笑うと胸が大きくなる?怒ると胸が小さくなる?感情とバストアップの関係。女性ホルモン

笑いや怒りとバストアップの関係


▼『怒りっぽいと、バストアップしにくいですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、笑いや怒りとバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

笑う


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「いつも怒っている人より、いつも笑っている人の方が、胸は大きくなりやすいと思う」

「理由は、自律神経のバランス。笑うと副交感神経が優位になり、女性ホルモンのエストロゲンが増えるような気がするから」

「また、笑うとバスト周辺の血流も改善されると思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼「笑い」は人間にとって、すごく重要な感情だと思う。

よく笑う人は長生きするし、逆に、いつも怒っている人は、病気になるリスクが一気に上がってしまいます。


これは医学的にもすでに立証されていることであり、笑うことによって「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」という免疫細胞が活性化して、病気の進行を防ぐ、あるいは病気にならないということが分かっています。



▼人間は普段、何気なく「感情」を表現していますが、実はその感情は、その人の健康や美容に大きな影響を与えているわけです。

簡単に言えば、


「よく笑う人は健康で美しく(胸も大きく)」

「よく怒る人は病気がちで老化も早い(胸も小さい)」


ということです。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼そんなバカな!と思いたくなりますが、これは長い時間をかけて、本当にそうなっていくわけです。

もちろん、今笑ったから、すぐに若返るというわけではないけど、習慣というのは毎日毎日、繰り返され積み重なっていくものです。

ほんのささいな笑いや怒りは、何年、何十年と繰り返されることによって、健康と美容に大きな影響を与えるわけですね。



▼ちなみに私ミムラは、どちらかというと、すぐに怒ってしまうタイプだったのですが、なるべく怒るのはやめました。

それは怒ると肌荒れするからです。

肌荒れするということは、女性ホルモンのバランスが乱れているということであり、当然バストアップにも悪影響があると考えたからですね。



▼現代はストレス社会であり、腹立たしいことも多い。

私も一日に3回くらいキレそうになります。

でも怒るのはやめた方が良いです。それは自分の健康とバストアップのために。



▼「腹立たしい相手を変えてやろう!」とか「正義の鉄槌を下そう!」と、怒りに任せて行動してしまうと、あまり良い結果にはならない。

というか、敵が増えるだけ。

しかも自分自身の美容と健康にも悪影響が出るわけです。


せっかくバストアップを夢見て、バストアップサプリメントを使っていても、毎日カリカリして怒っている女性は、バストアップサプリの効果が出にくいと思うわけです。
(経験談)


▼イメージとして、「苦悩している人」は賢そうに見えて、「いつも笑っている人」は馬鹿っぽく見える。

でも、大切な事は、周りからどう見られるかということではなく、自分自身が幸福かどうか?だと思う。


怒るべきときには怒る必要があるわけですが、ほとんどの私たちの怒りは、表現する必要のないものです。

バストアップしたいなら、怒るより笑うほうがいい。

私は常々、そう考えています。



▼ちなみに、怒ると「交感神経」が刺激されてしまい、女性ホルモンが減少すると私は感じています。

逆に、笑うとリラックスできるので、女性ホルモンの分泌バランスが調整されます。

ですから、バストアップのためには、怒るよりも笑うほうが絶対に良いと思う。



▼笑うと、「血行が良くなる」という作用もあります。

笑う事は、腹筋に力を入れることであり、「腹式呼吸」に近い感じになります。

これにより、全身の血行が良くなって、バストへの栄養供給もスムーズになると思われます。



▼なんと言っても、

笑うことで、副交感神経優位になり、女性ホルモンが増加する

と、私ミムラは考えています。


バストアップの要諦は、体脂肪と女性ホルモンだと思う。

笑うことで女性ホルモンが増えるなら、笑いはバストアップにつながると考えられるのではないか?



▼逆に、「怒ると、交感神経が優位になり、女性ホルモンが減る(or 男性ホルモンが増える)」ような気がする。

怒るというのは、ストレスに対しての防衛反応。

それと同時に、「怒ること自体がストレスを増幅させている」という面もあります。



▼なので、「怒ると、女性ホルモンが減る」ような気がする。

上述した通り、私も貧乳時代は怒りっぽい性格でしたが、自律神経が乱れて女性ホルモンが減るので、怒るのはやめようと思ったわけです。



▼「ストレス」や「怒り」は、バストアップにとって、マイナスにしかならないと私は考えます。

これらのネガティブな感情は、どうしても自律神経を乱してしまう。交感神経を刺激してしまうからです。


怒りの感情には、ある種の快感が含まれているので、コントロールするのはかなり困難ですが、少しずつトレーニングすることで、怒らないように自分の感情をコントロールできるようになっていきますね。



▼ということで本日は、笑いや怒りとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


バストアップしたければ、怒るのはやめて、笑う方が良い

と思う。

バストアップだけでなく、健康のためにも、「怒り」はコントロールした方が良いと思いますね。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



笑いのメリットと怒りのデメリット


▼笑いや怒りとバストサイズの関係についての考察を続けます。

上述した通り、私ミムラの認識では、

「笑うと副交感神経優位になり、女性ホルモンが増えたり、血流が良くなったりする」

「怒ると交感神経優位になり、女性ホルモンが減ったり、血行が悪くなったりする」

私はこのように認識しています。



▼感情は、良くも悪くも自律神経を大きく動かすと思うわけです。

そして自律神経は、ホルモンバランスや血流などに大きな影響を及ぼす。

そう考えると、ネガティブな感情を野放しにしておく事は、健康のためにもバストアップのためにも、良くないと思う。



▼怒りの感情で交感神経が優位になると、血管が収縮するはず。

体がストレスを感じると、自律神経が戦闘モードに切り替わるので、修復ではなく活動をしやすい状態になるわけです。

このような交感神経優位の状態は、バストアップにはよくないと思う。

なぜなら、女性ホルモンが減少する上に、血流が悪くなれば、バストへの栄養供給も妨げられるからです。



▼だから、できれば怒りたくはない。

でもそれはなかなか難しいです。一朝一夕でできるものではない。

私もメンタルトレーニングはしていますが、やっぱり合わない人と接点を持つと、イラつきます。

イライラしている時の自分の感覚に集中すると、心拍数が上がり、自律神経が乱れているのがわかる。



▼その状態は、絶対にバストアップ活動にプラスにはならないので、すぐに元に戻すようにしています。

怒るのは仕方ない。人間としての反応だからです。不可避的です。

でもそこからフラットに戻すことはできる。

怒りの感情をすぐに元に戻せば、そのデメリットも抑制することができると思うわけです。



▼あとは、テレビなどでも、なるべくネガティブなニュースなどは見ないで、自分の好きなお笑いの番組などを見ます。

ニュースを見ていると賢そうに見えますが、健康になりたかったり、バストアップしたかったりする場合は、朗らかなお笑い番組の方がいいと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ