ネガティブはバストアップしにくい。落ち込むと胸が小さくなる。メンタルの影響

ネガティブ思考はバストアップしにくい?


▼『ネガティブ思考は、貧乳と関係ありますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ネガティブ思考はバストアップしにくいか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

ネガティブ


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ネガティブな女性は、バストアップしにくい要素が揃ってしまう気がする」

「まず、ストレスをうまく解消できないことによる、女性ホルモンの減少(仮説)」

「次に、後ろ向きな思考による食欲の低下⇒ 体脂肪が減ってバストダウン(仮説)」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼ネガティブ思考は「習慣」なので、放っておくと、どんどんネガティブになっていきます。

私ミムラも、元々はネガティブ思考でしたが、バストアップ活動を進めていく過程で、強制的にポジティブに切り替えました。

なぜなら、ネガティブだと、どんなバストアップ施策も、その効果を発揮しなかったからです。



▼まず、ネガティブ思考というのは、自分が受けたストレスを後ろ向きに認識すること。

悪い方へ考える。

これがネガティブ思考だとするなら、ネガティブはバストアップしにくいと思います。
(経験談)



▼なぜなら、ネガティブ思考だと、ストレスが蓄積されてしまうから。

ポジティブ思考ならストレスをうまく解消できるけれど、ネガティブはストレスをまともに受け止めてしまう。

その結果、ストレスが自律神経を交感神経優位にしてしまい、女性ホルモンのエストロゲンが減少するのではないか?



▼女性ホルモンが減少すれば、女性らしい体つきにならない。

すなわち、胸が小さくなってしまうと思うわけです。

だから、ネガティブよりポジティブの方が、バストアップしやすいと思うわけです。



▼女性の性格を見ていても、胸が大きい人の方が、おおらかで明るい人が多い気がする。

「巨乳はアホっぽい」などと言われることもありますが、それは裏を返せば、アホっぽく見えるくらい前向きな女性の方が、胸が大きくなりやすいと言えるのではないか?
(あくまで私ミムラの見解です)



▼また、ネガティブ思考だと、元気がなくなります。

どんどん悪い方に考えてしまうので、元気がなくなるのは当たり前。

そしてその結果、食欲もなくなります。



▼当ブログではいつも書いていますが、バストアップに重要な要素として、「体脂肪」があると思う。

体脂肪率が下がると、胸が小さくなるような気がする。

という事は、ネガティブ思考によって食欲が減少し、痩せてしまうと、胸が小さくなるのではないか?



▼これらはどちらも、私ミムラの経験談でもあります。

私が貧乳で悩んでいた頃は、すごくネガティブだった。

もちろん、ネガティブ思考だけが貧乳の原因ではなかったんですが、一因ではあった。



▼私ミムラは、バストアップ活動を通じて、ポジティブの重要性に気づきました。

昔は、「ポジティブ思考なんてバカだ」くらいに思っていた。

でも、人間はポジティブな方が絶対に幸せだ。

もちろん、胸を大きくするという点においても、ポジティブの方が絶対に有利だと思います。



▼ということで本日は、ネガティブ思考とバストサイズの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

ネガティブ思考というのは、ただの「習慣」です。

現実逃避的な意味もある。ネガティブ思考そのものに快感がある。


ですが、バストアップしたかったり、美しくなりたかったりするなら、ネガティブ思考はオススメしません。

後ろ向きな女性が、美しいわけがない。



▼だから今日から、「あ。自分は今、ネガティブ思考の習慣に逃げ込んでいるな」と、気づくこと。

気づいたら、1回1回、修正していくこと。

その繰り返しで、いつの間にかネガティブな考え方をしなくなっていきます。

地味な作業ですが、人生にもバストアップにも、効果絶大です。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



なぜ、ネガティブだと胸が小さくなる?


▼ネガティブ思考と胸の大きさについての考察を続けます。

やはり、精神的にポジティブな人は胸が大きくなりやすく、ネガティブな人はバストアップしにくい傾向にあると、私は思います。

これは、いろいろ原因が考えられるのですが、やはりネガティブな状態だったり、落ち込んだ状態というのは、女性ホルモンの分泌がスムーズに行かないと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼バストアップに限らず、あらゆる健康や美容に関わる要素は、「精神的な前向きさ」と大きな関係があります。

それはなんとなく、みんなわかっているハズ。

明るい人は元気だけど、暗い人は病気になりやすかったり、肌が荒れやすかったりするということを。



▼これはその印象の通りで、人間というのは自分が思っている以上に、精神的なものに左右されます。

気持ちがマイナスに向いていると、体も正常な働きができなくなるわけです。



▼これは、バストアップを考える時にも非常に大切な要素で、何でもネガティブに暗く考えてしまう人。

後ろ向きに考えてしまう人というのは、バストアップがなかなかうまくいかないことが多いです。
(経験談)


最近、ネガティブタレントとか、ネガティブキャラなどというものが流行っていますが、あれは見るだけならいいけど、真似はしないほうがいいです。

彼らは、芸能人として自分のカラーを出すために、キャラとしてあれを演じているわけで、ネガティブが人生にプラスの作用をもたらすことは、まずないと、私は考えます。



▼「プラシーボ効果」という言葉があります。

プラシーボ効果とは、簡単に言えば、何の効果もない薬を、「これは風邪の症状がものすごく緩和する薬ですよ」と言って飲ませると、その患者さんは、何の効果もない薬であるにもかかわらず、風邪の症状が緩和してしまうという効果のことです。


人間には思い込む力、というものがあり、これをプラスに活用すればバストアップでも美容でも、すべての効果が高まると思う。



▼「自分を騙す」と言うと言葉は悪いのですが、スポーツのアスリートなどでも、大事な試合前は、「自分はできる!自分はできる!」と自己暗示をかけます。

これも一種のプラシーボ効果であり、自己催眠です。

「自分はダメだ」と思うより、「自分はできる」と思った方が、実際に「できる」わけです。



▼バストアップで言えば、

「バストアップなんてできるわけない。絶対不可能だ。。。」

このように考えている人よりも、

「きっとバストアップできるはずだ。正しい方法でバストアップに取り組めば可能なはずだ」

このように考えている人の方が、圧倒的にバストアップ効果が出やすいと思われます。
(これも経験談)



▼「思い込む力」というのは大切です。

しかもプラスに思い込める力が大切。

逆に、「マイナスに思い込む力(ネガティブ)」は、自分の人生を窮屈にしてしまいます。



▼それがうまくいくかどうかは、やってみないと分かりませんが、できるかもしれないと思って色々チャレンジしていく人と、そんなの無理に決まってると言って何もしない人。

この2人には数年後、大きな差が開くことになります。


別にこれは、バストアップに限ったことではないのですが、やっぱり何事もできると信じてやらないと、何も新しい情報が目に入ってきませんし、できないと思っていたら、できることまで不可能になってしまうわけです。



▼それから、物事をマイナスに考えると、

ストレス」が、生まれます。


いつも書いている通り、ストレスは交感神経を刺激してしまうので、女性ホルモンのエストロゲンが減少しやすくなると思う。

女性ホルモンが減ってしまうことは、バストアップを目指す人にとっては致命的です。



ストレス面から考えても、ネガティブに考える事は、バストアップの邪魔になると、私は思います。

もちろん、「最悪の事態を想定して、準備しておく」ことは大切です。

しかし、それとネガティブは、まったく別物です。



▼ネガティブ思考というのは、ある種、「快感」でもある。

「自分はダメだ」と自虐的に思考することで、脳は快感を得ているわけです。


しかし、この快感は体にはとても悪い。

そして、バストアップにも悪影響が出ると思う。



▼性格というのは、一朝一夕では変えられない。

そして、バストサイズもまた、一朝一夕では変えられない。

しかし、両者ともに、

毎日コツコツ続ければ、性格もバストサイズも、必ず変わる

これは断言できます。

私自身が、そうだったからです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ