太るとバストアップする?体脂肪率が多い方が胸が大きくなる。痩せると胸が小さくなる

太るとバストアップするか?


▼『太るとバストアップしますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、体脂肪とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

太る2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「痩せている女性より、太っている女性の方が、バストアップに成功しやすい気がする」

「私が思うに、胸を大きくするために必要な要素は、女性ホルモンと体脂肪かなと」

「なので、バストアップの成功確率を高めるには、今よりも体脂肪を増やした方がいいと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼あまりにも痩せすぎてしまっている人は、バストアップが難しくなる。と、私はずっと感じていました。

バストというのは、 90パーセントが脂肪でできているため、体脂肪率が低過ぎると、バストにつく脂肪分も不足してしまうと思うからです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ですから、バストアップのためには、「体脂肪を減らさない」ことが、意外と重要なのではないか?と私は考えています。

「ダイエットしながらのバストアップ」は、お互いの効果が相殺されてしまい、無意味になる気がする。
(経験談)

なので、まずはバストアップしたいのか、ダイエットしたいのか、を自分の中で明確にすることが重要です。



▼お勧めの順番としては、

まずバストアップさせてから、徐々にダイエットをしていく

この順番が良いのではないかと。

私ミムラは、この順番でやりました。



▼逆に、まずダイエットをしてからバストアップをしていく、というやり方も試しましたが、かなり困難だった。

痩せた状態から、胸を大きくすることは難しかったです。
(体脂肪が足りないので、胸が大きくならない?)



▼基本的に、太っている人の方が胸が大きくなりやすい気がする。

体脂肪率が高い方が、バストにも脂肪がつきやすいのかなと。

かと言って、バストアップできても、太ってしまったらスタイルが悪くなるので、悩ましいところです。



▼ですから、バストアップ活動を進めるに当たっては、 「今より、少しだけふっくらさせる」というイメージで進めていくのが良いかと。

ふっくらとした体、というのは女性にとって理想的なスタイルとなります。

特に男性から見ると、女性のふっくらとした体の柔らかさは、魅力的なわけです。


現代女性は、「ガリガリに痩せている女性」に憧れを抱く人も多いのですが、バストアップという面からも、ガリガリは私はあまりお勧めしません。



▼男性の身体は、男性ホルモンによって筋肉質になるようにできています。

逆に、女性の体は、女性ホルモンによって筋肉よりも「脂肪分」が多くなり、ふっくらするようにできているハズ。

ですから女性は、全身をふっくらさせるイメージでバストアップを進めていくと、美しい体になりやすいと思う。


現代女性は、美しさを、細いとかスラッとしている、という部分に求めがちですが、女性がいちばん美しく見えるのは、ふっくらとしている時だと思う。
(あくまで私ミムラの意見です)



▼なので、バストアップを進める場合は、「睡眠時間」を長くするのは当然として、後は効果的な「バストアップサプリ

そして「栄養」ですね。

特に、糖質と脂質。

脂肪分が不足していては、バストアップはできませんので、ある程度の糖質と脂肪分を摂取していく必要があります。


例えば、鶏のささみは、ヘルシーで太りにくい食材ですが、バストアップさせたい時には、ささみではなく、もっと脂の乗ったお肉を食べる方がいいと思うわけです。



▼イメージとしては、糖質・脂質でバストアップさせ、タンパク質で、そのバストが垂れないようにする(大胸筋によって)というイメージでしょうか。
(私ミムラの認識です)


バストアップを狙う時は、ダイエットはせず、ある程度ふっくらとした体を作っていくように意識してみると、成功確率が上がるように思います。



▼さて、「バストアップさせるためには、太る必要がある」ということについて、もうちょっと考察してみましょう。

まず、バストアップの条件として、私ミムラが思う2つ。


1 女性ホルモンのエストロゲンの量

2 体脂肪の量



どちらが欠けても、バストアップに失敗する気がする。
(経験談)


▼私が昔、失敗した原因は、

「生活習慣とバストアップサプリで、女性ホルモンのエストロゲンを増やすようにしたけど、体脂肪が不足していたので、なかなかバストアップしなかった」

私の場合は、これが敗因だったように思う。

バストアップに取り組む女性が、結構やってしまう失敗です。



▼そもそも、バストサイズというのは、

乳腺の発達に伴って、その乳腺を守るために脂肪がつく。それらをひっくるめて、バストとなる

私の印象ですが、ざっくり書けばこんな感じかと。



▼で、「乳腺」は、女性ホルモンの量で発達する。

ここまでは良いとして、問題は、

「乳腺が発達しても、体脂肪が不足していると、乳腺を守るための脂肪がつきにくい」

という感じになってしまうと思うわけです。



▼だからこそ、痩せている女性より、太っている女性の方がバストアップしやすいのではないか?

乳腺まわりに脂肪がつきやすいからです。



▼また、以前にも書きましたが、女性ホルモンと体脂肪には密接な関わりがあり、

「女性ホルモンが少なくなると、体脂肪も少なくなる」

「体脂肪が少なくなると、女性ホルモンも少なくなる」



このような関連性があると思うわけです。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼ということで本日は、体脂肪とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、

太ったほうがバストアップしやすいと思う

経験談です。



▼ただ、先ほども書いたように、太り方が悪いとプロポーションが悪くなる。

胸が大きくなっても、女性としての魅力がなくなっては意味がない。

その辺のバランスが重要ですね。


でも、私の印象では、

「貧乳で悩んでいる女性は、その多くがガリガリ過ぎるので、少し太ったほうが魅力的に見える」

と思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



太れない女性でも体脂肪が増える食事は?


▼太ると胸が大きくなるか?についての考察を続けます。

太った方がいい、とは言っても、貧乳で悩んでいる女性は、なかなか太れない体質だったりします。

私もそうですが、痩せるより太る方が大変ですね。



▼そんな私が、バストアップを成功させるために、どのように体脂肪を増やしたか?

私の経験談ですが、

「炭水化物(糖質)を増やすと、体がふっくらしやすい気がする」



▼炭水化物というのは、主に、白いご飯。

日本人なら必ず食べるのが白米です。

私の場合、白米の量が少なかった。だから太れなかった。

そこで、今までより白米の量を、少し増やしてみたわけです。

すると、おかずを増やす場合と比べても、炭水化物を増やした方が太りやすかった。



▼バストアップサプリを使う場合でも、ガリガリで体脂肪がないときに使うとあまり効果がありません。

でも、体脂肪率が上がってくると、同じバストアップサプリを使っても、胸が大きくなりやすい気がするわけです。



▼女性の場合、「白米を減らして、野菜やおかずを増やす」と言う人が多いです。

でも、痩せていて貧乳に悩んでいる女性は、これはやめた方がいい気がする。

白米を減らすと糖質が減ってしまい、体脂肪が減少する。

その結果、なかなかバストアップがうまくいかなくなると思うからです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ