緊張やストレスは胸を小さくする~交感神経系とバストアップ

緊張やストレスは胸を小さくする?


▼『ストレスがあると、なぜバストアップに良くないんですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ストレスとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

ストレス2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「慢性的なストレスや緊張は、自律神経を交感神経優位にし、その結果として、女性ホルモンのエストロゲンが減少する気がする」

「エストロゲンが減れば、胸が小さくなるリスクが高まる」

「なので、バストアップさせたいなら、できるだけストレスを排除し、リラックス状態(副交感神経系)を長くする方がいいと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼前回、「⇒自律神経とバストアップの関係」について、私の意見を書きましたが、本日もその流れで書いてみます。

ストレスを感じたり、緊張したりする状態が長く続くと、バストアップがうまくいかないと、私ミムラは思う。


その理由として、まずストレスが招く「交感神経優位な状態」は、血管を収縮させてしまう作用があると思うからです。

ストレスや緊張状態は、血管を収縮させて血行を悪くしてしまうので、全身に栄養がしっかりと届かない、ということになりやすい。



▼緊張状態というのは非常事態ですので、人体のしくみとしては、体の機能を修復したり、美肌にしたり、バストアップしたり・・・。

「そのようなことをしている場合ではない!」と、判断する。

この辺の、自律神経の働きは、現代を生きる女性も、原始時代を生きる女性も大差ないと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼原始時代は、危険な動物に遭遇したり、急激な気候の変化があったり(ストレス)すると、体が緊張状態になり、「交感神経」が優位になって運動能力がアップします。

危険な動物から逃げるための、一時的な運動能力の上昇ですね。


そして、「運動能力が上昇する代わりに、美容機能は低下する」と、思うわけです。

命がかかっているのに、美肌とかバストアップとか、そのような事を人体は優先させないからです。



▼このような自律神経の機能は、今でも人間の体にしっかりと残っている。

仕事での緊張やストレスは、人体にとって危険な状態であると判断して、交感神経が優位になり、美肌やバストアップにエネルギーを回さないと思うわけ。



▼緊張状態による交感神経優位状態は、スポーツ選手など、瞬間的にエネルギーを発散させる必要がある人にとっては、非常に必要な機能です。

また、力仕事や危険な仕事に就いている人も、瞬間的に体を緊張させて、運動能力をアップさせないと危険ですから、これも必要な機能です。



▼しかし、美しくなりたいと願う女性にとっては、緊張や交感神経優位の状態は、はっきり言って邪魔になると思う。

だからバストアップしたい人は、できるだけ緊張とか怒りとかストレスといったネガティブな感情を排除して、リラックスした状態にもっていきたい。

リラックス状態の方が、女性ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌されて、胸が大きくなりやすいと思うからです。
(経験談)


▼現代女性が貧乳に悩むのも、仕事のストレスが関係している部分があると思う。

現代は、栄養面では胸が大きくなりやすい環境です。

それなのに、貧乳に悩む女性は増えている印象。

これは、「仕事のストレス」や「仕事が忙しくて寝不足」という、働く女性特有のデメリットが出ているのではないか?



▼私も仕事をしているので、どうしてもストレスや寝不足が悩みになります。

私がバストアップに成功した理由として、「食事を増やす・睡眠を増やす」という点を重視しましたが、それと同時に、「ストレスケア」も、しっかりやりました。

ストレスをそのまま放置すると、交感神経が刺激され、女性ホルモンが減ると思ったからです。



▼ということで本日は、ストレスとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

上述したように、ストレス状態や、精神的な緊張状態は、「交感神経優位」の状態を作り、女性ホルモンの減少を招くと思う。

同時に、血流が悪くなり、バストへの栄養供給がスムーズに行かなくなる。

だから、バストアップを目指す女性は、出来るだけリラックスして「副交感神経優位」の状態になるように、生活習慣を改善していく必要がある、と私は思うわけです。


今日の内容も完全に、私の個人的な見解ですが、バストアップと自律神経には密接な関係があるように思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ストレスと胸が小さいことの関係


▼緊張・ストレスとバストアップについての考察を続けます。

女性にとっては、スキンケアやバストアップは、男性にとっての運動能力と同様に、最も重要な要素の1つです。

差別的な意味は抜きにして書きますが、女性にとって「美しい」という事は、能力のある男性に好かれやすいことにつながり、ひいては、その女性の生存確率を高めるわけです。

だから、女性にとって、バストアップしたり、美肌になる事は、本当に大切で、命がけなんですね。



▼そして、女性がこのような、美肌やバストアップを達成するためには、交感神経が邪魔になり、副交感神経の機能が必要になる、と私は思うわけです。

それはつまり、危険がない状態であると体に認識させること。

体を、リラックス状態にすること。



▼バリバリのキャリアウーマンで、貧乳に悩む人が多いのは、常に、「仕事の緊張状態とストレス状態」にさらされて、体が常時、「非常事態!」と判断するため、交感神経が優位になって、女性ホルモンが減少し、女性らしい美しさが優先されないからだと思うわけです。



▼ですから、バストアップを目指す女性は、「副交感神経」を優位にすることを考えた方が良いのではないか?

仕事のストレス等を、早めに解消することはもちろんのこと、生活リズムが不規則な人も、交感神経が優位になって、男性ホルモンが多くなってしまう印象。



▼例えば、私が当ブログでいつも書いている、

「寝不足」

睡眠時間を減らすと、ナチュラルハイな状態になってテンションが上がるというのを、誰しも経験されたことがあると思います。

寝不足の状態になると、「交感神経」が刺激されて、体が戦闘モードになるため、テンションが上がる。

ですがこのような状態は美肌やバストアップなど、女性の美容にとっては非常に悪い状態だと思うわけです



▼私ミムラが何度も、バストアップには睡眠と栄養が重要だと言うのは、交感神経優位の状態になって、男性ホルモンが増加するのを防ぐためなんですね。

女性ホルモンを増やさなければ、根本的なバストアップは難しいと思うから。



▼尚、「交感神経優位」の状態が、男性ホルモンの増加につながるという仮説は、あくまでも私の個人的な見解であり、科学的な根拠はありません。

私が、何年もバストアップについて経験してきた感覚で、なんとなく、そう感じるということです。


「交感神経優位=男性ホルモン」という私の仮説が、後発のバストアップサイトでも書かれているのを散見しますが、これは私の個人的な認識で、研究論文もないと思うので、なんだか複雑です…。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ