バストアップクリームは効果なし?胸は大きくなるのか?ボルフィリンとバイオバスチル

バストアップクリームは、効果があるのか?


▼『バストアップクリームは、オススメですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、バストアップクリームについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

クリーム


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「バストアップクリームは、体質に合えば一時的に胸が大きくなる効果はあるが、使うのをやめると元に戻る気がする」

「バストアップの本質は、自分の体脂肪と、自分の女性ホルモンであり、外側から豊胸成分を塗り付けても、本質的な解決になっていないように思う」

「バストアップクリームは、モデルさんやタレントさんなど、急ぎでバストの形をケアする必要がある人には、まずまず効果的かと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼前回までバストアップクリームに含まれている成分として、「ボルフィリンとバイオバスチル」についての解説をしてきました。

バストアップクリームの効果というのは、実際のところどうなのか?



▼これに関して、私ミムラは

バストアップクリームは、体質に合えば効果はあるが、本質的なバストアップにはなっていない気がする

これが私の、バストアップクリームに対する、基本的な見解です(独断と偏見)



▼バストアップクリームというのは、つまり外側からの刺激であり、外側からバストアップ効果の高い成分を擦りこむ、ということです。

これでは、どうしても本質的でなく、対症療法的にならざるを得ないわけです。


言ってみれば、薄毛に悩む男性が不摂生を繰り返しながら、必死に育毛剤をふりかけている状態に似ています。

効果が全くないとは言い切れないけど、もっと先にやることがあると思うわけです。



▼もちろん、バストアップクリームは、正しく使えば、バストアップ効果を得ることができます(一時的にせよ)

そのためには、まず先に、正しい生活習慣を身につけなければならないし、ストレスを溜め込んだ状態でいくらバストアップクリームを塗り込んでも、イタチごっこになってしまうと思うわけです。



▼生活習慣が乱れたり、食生活が乱れたり、ストレスが過剰だったりすると、男性ホルモンが増加して、体はバストを小さくしようとする方向に進む気がする。

それを、バストアップクリームで外側から強引にバストアップさせようとしても、体は内側からバストを小さくしようとしているのに、自分は外側からバストを大きくしようとしているわけです。

これではお互いが相殺し合っている状態です。

(※これは、バストアップクリームに限らず、バストアップサプリでも同じことが言えます)



▼ですので、まずバストアップクリームを使う前に、自分自身の生活習慣が、バストアップの邪魔をしていないか?ということを省みる必要があると思うわけです。

バストアップにとってマイナスの生活をしているなら、まずその生活を直してからバストアップクリームを使わないと、結局、高価なバストアップクリームに払ったお金が、無駄になってしまう。



▼高級バストアップクリームには、「ボルフィリンやバイオバスチル」などの高級成分が、ふんだんに配合されています。

これらは、どちらかと言えば、脂肪を科学の力で増加させたり、外部からバストにハリを出すための成分であり、「バストアップの本質」とは、少し違うかなという印象です。



▼例えば、日々の生活の不摂生により、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加し、乳腺が小さくなってしまっているのに、強引にバストアップクリームで「脂肪分だけを増加」させることは、バストアップの本質とは言い難い部分がある。


ですから、まず乳腺をしっかり発達させるべく、女性ホルモンがスムーズに分泌されるような生活習慣や、サプリメントの使用を優先させる方がよいと、私ミムラは思うわけです。

その上で、バストアップクリームを適切に使用すれば、バランスの良いナイスバディを手に入れることができると思う。


「どういう順番でバストアップを進めていくのか?」というところが重要だと、私は考えています。



▼あと、バストアップクリームは、自分の女性ホルモンの力でバストアップしているわけではないので、

使い続けないと、バストダウンする

わけです。

その点で、「お金がかかる」

ので、私にはちょっと厳しかった部分があります。

生活習慣の改善には、お金がかからないので、そちらを選択したという理由もあります。



▼それと、「外側から、プエラリアミリフィカを塗りこむタイプのバストアップクリーム」

も、ありますが、プエラリアミリフィカはバストアップサプリとして、内面から摂取しないと、あまり効果を感じませんでした。
(あくまで私ミムラの意見です)



▼ということで本日は、バストアップクリームの効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

クリーム系は、バストアップエステでもよく使われているんですが、私の印象としては、

バストアップクリームは、即効性がある半面、やめるとすぐバストダウンする

ような気がする。



▼なので、私のオススメとしては、やはり、

「自分の体の女性ホルモンが、しっかりと分泌されるような生活をする」

基本的なことですが、やっぱりこっちの方を推奨したいと思います。そのほうが健康的だし。



▼その上で、最初だけでもバストアップサプリを併用することで、本質的なバストアップを目指していく。

私がバストアップできた時にやっていたのは、この形でした。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



バストアップクリームの注意点


▼バストアップクリームの効果についての考察を続けます。

バストアップクリームは、自分の体の内部を変えることなく、外部だけを強引に変えるものである

という認識です。私の意見ですが。


これが、良いか悪いかは、それぞれの価値観によって違うので、あくまでも私の意見ということで。



▼私の場合は、「本質的な解決をしたい」と考えるタイプです。

私が、貧乳に悩んでいた頃も、

豊胸手術や、外部からの強引な手法ではなく、自然な自分の胸を大きくしたい

と、ずっと思っていました。



▼だから私のバストアップのやり方は、常に「内面から」

できるだけ、自分自身の力で胸を大きくしたかった。

自分自身の力とは、「自分の女性ホルモン」や「自分の体脂肪」ということです。



▼バストアップクリームも使ったことがあるし、ボルフィリンとバイオバスチルに、間接的なバストアップ効果があることも、実感しています。

その上で、「バストアップクリームで、強引に胸の脂肪を増殖させる事は、自分の胸が大きくなったと、あまり思わない」わけです。

それは、バストアップ成分の力で一時的に胸が大きくなっているだけで、自分の体が作り出した胸ではない気がする。



▼まぁ、バストサイズは過程より結果だと思う人は、手っ取り早くバストアップクリームで胸を大きくするのもアリだと思います。

ただ、上述したように、バストアップクリームは使い続けないと、その効果を維持できないので、お金がかかってしまいます。

いつまでバストアップクリームを使い続けるのか?

目的を明確にしないと、バストアップクリームを購入し続ける羽目になります。



▼尚、バストアップクリームには、「大豆イソフラボン」や「プエラリアミリフィカ」が配合されているものがありますが、これについては私は懐疑的です。

どちらも、女性ホルモン様物質で、摂取すればバストアップ効果がある。

しかし、女性ホルモン様物質を、体の外側から塗り込んで、果たして効果があるのか?

ボルフィリンとバイオバスチルは、塗ると効果があると思いますが、大豆イソフラボンとプエラリアミリフィカは、サプリメントじゃないとあまり意味がないような気がする。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ