貧乳の原因・理由~なぜ胸が小さい?胸が大きくならない原因。体脂肪率と痩せすぎ

貧乳の原因は?


▼『どうして巨乳の人がいるのに、私は貧乳なんですか…?』

というご質問をいただいたので、本日は、貧乳の原因について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

悲しい


▼まず、バストアップしない原因と理由については、前回の記事でも書いていますので、あわせて参考にしてみてください。
  ↓
バストアップしない原因と理由



▼さて、貧乳の原因を、私(ミムラ)の経験則で書けば、

「貧乳の原因その1。体脂肪が増えない生活習慣が身についてしまっているパターン」

「貧乳の原因その2。女性ホルモンのエストロゲンが増えない生活習慣が身についてしまっているパターン」

「具体的な貧乳原因で多いのは、少食と寝不足かなと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼女性には巨乳の人と貧乳の人がいます。

同じ日本人で、同じくらいの年齢であっても、バストサイズには差があります。


これは、背が高いとか目が大きいとか、そういった身体的な個性という面もありますが、それ以上にバストサイズというのは「生活習慣」によって変わってくると、私ミムラは思うわけです。



▼つまり、胸の大きさというのは、背の高さなどと同じように、生まれつきの要素はもちろんある。

しかし、それよりも「生活習慣」によって、バストサイズに差が出ているのではないか?


バストアップにおける生活習慣というのは、「睡眠時間」だったり「食事の栄養バランス」だったり「サプリメントの使用」だったり、といった要素です。
(あくまで私の認識です)



▼バストアップに限らないことですが、人間の心も体も、「毎日の行動の積み重ね」によって作られます。

つまり「毎日やり続けていること」が、良くも悪くも、あなたの人生(バストサイズ)を作っていくわけです。



▼バストアップも同じことで、意識的であれ、無意識的であれ、

毎日やり続けている行動が、あなたの胸の大きさを決めている

と、私は考えています。



▼具体的に言えば、スマホのゲームやSNSにハマって、深夜までゲーム等をやり続けて、次の日は寝不足。

このような生活が習慣になってしまっている女性は、バストアップという部分では、極めて不利な状況にあります。


寝不足が慢性化すると、女性ホルモンがどんどん減少していって、胸が小さくなってしまうリスクが増すと思うからです。
(寝不足は、男性ホルモンの増加も併発する可能性アリ)



▼また、貧乳の原因として「体脂肪率が低すぎる」と、いう部分も影響しているのではないかと、私は考えています。

体脂肪率が低すぎる人は、バストアップがなかなかうまくいかない。
(ミムラ調べ)


なぜならバストというのは、ほとんどが脂肪でできているからです。

原材料の脂肪分が体内に不足していては、バストに回すための脂肪分も足りなくなってしまうと思うわけです。



▼私の個人的データでは、胸が小さくて悩んでいる女性の多くは、スレンダーな体型で、ほっそりしています。

つまり体脂肪率が低い。


バストアップ施策というのは、極端に言えば、単純に体脂肪率を増やすだけでも、そこそこ効果はあると思うわけです。

全身をふっくらさせることによって、胸は高確率で大きくなります。
(経験談)


▼ただこの方法だと、ちょっと太りすぎてしまう場合もあるので、バランスの良い美しいバストを手に入れる場合は、単純に太るだけではダメ。

美しいバストラインにするには、やはり「女性ホルモンのエストロゲン」を増加させることが重要です。

エストロゲンはバストアップに必要不可欠なホルモン。

このホルモンがなければバストアップさせるのは厳しいと思う。



▼私が睡眠時間を長めにしましょうとか、大豆製品を食べましょうとか言うのは、すべては、この「女性ホルモンのエストロゲン」を増加させるためです。

また、私がオススメしているバストアップサプリメントは、女性ホルモンのエストロゲンが増えたのと同じ効果を持ち、バストアップと同時に、美しい胸を作るためのサプリです。

バストアップは、サプリメントを使った方が絶対に効果が早いし、楽なのでオススメです。

というか、「バストアップへの最初のきっかけ作り」として、サプリは必須のような気がします。



▼ちなみに、「貧乳の原因は、遺伝!」という説もありますが、私の考えでは、遺伝はあまり気にしなくても良いかと思います。

確かに、遺伝的な要素や、人種・国籍というのは、「平均的な」バストサイズに影響を与えると思う。

ですが、それはあくまでも、「素質」の問題だと思う。



つまり、胸が小さいのが遺伝するのではなく、胸が小さくなりやすい「要素」が遺伝するだけだと思うわけ。
(あくまで私ミムラの仮説です)

それはつまり、「食が細い」とか「長く眠れない」とか「筋肉質」とか、そういった体質遺伝という意味です。



▼このような「部分的な要素」は、確かに平均的なバストサイズに影響を与えると思う。

でも、それは気にしなくても良い。

なぜなら、

生活習慣を変えれば、高確率で今よりもバストアップするから

です。



▼今の自分より、バストアップできれば、それでいいと思う。

黒人のナイスバディの女性に、バストサイズで勝つ必要はない。

今の自分のバストサイズをアップさせればいいんです。


遺伝的に、バストアップに不利な材料を持っていても、バストアップは他者との競争ではないので、全然問題ないわけです。

昨日の自分に勝てばいいわけだから。



▼ということで本日は、貧乳の原因について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


貧乳の原因は、体脂肪不足と女性ホルモン不足。その他の要素は、枝葉末節論にすぎない

と、考えます。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼当ブログでは、胸を大きくするために、様々な提案をしています。

血行を改善したり、体を温めたり、睡眠を長めにしたり、ストレスを溜めないようにしたり。


これらはすべて、

「体脂肪と女性ホルモンを増やすための行動」

なのですね。ぶっちゃけると。


これらは、私の体験談に基づくバストアップ手法ですが、私自身、当ブログに書いているやり方で、貧乳から脱出しています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



子供の頃からの生活習慣がバストサイズを左右している?


▼貧乳の原因と理由についての考察を続けます。

私ミムラが見たところ、胸が小さくて悩んでいる女性は、思春期の頃からずっと貧乳に悩み続ける傾向にあります。

これはおそらく、いかに生活習慣を変えるのが難しいかを表しているようにも思います。



▼私は、バストサイズを決めるのは、生活習慣だと考える。

遺伝的な要素はもちろんありますが、バストサイズは先天性よりも後天性が強く影響する印象。

そして、この生活習慣というのは、子供の頃から思春期くらいまでで、大体決まってしまうのではないか?



▼例えば、子供の頃から食が細く痩せ型だった女性は、大人になっても痩せ型であるケースが多い。

私もそうなんですが、子供の頃から痩せ型で、大人になっても痩せ型。

このタイプの女性は、大食いする習慣がないため、貧乳に悩む確率が高くなる印象。



▼この場合、食事量を増やすことが重要なポイントになるわけですが、子供の頃から少食の習慣がある女性は、大人になって急に食事量を増やすことができないわけです。

違和感がある。たくさん食べる気がしない。

私がこのパターンでした。



▼でも、体脂肪はバストサイズにかなり大きな影響を与えると思う。

だからバストアップしたければ、標準的な食事量にする必要があると思うわけです。

自分の食事量は普通だと思っていても、貧乳に悩んでいる女性は、周りから見るとたぶんかなり食が細い。

だから、その少食という「貧乳の原因」を取り除いてやらない限り、なかなかバストアップはスムーズに進んでいかないと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ