バストアップは可能。コツは生活習慣とサプリメント。ストレスが胸を小さくする

バストアップは可能か?


▼『胸の大きさは生まれつきですか?バストアップは可能ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、バストアップの可能性について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

可能性


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「今の自分よりバストサイズを大きくすることは、もちろん可能だと思う(経験談)」

「私が思うバストアップのコツは、①体脂肪を増やす ②生活習慣を改善して女性ホルモンを増やす ③サプリで女性ホルモンを増やす。この3つかなと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼当ブログでは、女性が女性らしくふくよかな体と豊かなバストを手に入れるために、私の経験からくる知識を書いています。

バストアップするためには、いくつかのコツがありますが、どれも難しいことは何もなく、むしろ非常にシンプルな基本さえ守れば女性が、女性らしいふくよかな体を手に入れることは十分に可能なわけです。



▼世の中には、ややこしいバストアップのための体操とか、ストレッチなどがあふれていますが、体操やストレッチというのは、
木で言えば「枝葉」の部分になるわけです。

逆に言えば体操やストレッチは枝葉の部分でしかないと言えます。



▼つまり生活習慣を改善させることなく、ただ言われたとおりに体操やストレッチばっかりやっていても、いつまでたってもバストアップはできないと思う。
(経験談)

イメージ的には、バストアップというのは自分の力で強引に胸を大きくするという感じではなく、

自分の体に逆らわず、女性らしく、体に優しい生活をする

ことで自然とバストアップが可能になっていく、というイメージで捉えていただければと思います。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼当ブログの他の記事でも書いていますが、私個人の意見としては、

バストアップに必要な要素は、体脂肪率UPと、女性ホルモン エストロゲンの増加である

と、考えています。


かなり極論ですが、シンプルに考えた方が、バストアップはうまくいきやすいです。



▼バストアップは可能である。

バストの「本質」を考えていけばいい。


そもそも、バストはそのほとんどが「脂肪」で構成されています。

なので、ダイエットの逆となる。

体脂肪率が少ないと、胸も小さくなる。

逆に、体脂肪率が多いと、その分、バストに回す脂肪も増えるので、バストアップしやすくなる、と私は思うわけです。



▼「バストサイズなんか生まれつきだ!バストアップは不可能だ!」と、怒ってしまっている人に限って、中途半端にダイエットしてしまっていたり、寝不足など女性ホルモンが減少するような行動をしてしまっていたりするわけです。


もちろん、先天的にどう頑張ってもバストアップできない人もいるようですが、その割合は、ごくごく少数。

ほとんどの女性は、「今よりもバストアップできる」と、私ミムラは考えています。



▼とは言え、「Aカップの女性が、Fカップになりたい!」というのは、ちょっと無理があります。

人それぞれ、「可能なバストアップ範囲」は、やっぱりあると思われます。

だから、巨乳にならなくてもいい。

「自分なりの理想のバストサイズ」を目指して、無理なく頑張っていくのが良いと、私は思っています。



▼本来、女性というのは、男性と違い体は柔らかく、バストはふくよかであるわけです。

それがなぜか、現代女性の胸は小さくなりがちな社会です。

これはストレスに起因するバストダウンが原因だったりするわけですが、そこに気づいている人は少ないように思います。



▼現代女性は、がんばり屋さんなので、仕事や家事でストレスを受けても、歯を食いしばって頑張ってしまう傾向にあります。

それはそれで素晴らしい「大和撫子」という感じなのですが、ことバストアップに関しては、このような我慢は、あまりプラスには働かないと、私は思います。



▼いわゆる「ストレス」というものに抗って、歯を食いしばって頑張れば頑張るほど、男性ホルモンが増加してしまう気がする。

男性ホルモンが増えれば、体つきは男性っぽくなってしまう。



▼このようなストレスが蔓延している社会が、現代女性の貧乳を招いているのではないか?

平均すると、仕事をバリバリ頑張るキャリアウーマンは、穏やかに暮らす専業主婦よりも、貧乳で悩む人の割合が多いというデータもあります。

これは当然で、過度のストレスがバストアップを阻害しているということになってしまうからです。



▼このような現代女性の悩みを踏まえて、当ブログでは、「生活習慣の改善とサプリメント」によって、自力でバストアップさせる方法を随時更新していきます。


バストアップの最大のポイントは、生活習慣とサプリメントだと、私ミムラは思います。

この2点を中心に考えつつ、今後も貧乳に悩む女性に、1つでもヒントになるような記事を更新していけたらと思っています。



▼ということで本日は、バストアップの可能性について、私の独断と偏見で書いてみました。

私の意見では、

40代まではバストアップは可能

だと考えています。



▼そのためには、上述した通り、「体脂肪と女性ホルモン」この2つが土台となります。
(経験談)

まずはこの基本を頭に置き、自分にできることから、少しずつやっていくと良いでしょう。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



バストアップがうまくいかないのはなぜか?


▼バストアップは可能か?についての考察を続けます。

まず、私自身がバストアップに成功しているので、バストアップは可能だと思う。

でも、なかなか胸が大きくならない女性も多いです。

これはなぜか?



▼私の仮説、「バストアップのキーポイントは、女性ホルモンと体脂肪」

もしこれが正しいとすれば、なかなか胸が大きくならない女性は、女性ホルモンが少ないか、体脂肪が少ないと考えることもできる。



▼先程、私はこの2つが「土台」と書きました。

わかりやすいのは体脂肪の方で、体脂肪率があまりにも低すぎると、多くの女性は貧乳になってしまうと思う。

もちろん、「スレンダーなのに胸だけ大きい」という、ミラクルな羨ましいスタイルの女性もいますが、これは例外的だと思う。

ほとんどの女性は、ダイエットして体脂肪率を下げ、スレンダーになればなるほど、胸も小さくなると思われます。
(経験談)



▼また、体脂肪の役割として、「体脂肪が多いほど、女性ホルモンが増えやすい」という傾向があるように思う。

体脂肪というのは女性の象徴でもある。

男性の象徴は筋肉かなと。

だから女性が、体脂肪率を下げて筋肉を増やすと、男性ホルモンが増えてしまい、バストダウンする恐れがある気がするわけです。



▼逆に、女性の体脂肪が増えると、女性ホルモンのエストロゲンも増えやすくなり、ふくよかな体になりやすくなり、バストアップしやすくなるように思う。

これは私の経験談でもありますが、ガリガリに痩せている時期は、サプリ等を使ってもなかなかバストアップしにくかったです。



▼単純に、バストは脂肪でできているから、体脂肪がないと胸が作れないのかもしれない。

それと同時に、体脂肪が女性ホルモンのエストロゲンを増やす面があるなら、体脂肪の不足によって女性ホルモンが不足するのかもしれない。



▼この辺は、私ミムラの仮説ですが、私がバストアップに成功した背景を考えてみると、「少し太るようにした」ことは、意味があったように思うわけです。

私は昔、すごく痩せていたので、スレンダーで羨ましがられることもありましたが、胸が小さかったので、それが嫌だった。

女性は、あまり極端に痩せているより、標準体型でバストサイズも普通にある方が、やっぱり魅力的な気がします。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ