たくさん食べると胸が大きくなる?栄養が足りないと胸が小さい。体脂肪率と胸の大きさの関係

たくさん食べると胸が大きくなる?


▼「私は少食で貧乳なのですが、たくさん食べると胸は大きくなりますか?」

というご質問を頂いたので、本日は食事量とバストアップの関係について書いてみたいと思います。

ごちそう



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「たくさん食べた方が、胸は大きくなりやすいと思う」

「なぜなら、体脂肪が多い方が、体質的にも女性ホルモン的にもバストアップに有利に働くと思うから」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストサイズに限らず、人間が体を発育させるためには、それに必要なだけの栄養を摂取する必要があります。

当たり前ですが、人間は食べ物を体内で吸収することによって、各種の細胞を作っているからですね。



▼バストというのもまた例外ではなく、食物からの栄養が不足すると、胸は大きくなりにくいと言えます。

特に、バストアップの場合は「少食」だと、胸が大きくなりにくいという傾向があります。

基本的に人間は、「バランスの良い食事を少なく食べる」という事が重要ですが、バストアップでは少しだけ話は変わってきます。



▼「バランスの良い食事を少なく食べる」という食事の取り方は、長寿の秘訣だったり、美肌の秘訣だったりします。

これは、現代人のほとんどが「食べ過ぎ」であり、食べ過ぎることによって生活習慣病を誘発したり、肌荒れしたりするからですね。



▼ただ、胸が小さくて悩んでいる女性については、例外的で、「食事量が足りていない」というケースが多いわけです。
(ミムラ調べ)

バストというのは、そのほとんどが「脂肪分」でできています。

脂肪分というのは、体内の「余剰エネルギー」ですね。


なので、食事量が足りていないとエネルギー不足になり、脂肪(バスト)も減少してしまうと思うわけです。



▼痩せていることが賞賛される現代は、脂肪分は無い方が評価されるケースが多いのですが、バストアップしたいなら、ある程度の体脂肪率は必要だと、私は考えています。


そういう意味では、バストアップのためには、「少食」よりも「たくさん食べる」方が、良いということになります。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼当ブログでも何度も書いていますが、バストアップに重要なポイントは「女性ホルモンと体脂肪」だと思う。

女性ホルモンは、

「バストアップサプリ」と「睡眠時間を長くすること」

この2点で、ある程度コントロールすることができます。



▼その上で、「体脂肪率」を、今よりも少しアップさせる。

これが、私ミムラが思うバストアップの基本作戦です。



▼「たくさん食べる」と言っても、無理して食べたくもないのに食べてしまうと、長続きしません。

バストアップにおいては、「継続してやり続ける」ということが、非常に大切になります。


バストアップサプリを使うにしても、1ヶ月くらいですぐに飽きてやめてしまうと、せっかく、そこからバストアップに向けて進めるのに、もったいないわけです。



▼食事の改善も同じで、

今までよりも、少しだけカロリーを増やす

という事を、継続してやり続けることによって、体脂肪が増えて胸が大きくなりやすくなる。

しかも、バストアップサプリの効果も出やすくなると思うわけです。



▼バストアップサプリを使う時も、食事を改善する時も、睡眠時間を長くする時も、

「細く長くやり続ける」

ということが、いちばん重要なポイントになると思うわけですね。



▼さて、「たくさん食べると胸が大きくなる」

基本的には、私ミムラはそう考えます。


ガリガリに痩せた女性と、ふっくらした女性。

胸が大きいのはどちらか?

考えなくても、なんとなくわかりますね。



なので、バストアップしたいなら、食事量を少し増やしたほうがいい。

私自身の経験を言うと、私も「少食」です。

だから痩せてしまいやすく、ちょっと油断すると、貧乳になってしまいます。



▼ちなみに、私が貧乳から脱出した方法はシンプルで、


「体脂肪を増やす」

「バストアップサプリを使う」

「睡眠時間を増やす」



主にやった事は、こんなもんです。

この3つは、女性ホルモンと体脂肪を増やすための施策であり、バストアップに効果的な作戦だと私は考えています。



▼さて、「体脂肪を増やす」と言っても、どうやって増やすのか?

胸が小さくて悩む女性は、その多くが「食が細い」

だから、なかなか体脂肪も増えないと思います。
(体験談)


▼そこで、太りにくい私が、体脂肪を増やした作戦として、

白いご飯を、たくさん食べる作戦

というのがあります。



▼完全に、私のオリジナル作戦ですが、

白いご飯の量を少し増やすと、体脂肪も比例して増えやすい(すなわちバストアップしやすい)

ような気がするわけです。



▼そもそも、体脂肪というのは、使われなかった糖質(やカロリー)が、脂質として貯蓄されるもの。

だから、「糖質」を摂取しないと、体脂肪も増えにくいと思うわけです。

体脂肪が増えないと、バストアップは極めて困難だと思われます。



▼なので私は、「とりあえず白いご飯をなるべく食べよう」と決めました。

今までは、サンドイッチとか、ちょっとおしゃれなサラダランチをしていたのを、おにぎりにしてみたり。

これによって、少しずつですが、私の体脂肪は増加し、バストアップサプリの相乗効果もあって、貧乳から脱出したわけです。



▼ということで本日は、たくさん食べると胸が大きくなるか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「たくさん食べた方が、バストアップはしやすい」

「特に、白いご飯の量を増やすと、体脂肪が増えて胸が大きくなりやすくなる」



私のオリジナル理論ですが、なかなか効果はあると思われます。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



どうやって摂取カロリー量を増やすか?


▼たくさん食べると胸が大きくなるか?についての考察を続けます。

ここまで書いてきたように、私の考えとしては、たくさん食べた方がバストアップしやすいと思う。

しかしながら、たくさん食べるのは本当に大変です。



▼太っている人にしてみれば、食べることなんて簡単かもしれませんが、太れない人からしてみれば食べるのは苦痛。

特に、痩せすぎて貧乳に悩んでいるような女性の場合、あまり食べることに興味が持てないケースが多いです。私も。



▼このような食が細いタイプの場合、「できるだけ消化の良いものを、ちょこちょこ食べる」というやり方が良いかと思います。

少食の女性の場合、一食でドカンと食べてしまうと、その後、全くお腹が空かなくなってしまい、逆に痩せてしまったりします。

なので、できるだけ消化がよくて糖質が多いものを、ちょこちょこと食べる。

それによって糖質を稼ぎつつ、次の食事までの時間を短くするわけです。



▼例えば、食間に「ウィダーインゼリー」

ウィダーインゼリー(エネルギー)は、カロリーが180 Kcal

10秒チャージで180キロカロリーを稼げるのは大きい。

ただ、1個で200円くらいするので、毎日食べるとなかなか財布が痛いですが。



▼カロリーだけで言えば、「カロリーメイト」

こちらの方が良いですね。好き嫌いはありますが。

カロリーメイトは1本で100キロカロリー。

おやつ代わりに2本食べれば、ウイダーinゼリーより摂取カロリーは多くなります。



▼このように、自分にできる範囲で日々の摂取カロリー量を増やしていく。

そうすると、急には変化しませんが、少しずつ変わっていきます。

少しずつ体脂肪が増えると、少しずつバストアップも進んでいくというイメージですね。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ