バストアップ 太れない時~痩せていると胸が小さい。体脂肪率が低い。体が細い

バストアップしたいけど太れない時


▼『太れない体質だと、バストアップも不利ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、太れない体質とバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

痩せ


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「太れない女性はバストアップしにくい印象」

「だから体脂肪を少しでも増やすために、炭水化物は絶対に減らさない方がいいと思う」

「また、空腹の時間が長くなると体脂肪(バスト)が燃焼してしまうので、ちょこちょこ食べると良いかと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼私は、当ブログでいつも書いていますが、バストアップというのは言い換えると、

少しだけ太ること

でもあると考えています。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼女性なら誰でも太りたくはありませんが、バストアップをスムーズに進めるためには、どうしても体脂肪率を増やす必要があると思うわけです。

胸が小さくて悩んでいる女性の多くは、「太りにくい体質」だったりします。
(ミムラ調べ)



▼バストアップさせるために必要な要素は、「女性ホルモンのエストロゲン」と「栄養」だと、私は考えています。

どちらが欠けてもバストアップすることは難しいような。

そして、「体脂肪率」が低すぎる場合もまた、バストアップさせることが困難になると思う。



▼効果が高いバストアップサプリメントを使っているのに、全く胸が大きくならないと言う人は、体脂肪率が足りないケースが多い気がする。

材料がなければ料理を作れないのと同じように、ある程度の体脂肪がなければ、バストを作れない。


ですから、胸を大きくするためには、ある程度「太る」ことが重要になります。
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼太ると言っても、マツコデラックスみたいに太る必要はありません(当たり前)

「普通体型」でいいわけです。


貧乳で悩む女性は、その多くが「普通よりも痩せすぎ」なんですね。

ですから、まずは「普通体型」にすることが先決。



▼と言っても、私もそうなんですが、太りにくい人にとって「普通体型」というのはとても難しいことです。

私など、油断すると、すぐに痩せてしまいます。

ダイエットを目指している人には羨ましい体質ですが、バストアップを考えると悩ましい体質です。



▼では、太れない人が、太るにはどうすればいいのか?

まず最も重要な事は、

炭水化物の摂取」だと思う。
(これも、あくまで私ミムラの経験談です)


バストアップには、大豆製品が良いとか、鶏肉が良いとか言われますが、私の経験上では、「炭水化物」をしっかり摂取しないと、なかなかバストアップはうまくいかなかった。



▼炭水化物というのは、要するに、

白いご飯

パンとかパスタも炭水化物ですが、バストアップ効果を考えると、パンやパスタよりも、白いご飯や玄米の方が太りやすいと思います。


白いご飯を減らしてしまうと、かなり痩せやすくなってしまいます。

全身が痩せてしまうと、当然バストも痩せてしまう。

胸が小さくなってしまうわけ。



▼ですから、バストアップを目指す場合は、まずしっかり白いご飯を食べることをオススメしています。

完全に私の体験談と仮説ですが、炭水化物を多めに摂取すれば、やせ過ぎの状態から、普通の状態まで持っていきやすくなると思う。

私ミムラの場合は、炭水化物を食べないと、すぐに痩せてバストダウンしてしまうので、しっかりと白いご飯は食べるようにしています。



▼おかずには、「お肉」を入れた方が良いでしょう。

バストアップのためには、ササミや胸肉などよりも、脂肪分がしっかりと摂取できる、もも肉や豚バラが望ましいです。

私もそうしています。



▼牛肉は、食べ過ぎると体に悪いので、私はあまり食べません。

なんにせよ、白いご飯はしっかり食べた方が、バストアップサプリメントの効果も出やすく、胸が大きくなりやすいと、私は感じています。



▼さて、太れないことがバストアップには不利に働くと、ここまで書いてきました。

なので、スムーズなバストアップのためには、太ることが大切。

ただ、「太れない人は、食べてもなかなか太れない

わけです。



▼私もそうなんですが、太れない女性というのは、

たくさん食べても、お腹が痛くなってしまう。つまり、消化吸収がうまくできていない

というケースが多いです。



▼せっかく頑張って食べても、その食べたご飯が、腸内で「吸収」されないと、何の意味もないわけですね。

太りにくい女性というのは、この吸収という点がうまくいっていないことが多い。


私など、まさにそんな感じです。

たくさん食べても、お腹が痛くなるだけ。だから太れない。

では、どうすれば太れない人が、太れるのか?



▼太りにくい私が、太るためにやっていること。


・少食でもいいから、食事の「回数」を増やす

・よく噛む

・ビールを2本飲む

・空腹の時間を少なくする



はい。

これは私が、バストアップした時の食べ方です。



▼これらは、一般的な常識から考えると、受け入れ難いやり方かと思いますが、私がバストアップにつなげるために、やっていることです。

まず、太れない人は、とにかく「」を食べることができない。

なので、「回数」を増やします。


これは、野球のダルビッシュとか、アスリートの人が、体を作る時にもやる方法ですね。



▼次に、「よく咀嚼する

一気食いの方が、たくさん食べることができますが、上述したように、太りにくい体質の人は、すぐお腹を壊す傾向にあるので、よく噛んで食べた方が吸収率が上がって、逆に、太れるような気がする。

私の場合はそうでした。



▼あと、「空腹の時間を少なくする

これ、バストアップするためには、けっこう重要だと思います。

なぜなら、「空腹の時間が長くなると、体脂肪が燃焼してしまい、バストダウンのリスクが高まるから」です。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ということで本日は、太れない事とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「太れない体質は、バストアップにとってかなり不利」

「だから、食事の回数を増やすなど、無理なく体脂肪を増やすやり方を、自分なりに試行錯誤することが必要」



私の場合は、こんな感じで意識してやっています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



太れない女性が太る方法


▼太れない女性のバストアップ施策についての考察を続けます。

私が体脂肪を下げないために意識していることは、

「昼と夜の炭水化物を抜かないこと」です。



▼痩せている女性は少食なので、うっかり炭水化物を抜いてしまったりする。

「忙しいからサラダだけにしておこう」とか言っていると、あっという間に体脂肪率が下がってバストダウンしてしまいます。
(経験談)



▼なので、昼と夜の炭水化物は、必ず食べたほうがいいと思う。

白米が理想ですが、麺類でもokです。

例えば、「カップ焼きそば」などは、体脂肪を増やすのにかなり効果的な食品だと思う。

ただ、ちょっと添加物が多いので、頻繁に食べるのは避けた方がいいですが、カップ焼きそばは太りやすいと思う。



▼少食の女性の場合、白いご飯は食べられないけど、麺類なら食べられるという人も多いです。

その場合は、ラーメンや焼きそばやうどん、パスタなど、積極的に麺類を食べていくのも有効だと思います。


とりあえず、炭水化物さえしっかり食べていれば、体脂肪の減少によるバストダウンは避けることができると思う。

忙しくても、昼と夜の主食(炭水化物)は、必ず食べるようにした方が、バストアップしやすいと思いますね。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ