胸を揺らすと小さくなる?大きくなる?佐藤江梨子のバストアップ方法。クーパー靭帯が切れる

胸を揺らすと小さくなる?


▼『胸を揺らした方が、バストアップできますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、胸を揺らすと大きくなるか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

揺らす


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「胸を揺らすと、バストダウンのリスクが高まる気がする」

「胸を揺らすことで、バストの脂肪が燃焼しやすくなるのではないか?」

「また、胸を揺らしすぎるとクーパー靭帯を損傷し、バストの下垂を招くのではないか?と思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼いろいろなバストアップ関係の本を読んでいると、「胸を揺らすと大きくなる」と書かれた本と、「胸を揺らすと小さくなる」と書かれた本があります。


バストアップマッサージ手法の中でも、1秒間に3回揺らすと胸が大きくなり、1秒間に5回揺らすと胸が小さくなる、などという、本当か嘘かさっぱりわからない手法もあります。



▼「胸を揺らすことによってバストアップする」と言っている人は、胸を揺らすことで、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になるという主張らしい。

外部からの刺激によって、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えるかどうかは、甚だ疑問ですが、いずれにしても、

胸は、あまり揺らさない方が良いのではないか?

というのが私ミムラの考えです。
(あくまで私の仮説です)



▼「胸を揺らせば大きくなる!」と信じて、自己流でバストアップマッサージをしてしまうと、バストを上から支えているクーパー靭帯を損傷することがある。

そうなると、将来的に「垂れ乳」になるリスクが高まる気がする。

なので、胸はなるべく揺らさない様に生活したほうが、美しいバストになると、私ミムラは考えます。



▼ちなみに、タレントの佐藤江梨子さんが、写真集を出したときに、美しいバストにする秘訣は?と聞かれて、

「胸はゴシゴシ洗わずに、なるべく揺らさないようにします」とコメントされていたように記憶しています。
(うろ覚えですが)


やはり美しいバストを持っているタレントさんは、お風呂で体を洗うときでも、バストが揺れないように気を遣っているのだな!

と、感銘を受けた覚えがあります。
(うろ覚えですが)



▼お風呂で体を洗うときに、胸が揺れないように気をつけるとか、私たち一般人は、そこまでやる必要はないかもしれませんが、少なくとも、運動したり走ったり歩いたりするときに、

「バストが揺れないようにする」

ほうが、スムーズにバストアップしていくことにつながるのではないか。


走ったりする運動は、バストが上下左右に揺れまくってしまうので、私の場合は、必ず「スポーツブラ」を着用します。

これは、バストサイズが小さい女性であっても同じです。



▼胸を大きくするのは、外部からの物理的な刺激ではなく、内部からの女性ホルモンの分泌量によって決まる。

と、私は考えている。

ですから、外側から胸を揺らしたからって、大きくなるという事はないハズ。


ただ、バスト周辺の「血行」を、ストレッチによって良くすることで、バストへの栄養供給がスムーズになるというのはあります。

しかし、バスト自体を揺らすことによって、女性ホルモンが活性化して、急に胸が大きくなるということは・・・ないでしょ。



▼ですから、走るときにはスポーツブラを着用する。

寝るときにはナイトブラを着用する。

このような地道な努力によって、バストが揺れてクーパー靭帯が傷ついてしまわないように、ケアすることが重要です。


とにかくバストはなるべく揺らさないこと。

バストが揺れてしまわないように日々を過ごすことが、バストアップへの第一歩と、私ミムラは考えます。



▼とは言え、「胸を揺らしたら、ソッコー小さくなる?!」とか、心配しなくても大丈夫だと思います。

「揺らす⇒ 即 脂肪燃焼」

ないない。

そんな簡単に脂肪が燃焼したら、ダイエットで悩んでいる人は、この世にいなくなります。



▼私が思うに、

脂肪は、揺らしたり揉んだりすると、燃焼しやすくなる

ということだと思います。


女子マラソンの選手は、胸が小さい人が多いわけですが、これは単純に、走ることで胸が揺れるから小さくなるわけではなく、

「胸を揺らす⇒ 胸の脂肪が燃焼しやすくなる⇒ その状態でストイックに連動する⇒ 胸の脂肪が燃焼する」

と、こんな感じで、女子マラソンの選手はバストの脂肪が燃焼していくように思います。
(あくまで私ミムラの仮説です)



▼なので、「胸を揺らしたら、即貧乳!」ということは、ないと思います。

私自身も、いろいろなバストアップマッサージを試したことがあり、その中で、「バストを揺らしまくる」みたいな、胡散臭いバストアップマッサージも試したことがありますが、そのことでバストダウンした!という経験はないです。



▼ただ、やはり前半で書いたように、胸を揺らすと、胸の脂肪が燃焼しやすくなる気がする。

バストアップをスムーズに進めたい私たちは、なるべく、バストダウンのリスクがあることはしない方がいい。

だから私は、

胸は揺らさない方が良い

という派です。



▼ということで本日は、胸を揺らすと小さくなるか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私のまとめとしては、

胸を揺らしても、すぐにバストダウンするわけではないが、どっちかと言うと、揺らさない方が良い

という感じでしょうか。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



胸を揺らしてもバストアップしない理由


▼バストを揺らすと胸が大きくなるか?についての考察を続けます。

私の考えでは、バストを揺らしても揉んでも、直接的なバストアップ効果はほとんどないと思う。

なぜなら、バストアップに重要なのは「女性ホルモンと体脂肪」だと思うからです。



▼では、バストを揺らすことで、女性ホルモンや体脂肪は増えるか?

増えません。

体脂肪は食事するしかないし、女性ホルモンは睡眠時間やストレスや食事内容に大きく左右されます。



▼確かに、バストマッサージによって、バスト周辺の血行が良くなる事はあると思う。

が、上述したように、体脂肪と女性ホルモンのエストロゲンが増えないことには、血流だけ良くしても、バストアップにはほとんど意味がないと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼いやむしろ、自己流の適当マッサージでは、逆にバストの脂肪が燃焼してしまったり、クーパー靭帯を損傷してしまったりして、バストダウンのリスクが高まってしまう気がする。

巨乳タレントさんやモデルさんは、「走るときはサラシを巻いて走ります」という人も多い。

このことからも、胸を大きくするには、あまり胸を揺らさないほうがいいのではないか?と思うわけです。



▼「胸をゆらしたり、揉んだりする」というのは、非常にわかりやすく簡単です。

だからこそ、みんなそこに飛びついてしまうのかもしれない。

逆に、生活習慣を改善したり、体脂肪を増やしたり、といった施策は地道で、先が見えにくいです。

だからみんなやらない。



▼しかしながら、本質的なバストアップを目指すなら、「体脂肪を増やして女性ホルモンのエストロゲンを増やす」

これがポイントになると、私ミムラは思うわけです。

適当なバストアップマッサージで、クーパー靭帯を損傷したりしてしまわないようご注意ください。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ