胸が小さいのは女性ホルモンのエストロゲン不足~男性ホルモンはバストアップに逆効果

胸が小さいのは女性ホルモンのエストロゲン不足か?


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「胸が小さい原因は、体脂肪不足と女性ホルモン不足だと思う」

「ゆえに、女性ホルモンのエストロゲンが不足すると、胸が小さくなりやすい印象」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず私の見解で言えば、

女性らしい、ふくよかな体をつくるのは「女性ホルモンのエストロゲン」

逆に、男性らしい体つきを作るのは「男性ホルモンのアンドロゲン」



なので、バストアップさせたいなら「女性ホルモンのエストロゲン」を増やして、「男性ホルモンのアンドロゲン」を、減らす必要があると思うわけです。

シーソー



▼当ブログで、バストアップサプリの使用を推奨しているのは、効果的なバストアップサプリを使えば、女性ホルモンのエストロゲンが増えたのと同じ効果を得ることができるからです。


女性ホルモンは、「生活習慣」を改善することでも増やすことができますが、少し時間がかかってしまうので、短期間でバストアップさせるために、バストアップサプリの力を借りるというわけです。



▼ただ、このバストアップサプリを使うにあたって、注意点として

生活習慣も同時に改善すること

が重要です。


効果の高いバストアップサプリを使っているからといって、安心して生活が不規則になったり、不摂生したりすると、せっかくのバストアップサプリも、効果が出にくくなってしまいます。



▼これはなぜかと言うと、不規則な生活や不摂生をすることによって、女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが増加しやすくなるからだと思われます。


特に、「寝不足

これは最悪です。


寝不足は、女性ホルモンのエストロゲンを減少させ、男性ホルモンを増加させる傾向にあると思う。
(交感神経の作用)

つまり、寝不足になると胸が小さくなると思うわけです。



▼ですからバストアップを目指すなら、女性ホルモンのエストロゲンが増えるような生活習慣に、少しずつ変化させていくことが望ましいと思うわけです。

その代表的なものが、睡眠時間を増やすことであり、イライラしないことであるわけです。



▼例えば、仕事などでいつもイライラしていると、自律神経が「交感神経優位」という状態になってしまいます。

この状態は、男性ホルモンが増加する状態と私は考えます。


ですから、女性ホルモンを増加させるためには、ストレスをなるべく早い段階で解消することが重要です。

そのためには、「自分は何によってストレスが解消されるのか?」

という事を知っておく必要がある。



▼お酒でも、カラオケでも、お笑い番組を見て笑うでも、なんでもいいです。

とにかく自分が楽しいこと、心が晴れるような趣味をたくさん持っておく事は、女性ホルモンを増やしてバストアップにつながるし、免疫力がアップして病気になりにくい体になります。



▼さて、ここまでの話をまとめてみると、

胸が小さい原因は、女性ホルモンのエストロゲンが不足しているからである

これは、ほぼ間違いないと私は思います。

そして、女性ホルモンのエストロゲンが不足する原因は、「寝不足」だったり、「ストレス」だったりすると。



▼なので、このような悪しき生活習慣を改善することで、女性ホルモンのエストロゲンを増加させ、バストアップしやすい体質に変えていくことが可能であると思うわけです。


そして、それと同時に、もうひとつ大切なポイントがあると私は思います。

それは、

体脂肪

です。



▼体脂肪と聞くと、「体脂肪は少ないほど美しい!」みたいに考えている女性が多いんですが、ここが落とし穴。

私ミムラは、当ブログでいつも書いていますが、

「バストアップしたいなら、体脂肪を増やした方が良い」と思う。



▼私のリサーチでは、胸が小さくて悩んでいる女性は、その多くが、

「体脂肪が少なすぎ」

痩せすぎですね。

体脂肪が少ないと、バストアップに非常に不利になるような気がします。
(経験談)


▼なぜかというと、

体脂肪の量が少ないと、女性ホルモンのエストロゲンも少なくなる

このような傾向があると思うからです。
(あくまで私ミムラの見解です)


▼女性ホルモンと、体脂肪は、密かに関わりがある。

体脂肪が多い女性は、女性ホルモンもたくさん分泌されやすいと思うわけです。


太っている人の方が、痩せている人より胸が大きい場合が多いですが、これは単純に体脂肪が多いだけでなく、

「太っている女性の方が、女性ホルモンが増えやすい」からではないか?



▼なので、胸が小さい原因は2つ。

1 女性ホルモンのエストロゲンが少ない

2 体脂肪が少ない



私はこのように考えています。



▼ということで本日は、貧乳とエストロゲンの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

女性というのは本来、普通に生活していれば、普通に女性ホルモンが分泌されます。


しかし最近は、女性も仕事をしたりストレスの多い環境なので、女性の「女性ホルモン エストロゲン」が減少して、男性ホルモンが増加傾向にあります。

これが最近、胸が小さくて悩む女性が増加している原因の1つだと思うわけです。



▼このような悪循環から抜け出すためにも、バストアップサプリを使うだけでなく、同時に生活習慣も、より良いものに、少しずつでいいので改善していくことが大切ですね。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



女性ホルモンのエストロゲンが減少する理由は?


▼貧乳の理由は、女性ホルモンのエストロゲンが少ないからか?についての考察を続けます。

女性ホルモンは女性らしい体つきにするためのホルモン。

妊娠して出産すると、ほとんどの女性は巨乳になります。

これは女性ホルモンの作用です。



▼という事は、ほとんどの女性は、女性ホルモンを増やせば胸が大きくなるということになる。

逆に言えば、今貧乳で悩んでいる女性は、何らかの原因で女性ホルモンが正常に分泌されていない可能性があると思うわけです。



▼女性ホルモンの分泌を妨げる原因を考えてみます。


・寝不足

・慢性的なストレス

・体脂肪不足

・食事量が少なすぎる

・イライラしている


はい。

これらは、私が貧乳に悩んでいた時にやっていたことです。



▼まず、寝不足になると自律神経が乱れます。

交感神経が優位な状態になり、女性ホルモンが減少すると思う。

また、交感神経優位の状態は血流も悪化するので、バストへの栄養供給が妨げられて、ダブルで貧乳の原因になってしまいます。



▼また、慢性的なストレスも同じです。

ストレスと戦おうとする体は、自律神経を交感神経優位に切り替えます。

後は、先ほどと同じ。

女性ホルモンが減少して貧乳の原因になる。



▼次に、体脂肪不足。

これは先程も少し書きましたが、体脂肪は女性ホルモンを分泌させるために重要な細胞組織だと思う。

体脂肪が少ないと、女性ホルモンの分泌量も減少してしまいやすいと思うわけです。

だから、痩せすぎで体脂肪が不足している女性は、貧乳になりやすいのではないか?



▼また、単純に食事量が少なすぎる女性も胸が小さくなりやすい印象です。

特に、3大栄養素。

炭水化物・タンパク質・脂質。

この3つがバランスよく摂取できていないと、体脂肪が減ってしまうし、女性ホルモンのエストロゲンも減ってしまうと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ