働く女性は胸が小さい?仕事のストレスとバストアップの関係。男性ホルモン過多

働く女性は胸が小さい?


▼『仕事のストレスは、バストアップに影響しますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、仕事のストレスとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

仕事


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「慢性的な仕事のストレスは、交感神経を刺激して、女性ホルモンの減少および男性ホルモンの増加につながりかねないと思う」

「このような自律神経の乱れとホルモンバランスの乱れは、バストダウンに繋がる気がする」

「なので、バリバリのキャリアウーマンより、のんびり過ごせる専業主婦の方が、バストアップはしやすいかもしれない」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼女性の社会進出と、バストサイズについて。

時代が進むほどに、女性でも社会に出て仕事をする人が増えています。

昔は、お仕事と言えば、主に力仕事だったりしたので、働くのは筋力に優れる男性という感じでした。



▼でも時代が進むにつれて、世の中は便利になり、筋力がない女性でも、パソコンがあれば男性と同等、いや男性以上の仕事ができる社会になりました。

このようなことを踏まえて会社側も、相対的に、男性よりも優秀な女性を雇用する場面が増えています。



▼これはこれで、女性の能力が認められたということで喜ばしいことですが、その一方で、

女性が男性化してしまう

というデメリットも、だんだん増えているのが実情のような気がします。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼どういうことかというと、社会に出てお仕事をするというのは、人間関係の問題が避けられない部分であり、女性が社会に出てお仕事をすれば、ストレスにさらされるのは間違いない。


そして、ストレスは、交感神経を刺激して男性ホルモンを増やすと、私は感じています。

つまり、社会に出てお仕事をすると、女性が男性化してしまうというケースが多くなると思うわけです。
(女性の男性化。すなわち貧乳。経験談でもある)



▼これは、どんなにぶりっこな女性であっても、そういうのは関係なくて、どんな女性でも社会でお仕事をすれば、確実にストレスを受けます。

専業主婦として家にいても、家事や育児や近所付き合いなどのストレスがあるのは確かですが、社会でお仕事をバリバリやるというストレスは、やはり専業主婦のストレスとは、全く質が違う、強度のストレスになる。



▼社会でお仕事をするなら、女性は男性のように強くなければならない。

強くなければ、「ストレスをまともに受ける」ことになってしまい、体がダメージを受けてしまうから。


そのようなダメージを減らすために、人間はストレスを受けると、交感神経が優位になって、戦う精神状態になるのではないか、と思うわけです。
(交感神経優位。すなわち貧乳。私の独断と偏見ですが。)



▼スーパーサイヤ人みたいですが、交感神経優位の状態は、ストレスに強いです。

ただしこの状態は、美容と健康にとっては、非常に悪いと思うわけです。



▼ストレスによって、男性ホルモンがたくさん出ると、健康と美容に悪影響を及ぼします。

例えば、男性は薄毛の割合が女性より多いですが、これは男性ホルモンが多いからだと思われます。

元々、男性は男性ホルモンが出やすいわけですが、社会的なストレスによって、さらに男性ホルモンが増えて、薄毛の男性も増えているのではないか?



▼そして最近は、女性の社会進出に伴って、女性の薄毛も増えてきています。

これが「交感神経の弊害」であり、またこの男性ホルモンは、バストアップを阻害すると、私ミムラは考えています。



▼ですから、女性が能力を認められて、社会に出てバリバリとお仕事をする社会は、それはそれで男女平等で良いのですが、女性らしい体つきを求めた場合、女性の社会進出が、逆に、女性らしい体を失わせてしまうのではないか。



▼かと言って、現代において、若い女性がお仕事をしないという選択肢はあり得ないことが多い。

なので、なるべく健康や美容に悪影響を及ぼさないような生活習慣と、仕事の仕方をしていく必要があります。

それについては、当ブログでも随時バストアップに効果的な生活習慣と、お仕事の仕方について記事を更新していきたいと思います。



▼ということで本日は、仕事のストレスとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

女性が社会で働くというのは、本当に大変なことです。

ストレスがめっちゃ溜まります。


そして、イヤイヤ仕事をすると、さらにストレスが溜まり、交感神経が刺激され、女性ホルモンが減って、貧乳になる。

悪循環ですね。
(経験談)



▼このような悪循環を避けるためにも、「仕事中は、とにかく100%集中する」

そして仕事が終わったら、心地よい疲れを感じながら、ゆったりと自分の好きなことをする。

これがベストかどうかはわかりませんが、私はこのようなやり方で、比較的スムーズにバストアップしていくことができました。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ストレスを溜めないように仕事をするには?


▼働く女性と貧乳の関係についての考察を続けます。

仕事のストレスが交感神経を刺激して、女性ホルモンのエストロゲンを減少させ、貧乳になるとするなら、私たちはどうすればいいか?

働く女性がなるべくストレスを溜めないように、お仕事をしていくにはどうすればいいか?

私の経験で書きますが、


ストレスを溜めないように仕事をする方法は、真剣にその仕事に取り組むことである

と、私は考えます。



▼どんな退屈な仕事であっても、「その仕事に100%集中する」と、ストレスは極めて少なくなるような気がします。

退屈な仕事に集中すると、ストレスが溜まりそうな気がしますが、たぶんこれは逆。

集中すればするほど、ストレスは少なくなると、私ミムラは思います。



▼なので、女性が仕事のストレスで貧乳になってしまわないためには、

「とにかく目の前の仕事に没頭すること」

だと、私は思います。



▼ちょっと精神論になってしまっていますが、私自身も、仕事のストレスが原因でバストアップがスムーズにいかなかったことがあります。

そんなときに、「もっと集中して仕事してみよう」と思ったわけです。


すると、「思いっきり集中して仕事したほうが、疲れないし、ストレスも少ない

ということを発見しました。



▼だから私は、

「働く女性は真剣に仕事に集中して、脳にストレスを感じさせないこと」

と、アドバイスすることが多いですね。



▼この逆に、

退屈な仕事のストレスを、愚痴を言ったり、刺激的な映画を見たり、暴飲暴食で解消しようとすると、逆にストレスが溜まって、貧乳になる

と、私は感じています。

ストレス解消は良いのですが、それが「現実逃避」になってしまうと、ストレスは解消されないと思うわけです。



▼だから極論すれば、

イヤイヤ仕事をすると、貧乳になる

と言っても過言ではないです。

いや、本当に。



▼ただ、バストアップという部分だけを考えると、「食べてストレス解消」というのは、意外といいかもしれない。

なぜなら、いつも私が書いている通り、バストアップというのは、少し太ることによって効果的に進めていくことができるからです。



▼女性の場合、ストレスを食べることで解消する人が多い。

仕事のストレスで交感神経に偏った自律神経は、食べることによって、そのバランスを取り戻すことができるハズ。

だから、食べてストレス解消は、なかなか理にかなっている。

太り過ぎは論外ですが、「少し体脂肪率を上げる」というくらいなら、バストアップにプラスの効果があるように思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ