
(あくまで私ミムラの経験則です)



▼なので、「チーズをたくさん食べると、胸が大きくなるのか?」という問いに対しては、「ならないと思う」

なぜなら、チーズは体脂肪も女性ホルモンのエストロゲンも増えないから。

だから胸を大きくしたいなら、チーズより白米の方が効果的な気はします。私の考えでは。



▼ということで本日は、チーズとバストアップについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

チーズには、バストのハリに効果的な栄養素が含まれています。

しかし、私の経験ですが、チーズばかり食べていても、胸は大きくならないような気がする。



▼上述した通り、チーズは健康と美容にとても良い食品です。

タンパク質を効率よく摂取できる食品は少ないので、私も毎日チーズを食べます。

でも、「直接的なバストアップ効果」ということを考えるなら、あまりチーズにはこだわらなくても良いかと思います。

それより、炭水化物を少し増やす方がいいように思うわけです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ワインとチーズで胸が大きくなるか?


▼チーズとバストアップについての考察を続けます。

ここまで、バストアップには、チーズなどのたんぱく質より、白米などの炭水化物の方が効果があると書きました。
(あくまで私ミムラの見解です)

ここでは逆に、炭水化物のデメリットなども考えてみたいと思います。



▼炭水化物は太りやすいので、バストアップにつながりますが、炭水化物を摂り過ぎるとバストだけでなく「全体的に太る」ということになりやすい。

もちろん、ある程度ふっくらとした体でなければ、バストアップさせることは難しい。

なので、ガリガリの体よりは、ふっくらとしている方が胸が大きくなりやすいと思うわけですが、炭水化物でふっくらした体というのは、やっぱり肥満体型になりやすいです。



▼それに対して、タンパク質や脂質の割合を増加させた場合、全身の筋肉と脂肪のバランスもほどよく、肥満にもなりにくいため、ナイスバディになる可能性が高いわけです。

そういう意味では、チーズというのは、美容全般には良い食品だと思う。



▼また、お酒を飲むなら、「赤ワインとチーズ」の組み合わせは、オーソドックスですが美容効果が高いです。

チーズのタンパク質が、バストのハリに重要なのは上述した通りですが、これに加えて赤ワインのポリフェノールにもまた、高い美容効果があります。



▼赤ワインのポリフェノールには、

ストレスの緩和と、女性ホルモンの促進

という作用があります。



▼ストレスは日常的に溜め込んでしまうと、体が常に緊張状態に覆われてしまい、「交感神経」が刺激されて、女性ホルモンが減りやすくなる印象。

ポリフェノールは、このストレスをナチュラルに緩和してくれるので、男性ホルモンの分泌を抑えて、女性ホルモンがスムーズに分泌されるように働く感じ。



▼昔から、「いい女」というのは、なんとなく赤ワインにチーズというイメージがありませんか?

いい女が、ビールに薫製とか、日本酒に漬物、というイメージはあまりないですよね。
(私の偏見ですが)



▼ビールや日本酒にも、それぞれ役割があるのですが、やはり赤ワインとチーズの組み合わせは、美しい女性になるための栄養素が豊富だと思います。

白ワインにもポリフェノールが含まれますが、白ワインの場合は、どちらかというと殺菌作用が強く、食あたり等の防止に役立つ感じ。

赤ワインは、ポリフェノールが前面に出ているので、美容効果を考えると赤ワインの方が上かなと。



▼チーズから脱線していますが、お酒の話が出たので、ついでに書くと、

ワインよりビールの方がバストアップさせやすいような気がする(経験談)」


これは完全に、私ミムラの個人的な感想ですが、私が貧乳に悩んでいた頃、お酒はワインを飲んでいました。

私の場合だけかもしれませんが、「ワインだと体脂肪率が下がりすぎて、バストダウンしやすい気がする」わけです。



▼なので、チーズをおつまみにお酒を飲む場合、ワインよりビールの方が、バストアップしやすいように思います。

理由を考えてみたんですが、「ビールの方が糖質が多いから、体脂肪が増えやすい」のかなと。


なので、ダイエットしたい人にはワインの方がいいかもしれませんが、バストアップしたい人にはビールの方が良いかと。
(あくまで私ミムラの意見です)



▼ちなみに、チーズには、タンパク質と炭水化物以外にも、「カルシウム」が豊富に含まれています。

カルシウムが不足すると、イライラしやすくなる(ような気がする)


なので、カルシウムを摂取することで、余計なストレスを減らし、自律神経が交感神経に寄ってしまう事を防げるような気がします。

「カルシウムによるストレスケア」という面では、チーズはバストアップに有効であると、私は考えます。



▼また、「バストアップにはクリームチーズ」というのをよく聞きますが、私の感覚では、

どんなチーズでもOK

だと思います。

続けることが重要なので、自分が1番好きなチーズで良いかと思います。



▼あと、「チーズを食べ過ぎると太る」とか言いますが、これも私の経験では、

チーズは、ほとんど太らない

と思う。


チーズより、「白米」の方が、よっぽど太るような気がします。

チーズの脂質とタンパク質より、白米の糖質の方が、私は太ります。

私の場合、チーズは食べても、ほとんど太らないです。



▼ただ、このようにチーズが栄養豊富だからといって、チーズばかり食べるのはリスキーです。

バストアップだけでなく、あらゆる美容に言えることなんですが、

「極端にやらないこと」

例えば、「りんごだけダイエット」などは、リバウンドする確率が高いです。

ダイエットでも、このような極端なダイエットは、失敗しやすい。



▼バストアップも同じで、「極端なバストアップ施策は、失敗しやすい」

だから、チーズは確かにバストケアにも良い面はあるのですが、それはあくまでも、

「普段のバランスのよい食事に加えて、チーズも食べる」

ということです。

このあたり、焦って極端にやってしまわないよう、ご注意ください。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ