バイオバスチルのバストアップ効果。胸が大きくなる?ハリが出る。垂れ乳改善

バイオバスチルのバストアップ効果


▼『バイオバスチルで胸は大きくなりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、バイオバスチルのバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

研究


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「バストアップクリームなどに配合されているバイオバスチルは、バストのハリや弾力を取り戻す作用はあるが、胸を大きくする効果はそれほど感じない」

「なので、バイオバスチルは、すでにある程度のバストサイズがある女性が、バストの下垂などを防ぐために使うなら効果的だと思う」

「バストアップさせたいなら、バイオバスチルより、プエラリアだと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼前回は、「ボルフィリン」という、「バストの脂肪を増やす成分」について解説しました。

本日は、「バイオバスチル」というバストアップ成分について考えてみたいと思います。



▼バイオバスチルというのは、美容の最先端、フランスで特許を取得している成分で、肌にハリを取り戻したり肌を引き締める効果があります。

つまり、バイオバスチルは、ハリのあるバストを作ったり、垂れ下がったバストを再び上向きのバストに復活させるための成分と言えます。
(あくまで私ミムラの見解です)

バイオバスチル



▼市販のバストアップクリームは、「ボルフィリン」で胸の脂肪を増加させてバストアップさせるものと、
バイオバスチル」で、胸の張りを取り戻させるもの、この2タイプが主流のような気がします。



▼また、バストアップエステでは、ボルフィリンで脂肪を増加させてバストアップさせ、バイオバスチルでバストのハリを蘇らせて形の良い胸にする、というダブル成分で施術している所も多いです。


ただ、ボルフィリンについては、前回も解説したとおり、私の見解としては、あまりお勧めしていません。

塗った部分だけの脂肪を増加させるというのは、なんだかちょっと怖いです。

ボルフィリンは、ちょっと不自然なので、副作用があるかどうか、これから少し様子を見てから使ったほうが良いような気もします。



▼一方、バイオバスチルについては、ボルフィリンよりは自然で安全な印象。

ただ、バイオバスチルはバストのハリを復活させ、肌を引き締めるための成分なので、「直接的なバストアップ効果」は、あまり期待できないかもしれません。
(あくまで私ミムラの経験・感覚です)



▼要するに、バイオバスチルというのは、胸を大きくするための成分ではなく、垂れた胸を復活させたり、胸が垂れないように予防するための成分、という感じのイメージで私は捉えています。



▼それと、基本的に、胸が垂れないようにするためには、「大胸筋」をある程度、ストレッチや体操などで鍛えることが基本になります。

そのような、基礎トレーニングや、バストアップストレッチをした上で、このバイオバスチルという成分配合のクリームを使えば、胸が垂れるのを防ぐことができるようになると思う。



▼ただ、ボルフィリンについても、バイオバスチルについても、「結構お金がかかってしまう」というのが、最大のデメリット。

バストアップエステに行けば、数十万円かかってしまいますし、市販のバストアップクリームを使い続けても、なかなかバカにならない金額になってしまいます。
(経験談)



▼ですから、当ブログでは常に、バストアップの基本として、「睡眠と栄養とサプリメント」、この3つをベースにしています。

これなら、費用を最小限に抑えながら、バストアップの効果を得ることができると思うからです。



▼ただ、やはり即効性という面では、バストアップエステや、ボルフィリン配合のバストアップクリームの方が、「即効性は」あると思います。

ですが、短期間で得たバストアップ効果というのは、失われるのもまた早いわけです。


バストアップクリームで得たバストサイズというのは、それを維持するためには、バストアップクリームを使い続けなければならない。

これが最大のデメリットです。お金がかかりすぎてしまうわけですね。



▼さて、バイオバスチルの話に戻りましょう。

上述した通り、バイオバスチルには、直接的なバストアップ効果はなく、あくまでも「補助的な」バストケア成分という印象です。

肌のコラーゲンを活性化させたり、肌のツヤ・ハリをケアする成分なので、胸が大きくなる作用は限定的かと。
(あくまで私ミムラの意見です)



▼なので、バイオバスチルは、「すでに、ある程度のバストサイズがある人」が使う方が良いかと思います。

逆に、「まだ貧乳で悩んでいる人」は、バイオバスチル配合のバストアップクリームを使っても、期待するような効果は出にくいと思います。



▼私ミムラの推奨としては、

「バストアップさせたいなら、女性ホルモンを増やすことと、体脂肪率を増やすこと」

いつも書いている通りですが、やっぱりここが基本になると思う。


具体的に言えば、

・長い睡眠

・少し多めの食事

・効果的なバストアップサプリ



私が思う、バストアップのスタートラインは、やはりこの3つですね。



▼ということで本日は、バイオバスチルのバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

あくまでも私の意見ですが、バイオバスチルには、直接的なバストアップ効果はあまりないと思うので、後回しでも良いかと思います。

それよりも先に、生活習慣の改善と、自分にあったバストアップサプリの発掘を優先した方が良いかと思います。



▼バストアップというのは、お金をなるべくかけずに、最小限の費用で、「長く続ける」ということが最も重要になります。

即効性がなくても、毎日地道にコツコツとやっている人が、最終的には勝つのが、バストアップというものなのかもしれません。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



バイオバスチルやバストアップクリームを使う前にやること


▼バイオバスチルについての考察を続けます。

バイオバスチルに限らず、バストアップクリームなどの効果については、私はあまり感じたことがないです。

私自身は、バストアップというのは「内面」から行っていくものだと考えているので、外側からケアするバストアップクリームは、補助的なものと考えます。



▼私ミムラのバストアップ理論では、胸を大きくするためには、結局のところ、体脂肪とエストロゲンが必要不可欠だと思う。

私は、生活習慣を改善させましょう、といつも書いていますが、それは生活習慣を改善させることで、体脂肪と女性ホルモンを増やすためでもあります。



▼もちろん、バイオバスチルを始めとした美容成分には、肌のハリやツヤを取り戻す作用があります。

しかし、どんなに良い化粧品を使っても、寝不足だったら肌荒れしてしまうように、どんなに良いバストアップクリームを使っても、生活習慣が乱れていたら、胸は大きくならないと思うわけです。



▼そういう意味で、バストアップさせることを考えると、バイオバスチルより先にやることがある。

貧乳に悩んでいる女性は、その多くが生活習慣が乱れている印象。

貧乳の原因をそのままにしておきながら、バストアップクリームだけでスタイルを良くしようとしても、なかなかうまくいかないわけです。

私自身がそうでしたから。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ