血行が悪いとバストアップできない?猫背は胸が小さくなる?バストアップサプリが効かない原因理由

血行が悪いとバストアップできない?


▼『私は冷え性なんですが、血行が悪いとバストアップできませんか?』

というご質問をいただいたので、本日は、血行とバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

血液


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「血行が悪いと、特に末端組織への栄養供給がうまくいかなくなるので、バストダウンに繋がるリスクがあると思う」

「とは言え、血行不良はバストアップにとって、それほど大きな影響はない印象」

「まずは体脂肪と女性ホルモンを増やすことを最優先に生活習慣を改善していけば、必然的に血流も良くなっていくハズ」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップには、睡眠や栄養が最も重要ですが、密かに重要なのが、

血行」です。


血行、つまり血の巡り、血流ですね。

人間は、食べ物から摂取した栄養を、血液に乗せて全身の各器官へ運びます。

通常の状態ならば、食べ物から摂取した栄養は、腸で吸収され、そこから血液に乗って全身に配分される。



▼栄養は血液に乗って、人間の体の機能を維持している。

だから、血行が悪いということは、身体の隅々まで栄養が届いていない、とも言えるわけです。


つまり、血行が悪い人というのは、胸を大きくするために効果的な食べ物を食べても、サプリメントを摂っても、なかなかバストアップの成果が出にくいということに、なりかねないと思うわけです。



▼私の周りでも、

「バストアップサプリと、食事は完璧なのにバストアップができない!」

という女性は、大抵が「寝不足か、血行不良」です。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼自分が、血行不良かどうかを判断するには、「冷え性」かどうかで見ていくのがわかりやすいかと思います。

いつも手や足が冷たい女性は、少し血行が悪いかもしれない。
(私も貧乳時代は、かなりの冷え性でした)



▼さて、では血行を良くするためにはどうすればいいのか?

これは私の実体験と、文献からの情報を総合したものですが、

血行を良くするためには、まず運動と少食

が、効果的かと思います。



▼運動やストレッチをすると、体がポカポカ暖かくなってきます。

これは、体を動かすことによって、滞っていた血流がスムーズに流れ始めるからですね。



▼運動不足な人というのは、淀んだ川のように、血流も淀んでしまいやすいため、血行が悪くなることが多いです。

これを防ぐためには、ストレッチで体を伸ばして血の巡りを良くしたり、運動することで、普段使わない筋肉を動かしたりすることが効果的だと思います。



▼運動はめんどくさいから、あまりやりたくないという人は、

「少食」

にするだけでも、かなり血行が良くなる。
(少なくとも私ミムラはそう。)



▼食べ過ぎると、胃腸に血液が集まりすぎてしまうため、どうしても必要な部分に、血が回っていかないことになってしまう気がする。

また、食べ過ぎると必然的に糖質と脂質を過剰摂取することになるので、血液の粘度が上がって血行が悪くなる。

なので、血行を良くするためには、腹八分目をキープするということが重要になってくるのではないかと、私ミムラは思うわけです。



▼ただ、ここで注意点ですが、バストアップという面から考えると、あまりにも少食にしすぎてしまうと、血行は良くなっても、バストダウンする可能性があるということ。


バストというのはほとんど脂肪分ですから、栄養のストックがある程度、蓄えられていないと、胸に持っていくための脂肪分が不足してしまうと思うわけです。



▼ですからバストアップのためには、食べ過ぎず、食べなさすぎず、という絶妙なバランスが大切になってきます。

まぁ食べ過ぎてもバストアップはできるんですが、あまり太るとスタイルが悪くなるので。


ここがバストアップの難しいところです。

感覚的には「腹9分目」くらいがちょうど良いかと思います。

普通は、「腹8分目まで」と言われますが、「バストアップを狙うなら」という条件付きで、「腹9分目」と、私は考えます。



▼あと、血行に関連して、「猫背」は、避けるようにした方が良いです。

猫背2


猫背の女性は胸が小さくなりやすい。

何故かというと、猫背になると、内臓が圧迫されて、血行が悪くなってしまうからです。
(経験談)

上述したように、血行が悪くなるとバストに栄養が届かなくなって、胸が小さくなってしまいます。



▼ですから、バストアップのためには、「背筋を伸ばす」という習慣も大切だと思います。

これはバストアップに限らず、あらゆる美容と健康にも通ずる部分なので、背筋を伸ばす習慣はつけておいた方が良いですね。



▼ということで本日は、血行とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

まとめると、

バストアップを考えると、血行は良いに越した事はない



▼そしてなんと言っても、

血行が悪いと、バストアップサプリの効き目が薄まる

と、私は感じます。


バストアップの初期段階では、サプリのパワーがどうしても必要なので、最初の段階で「血流」と「冷え性」は、改善しておいた方が、スムーズにバストアップが進んでいくと思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



血流と自律神経の関係


▼血流の悪さと胸の大きさについての考察を続けます。

「血行を良くする」ために、私が思うこと。もう一つ。

それは、

自律神経を、副交感神経優位にすること

です。
(あくまで私の仮説です)



▼以前にも別の記事で書きましたが、自律神経には、

・交感神経

・副交感神経


があります。

副交感神経は、「体を回復させるためのモード」という感じでしょうか。



▼で、血行を良くするためには、「副交感神経」を活発に働かせた方が良いと思うわけです。

逆に、交感神経優位の女性は、冷え性になりやすい。

すなわち、バストダウンしやすいような気がする。



▼交感神経が優位になると、体が戦闘態勢に入っている。

なので、血管が収縮して血流が悪くなり、全身への栄養供給が妨げられると思うわけです。


交感神経は活動の神経なので、仕事をしたり運動をしたりするときには必要な自律神経ですが、ずっと交感神経優位のままだと、体を修復できないと思うわけです。

バストアップに重要な女性ホルモンの分泌量も、交感神経が優位だと減ってしまう印象。


なので、「副交感神経を優位にするような生活習慣」を、取り入れていくことが、長い目で見るとバストアップに効果があると思うわけです。
(経験談)


▼ではどうすれば、副交感神経優位になるのか?

バストアップに関係のあることだけ、私ミムラの仮説で書いてみます。


・できるだけ長く眠ること

・ダイエットしないこと(しっかり食べる)

・慢性的なストレスを避けること

・笑うこと



はい。
私の経験談によるものですが、これらは、副交感神経を刺激する行動だと思います。

ストレスを溜め込まず、しっかり眠って食事して、ゆったり過ごすと、副交感神経が優位になって血行も良くなると思われます。

逆に言えば、上述したことと「逆のこと」をやると、交感神経優位になってしまい、血行が悪くなって、バストダウンする可能性があるような気がするわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ