副交感神経優位だとバストアップしやすい。リラックスと睡眠時間

副交感神経は、胸が大きくなる?


▼『交感神経の記事を拝見しました。逆に副交感神経を優位にすれば、胸が大きくなるということですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、副交感神経とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

リラックス


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「私の経験では、交感神経はバストダウンしやすく、副交感神経はバストアップしやすいように感じる」

「副交感神経は血管を拡張させ、バストへの栄養供給をスムーズにする印象」

「また、副交感神経は女性ホルモンのエストロゲンを増加させ、バストアップの成功確率を高める気がする」

「副交感神経優位にする方法は、①睡眠時間を長くする ②食事をする ③甘いものを食べる ④お酒を飲む。等々かなと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼さて前回は、「交感神経とバストアップの関係」について解説しましたが、本日は逆に、「副交感神経とバストアップの関係」について、深掘りしてみたいと思います。



▼前回解説した「交感神経」というのは、活動のための自律神経モードで、バストアップにはマイナスの作用があると書きました。
(私ミムラの仮説です)

そして本日解説の「副交感神経」は、体を修復し、発育させるための自律神経です。

ゆったりした気持ちの時に、副交感神経が優位になり、女性ホルモンも増加しやすくなる印象。



▼つまり女性は、副交感神経がやや多めになるような自律神経のバランスにすることによって、スムーズなバストアップが可能になる、と私は考えているわけです。

もっと簡単に言えば、イライラしている女性よりも、ゆったりのんびりしている女性の方が、バストアップしやすいような気がする。

ですからバストアップを目指す女性は、お仕事のストレス等を引きずらないで、なるべく早く気持ちを切り替えて、ストレスを解消していくことが重要だと思うわけです。



▼副交感神経は血管を拡張させ、胃腸の働きも活発になります。

食後などは、なるべくゆったりとした気持ちで過ごすことによって、食べた物の消化がスムーズになり、胃腸に負担がかからず、健康的にもよいということになります。



▼血管が拡張するということは、全身の血流が良くなり、バストへの栄養供給もスムーズになると思われる。

これも副交感神経の間接的なバストアップ効果と言えそうです。



▼そして、副交感神経優位の状態は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増加すると思う。

その結果、乳腺が発達しやすくなり、バストアップもスムーズに進む
ということになるのではないか?
(あくまで私ミムラの見解です)



▼また、副交感神経優位な状態は、老廃物の排出がスムーズになるため、便秘が解消されます。

そして、体内の毒素が排出されることによって、全身の代謝がスムーズになり、これまたバストへの栄養供給がスムーズになると思うわけです。



▼私の感覚で言えば、「睡眠時間を長くする」だけで、副交感神経優位になりやすい。

なので、バストアップを目指す女性はなるべく多く眠った方がよいと、私はいつも書いているわけです。



「副交感神経優位」の状態にするためには、どうすればいいか?

私ミムラの経験談ですが、ちょっと列挙してみます。


・7~8時間以上寝る

・食事をする

・甘いものを食べる

・お酒を適量まで飲む

・笑う

・深呼吸をする

・湯船につかる



はい。

私ミムラの経験に基づくものなので、科学的に正しいかどうかはわかりません。

ただ、私の経験上、

「上記の行動をとった後は、リラックスモードに入る」

ような気がする。

すなわち、「副交感神経優位」の状態になっていると思われます。



▼副交感神経優位にする方法として、もっとも手っ取り早いのが、

食べる事

のような気がします。


例えば、仕事とかでストレスを感じた時。

女性は特に、「食べてストレス解消しようとする」

これは食べることで、交感神経側に偏っていた自律神経を、副交感神経優位に戻そうとする、本能的な行為だと思われます。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼食事をして満腹になると、リラックスモードに入り副交感神経優位になる。

食べることは、バストアップにとても重要である

と、私が書いているのも、

食べることで、体脂肪を増やせる。そして食べることで副交感神経優位になりやすいため、女性ホルモンも増やせる

という、一石二鳥な状況が生まれると思うからです。



▼ちなみに、私が思うに、

普通に食事するより、甘いものを食べた方が、一気に副交感神経に傾く気がする


これについての是非は置いておくとして、とにかく、

甘いものを食べるとリラックスモードに入りやすい

と思う。



▼ムカついた時に、甘いものを食べると落ち着く。

これは、ストレスを感じて交感神経優位になった状態が、「甘いもの」で副交感神経に戻った、ということではないか?


そして、甘いものは「糖質」

糖質は、バストアップに必要不可欠な栄養素です。


ここでも、一石二鳥。

甘いものを食べると、体脂肪と女性ホルモンが、両方ゲットしやすい(すなわちバストアップしやすい)

と、私ミムラは思うわけです。
(あくまで私の仮説です)



▼次に、「お酒を飲むと、副交感神経優位になりやすい

これは、アルコールの作用でリラックスモードに入るからですね。


仕事終わりに、ビールを一杯飲むと、落ち着きます。

アルコールの力による、副交感神経刺激だと思います。



▼ただ、お酒を飲む場合の注意点として、

アルコール摂取量が、ある一定ラインを超えると、副交感神経から交感神経に揺り戻しされる気がする

と思うわけです。


お酒を飲み始めると、最初はリラックスモードですが、深酒していくとだんだんイライラしてくる。

お酒を飲んで暴れる人や、喧嘩する人。

彼らは、「深酒による、交感神経優位状態」なのではないか?



▼だから、「少量のお酒は、副交感神経を優位にして、バストアップにつながる」と思う。

でも、「飲みすぎたら、逆にバストダウンにつながる」ような気がする。

やっぱりお酒の飲みすぎは要注意です。



▼ということで本日は、副交感神経とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


バストアップするためには、副交感神経優位にした方がいい気がする(経験談)

胸を大きくするためには、「副交感神経」が優位になるように、上述したような内容を、いろいろ生活の中に取り入れてみると良いかと思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



副交感神経のデメリット


▼副交感神経と胸の大きさについての考察を続けます。

自律神経というのは、バランスが重要だと思う。

副交感神経は、バストアップに重要だと思うけど、あまりにも副交感神経ばかりに偏ってもダメな気がする。



▼例えば、副交感神経が過剰に働くと、やる気がなくなって、うつ病に近くなってしまう。

睡眠はバストアップに重要ですが、あまりにも寝すぎると、副交感神経に偏り過ぎてしまう。

その結果、だるくて何もしたくない状態になったりする。

私も、10時間以上寝ると、逆に体調が悪くなるような気がします。



▼なので、適度なストレス。適度な休息。

これが健康にもバストアップにも大切だと思うわけです。

ストレスが少なすぎてしまうと、気持ちに張りがなくなり、食欲もなくなります。

食欲がなくなると痩せてしまうので、今度はバストダウンにつながってしまうと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ