自律神経とバストアップの関係~交感神経と副交感神経

交感神経優位だと胸は大きくならない?


▼『こちらのブログでよく書かれている、自律神経とバストアップは、どういう関係があるんですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、自律神経とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

バランス


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「私の感覚では、バストアップという部分で考えると、副交感神経優位の状態の方がいいと思う」

「副交感神経は、リラックスした状態の自律神経である」

「逆に、イライラしたりストレスが溜まっている状態は、交感神経優位であり、バストダウンのリスクが高まるような気がする」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップを目指す場合において、「自律神経」の働きを意識することは非常に重要だと思う。

自律神経とは、

「自分で意識しなくても、体が自動的に働いてくれる機能」

のことで、交感神経と副交感神経の2種類のバランスによって、体のコンディションが大きく左右されます。



▼簡単に言えば、交感神経というのは、活動するための機能で、副交感神経というのは休息や体の修復のための機能です。
(あくまで私ミムラの認識です)

そして、バストアップするためには、「副交感神経優位」の状態を作る必要があると思う。私は。

なぜなら、副交感神経優位のリラックス状態の方が、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されやすいような気がするからです。

では、どうやって副交感神経優位の状態を作るのか?



▼私の認識ですが、副交感神経というのは、体の修復をするための機能です。

ですから、自分自身が「緊張」していたり、「イライラ」していたり、「活動的に動き回っている」ときは、「交感神経」が優位になってしまいますので、なかなかバストアップがうまくいかない印象。



▼簡単に言えば、バストアップというのは心をリラックスさせて、ストレスから解放し、イライラせず、ゆったりと過ごすことが重要だと思うわけです。

これが、副交感神経優位の状態。

この状態の時、女性ホルモンのエストロゲンが増えて、女性らしい体つきになりやすいと思う。



▼イメージ的には、森の中のペンションで、ハンモックに揺られながら、ゆったりと読書をしているときの自分、とでも言いましょうか。

このような状態は、リラックス状態であり、「副交感神経」が優位になっている状態なので、血行が良くなり、内臓の働きが良くなり、皮膚が修復されて、女性ホルモンがたくさん分泌される印象。

こういう、ゆったりした時間が多い人ほど、バストアップしやすい女性だと、私は思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼逆に、仕事が忙しかったり、家事がうまくいかなかったりして、ストレス状態にさらされている女性は、毎日、慢性的に、「交感神経」が優位になってしまっている。

交感神経優位な状態というのは、体が「戦う状態」になっていますので、運動能力はアップします。ストレスにも強い。

戦闘態勢になる感じかと。



▼このような交感神経優位な状態だと、全身の血流やエネルギーが、体を動かすための筋肉や細胞に集中します。

そしてその分、肌の修復や、内臓の活動量が低下するわけですね。

このような状態だと、肌が修復されないので、肌が荒れたりする。



▼ストレスや寝不足で肌荒れするのは、ストレスや寝不足が交感神経を優位にし、体を戦闘モードに切り替えてしまうため、肌の修復にパワーを使えないから、というのも一因だと思う。


そしてまた、交感神経優位な状態というのは、男性ホルモン過多の状態になりやすいと、私ミムラは考えます。

逆に、副交感神経優位の状態というのは、女性ホルモンがたくさん分泌されている状態だと思う。



▼まとめると


◆交感神経優位⇒戦闘モード⇒女性ホルモン減少

◆副交感神経優位⇒リラックスモード⇒女性ホルモン増加



このような流れになるのではないかと、私は考えています。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼ですから、バストアップを目指す女性は、とにかくストレスによる交感神経優位状態を、何とか改善しなければなりません。

どんなにバストアップにいい食事を摂っても、バストアップ効果が高いサプリメントを摂っても、体が交感神経優位の状態にある限り、バストアップは、なかなかうまくいかないからです。
(経験談)


▼ということで本日は、自律神経とバストアップの関係について、私の独断と偏見で書いてみました。

本日の内容は、私の経験に基づく仮説も多分に混ざっていますが、貧乳から抜け出した私の推測では、あながち間違いではないと思っています。


胸を大きくしたり、肌をきれいにしたりするには、「副交感神経優位」の方が良いと思う。

寝不足になったり、イライラしたりすると、「交感神経優位」になってしまい、女性ホルモンが減少してしまい、バストアップがなかなかうまくいかない。


このような状態を避けるためにも、「なるべく体をリラックスモード(副交感神経)にしておく」ことが、バストアップにも、美容のためにも効果的だと、私は考えるわけです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



交感神経・副交感神経の働きとバストアップ


▼自律神経と胸の大きさについての考察を続けます。

ここまで書いてきた通り、私の考えでは、バストアップには副交感神経の方が重要だと思う。

ですからお仕事や家事などで、日ごろストレスが溜まりやすい女性は、意識的にぼーっとできる時間や、リラックスできる時間を長めに取った方がよい。

「単純に睡眠時間を長くする」だけでも、かなりのリラックス効果があると、私は感じます。

いつも書いていますが、自律神経のバランスを正して、女性ホルモンを増やすには、睡眠不足だけは避けたいところです。



▼ちなみに、「副交感神経優位」の状態を、私の感覚で表現すると、

「寝すぎて、ダルい感じ」

これが副交感神経優位の状態かなと。

完全に私ミムラの感覚なので、科学的な裏付けは取っていませんが、多分、こんな感じだと思います。


私自身も休日などは、「ちょっと寝過ぎてダルい~」くらいの状態になるように、しっかり睡眠をとるようにしてから、バストアップもスムーズに進んでいったような気がします。



▼人間の体というのは、その人が考えることや、その人の行動によって、分泌されるホルモンが変わってくると思う。

いつも怒りまくっている人は、体内にノルアドレナリンという毒性の物質が分泌される。

同時に、交感神経が優位になっているので、心拍数が上昇したり、血流が悪化したりする。



▼このような「戦闘状態」は、危機回避のためには役に立つ状態ですが、体を修復したり、美容面を考えると、デメリットしかないような気がするわけです。

交感神経優位の戦闘状態は、体が戦う方に重きを置いている。

だから、美肌とかバストアップという所に、エネルギーが向いていかないのではないか?



▼逆に、副交感神経優位の「休息状態」は、ボーっとしているので、戦うのには向かない。

でも、内臓を修復したり、肌を修復したり、血流を良くしたり、女性ホルモンを増やしたりといった部分では、しっかり働いてくれる自律神経モードなのではないかと、私は思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ