筋トレは胸が小さくなる?筋肉をつけても胸が大きくならない。筋トレとバストアップ。効果なし

筋トレは胸が小さくなる?


▼『バストアップに、筋トレはあまり良くないですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、筋トレとバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。
筋トレ3


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「筋トレは、バストの下垂を防ぐ効果はあるが、バストアップを考えるとあまり推奨しない」

「理由① 筋トレしすぎると、男性ホルモンが増えてバストアップの妨げになる気がするから」

「理由② 筋肉が増えると基礎代謝が上がって体脂肪が燃焼しやすくなってしまい、これもバストアップの妨げになる気がするから」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼「筋トレをすると胸が大きくなる」とか、「筋トレをすると胸が小さくなる」とか、真逆の情報が出回っている昨今。

果たして筋トレは、バストアップに効果があるのか、ないのか?



▼私ミムラも以前に、スポーツジムで筋トレをしたり、いろいろ自分の体で実験をしてみました。

私の結論としては、


筋トレは、やりすぎると胸が小さくなりやすいかも

と思います。



▼そのかわり

筋トレは、”垂れ乳”防止にはなる」ような気がする。


要するに、筋トレというのは「大胸筋を鍛える」ということにつながる。

つまり「バストの土台」を強化できるわけです。



なので筋トレは、バストの土台である大胸筋を鍛える事はできますが、バストそのものを大きくすることは、できないと思うわけです。

というか、大胸筋をがっつりと鍛えていくと、だんだん胸は小さくなっていくような気もする。

これには、いろいろな理由があります。

私の体験談と仮説で、ちょっと切り込んでみましょう。



▼まず筋肉の量を増やすと、「基礎代謝」が上がって、全身の脂肪が燃焼しやすくなります。

バストというのはほとんど脂肪でできていますので、バストの脂肪まで燃焼しやすくなってしまうと思うわけです。

女性のアスリートは、筋肉ムキムキですごいんですが、「バストサイズ」で考えると、あまり巨乳の女性アスリートはいない。
(ミムラ調べ)


▼大胸筋をはじめとして、筋肉を鍛える事は、ダイエットには非常に効果があるんですが、バストアップにはマイナスの効果が出ることが多い印象。
(あくまで私ミムラの仮説です)

これは上述したように、筋肉量が増えると基礎代謝が上がって、男性的な体つきになってしまうからですね。
(体脂肪が減ってしまう)



▼本来、生物として考えると、

「筋肉は男性」「脂肪は女性」というのが自然。


女性は、女性ホルモンによって脂肪がつきやすい体になるようにできており、その分、男性よりも女性の方が太りやすいわけですね。

それはごく自然なことです。

これが自然なのに、無理に痩せようとすると、バストまで痩せてしまい、貧乳になってしまうと思うわけです。
(経験談)


▼筋肉量を増やすと、基礎代謝が上がって脂肪が燃焼する。ダイエットしやすくなる。

でも胸が小さくなる。

という感じですね。
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼また、

筋肉量を増やすと、男性ホルモンが増える。女性ホルモンが減る」ような気がする。


活発に体を動かしたり、体を鍛えたりすると、交感神経が刺激される。

その結果として、女性ホルモンが減少して、胸が小さくなる。

というデメリットがあるのではないか?


これも完全に私の経験談からの仮説ですが、筋トレは女性ホルモンが減る印象。

少なくとも、筋肉量を増やして、女性ホルモンが増えるということはないと、私は感じます。



▼私のバストアップ理論では、

「交感神経優位は、バストダウンにつながる」

「女性ホルモン減少は、バストダウンにつながる」



と、考えています。

では、何をやったらこうなるのか?


代表的な例として、「寝不足

慢性的に寝不足になると、交感神経が優位になり、女性ホルモンが減少する。

その結果、「寝不足をすると、バストダウンしやすくなる」と、思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼そう考えると、「筋トレ」も、交感神経が優位になり、女性ホルモンが減少すると、私は考えているので、

筋トレも、バストダウンの原因になり得る

と、思うわけです。



▼世の中には、「大胸筋を鍛えて、バストアップ!」みたいな広告が、チラチラと目につきます。

が、ここまで書いてきたことを勘案すると、

大胸筋を鍛えると、バストダウンする可能性の方が高いかも?

と、私は思うわけです。



▼ですから、大胸筋を鍛える筋トレを女性がやる場合は、やり過ぎにはくれぐれも注意です。

バストダウンの恐れがあるかも。

その代わり、筋トレによって、「垂れてきたバスト」を、リフトアップすることは可能です。



▼ゆえに、大胸筋を鍛える最大のメリットは、「タレ乳の改善」です。

女性は歳をとるにつれて、だんだんとバストが重力に負けて、下に下がっていきます。

これを防ぐには、筋トレによって大胸筋を鍛えるのが一番いいわけですね。



▼ですので筋トレは「バストアップ」には効果がありませんが、「タレ乳改善」には、効果があると私ミムラは思うわけです。

この辺の仕組みをしっかりと理解して、闇雲に筋トレをしてバストダウンさせてしまわないようにご注意ください。



▼ということで本日は、筋トレは胸が小さくなるか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「筋トレは、やりすぎると交感神経が刺激され、女性ホルモンが減って、バストダウンする恐れもある」

「筋トレは、やりすぎると基礎代謝が上がってしまい、体脂肪が燃焼しやすくなって、逆にバストダウンするリスクもある」


こんな感じで考えます。


あくまでも私の考えですが、筋トレのやり過ぎは、バストアップにあまりよろしくないかと。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



体を鍛えすぎると胸が小さくなる?


▼筋肉をつけるとバストサイズがダウンするか?についての考察を続けます。

女性のオリンピック選手などを見ていると、すごくスタイルがいいです。

当然ですが、ぷよぷよで太っているアスリートはいない。

ただ、それが女性として魅力的かどうかは、またちょっと違うのかなと思います。



▼アスリートの鍛えあげられた肉体は芸術的です。

私も見とれてしまう。

ですが、私たち一般女性はアスリートではないので、一般女性なりに魅力的な体を目指していくことが大切だと思うわけです。



▼例えば、女子マラソンの選手。女子レスリングの選手。女子水泳の選手。

みんな極限まで鍛え上げられた肉体です。

しかし、「豊満なバスト」かと言われれば、それはちょっと違う。



▼アスリートの美しいスタイルは、「筋肉」です。

女子マラソンの選手などは、体脂肪がおそらく5%くらいしかない。

極限まで体を絞り込んで、必要な筋肉だけを残して、究極の持久力を生み出すわけです。



▼その代償として、女子マラソンの選手は胸が小さい気がする。

肉体を鍛え上げると筋肉はつきますが、脂肪は燃焼する。

その結果として、筋肉を鍛えすぎると胸が小さくなりやすいのではないか?と思うわけです。



▼女子レスリングの選手や、女子水泳の選手で考えてみると、女子マラソン選手よりはバストがあるように見える。

でもそのバストは、柔らかいぷよぷよのバストではなく、筋肉だと思うわけです。

だからバストが垂れるということはない。

ただ、胸が大きくなるわけでもないと思う。



▼わかりやすくアスリートで考えてみましたが、私たちのような一般女性が、女性としての普通の魅力を身につける上で、極端な筋トレはデメリットになるように、私は思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ