大胸筋を鍛えてもバストアップしない?垂れ乳・離れ乳を改善する方法

大胸筋とバストアップは関係があるか?


▼『大胸筋を鍛えれば、バストアップしますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、大胸筋とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

筋トレ2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「バストは脂肪なので、大胸筋などの筋肉を鍛えても、胸は大きくならないと思う」

「ただ、大胸筋がしっかりしていると、バストの下垂を防ぐことはできる印象」

「注意点として、筋トレをやりすぎると男性ホルモンが増えて、逆にバストダウンするリスクもあるような気がする」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップ情報などを見ていると、「バストアップには大胸筋を鍛えることが大切です!」などと書いてあるものが多いのですが、大胸筋とバストアップには直接的な関係はないと、私ミムラは思います。


大胸筋は、バストアップには関係ないけれど、バストの形をきれいに維持したり、バストが垂れてしまうの防いだり、バストが左右に離れてしまうのを防いだりするために、大胸筋を鍛えることが必要だと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ですから、大胸筋を鍛えても胸は大きくならないけど、美しい胸の形にすることはできると思う。

なので、「バストアップと大胸筋トレーニングは別物」と、考えた方が良いのではないか、と。



▼だから現時点で、まだAカップくらいしかない女性は、大胸筋を鍛えてもあまり意味がないと思うわけです。

それでは、そのような女性は、バストアップのために、まず何からやればいいのか?

私の考えで書いてみます。



▼まず、ある程度のバストサイズになるまで、「睡眠と栄養とバストアップサプリ」を正しく使って、バストアップさせます。

そのあとで、バストの形を整えたり、垂れ乳、離れ乳を防ぐために、「大胸筋」を鍛える。

という順番の方が良いかと思います。私のやり方ですが。



▼ぶっちゃけ、バストアップ体操とか、大胸筋を鍛える体操だけでは、胸は大きくならないと思う。
(経験談)

バストアップしようと、大胸筋を一生懸命に鍛えている女性も、少なからずいらっしゃるのですが、それは無駄な努力に終わる可能性が高い。


大胸筋というのは、「バストの土台」でしかない、と思うからです。

土台ばっかりを一生懸命に作っても、その上に乗せる建物がなければ、建造物は完成しないと思うわけです。



▼ですから、Aカップ前後の女性は、大胸筋トレーニングよりも、「まずバストアップに集中」した方がよいと、私ミムラは思います。

Bカップ前後になったら、大胸筋の土台を鍛えるために、「バストアップ体操や大胸筋のトレーニング」を併用していく、という順番がベターかと。



▼バストアップは、この順番を間違えてしまうと、せっかくの努力が無駄な努力で終わってしまうことも少なくない。

実は、私自身も、バストアップの順番を間違えて、無駄な努力を重ねたことがあります。

なので、まずは正しいバストアップ知識を身につけて、正しい順番でバストアップを進めるようにして頂ければと思います。



▼「筋トレは、スタイルが良くなるから、とりあえずやっておいてもいいのでは?」
と思う女性もいるかと思いますが、筋トレにもデメリットはあると思う。


それは例えば、

筋トレをやりすぎると、女性ホルモンが減る可能性がある

という部分です。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ホルモンバランスというのは、私の経験で言えば、「生活習慣によって変わる」

当ブログで、「バストアップしたければ、たくさん眠ること」と、いつも書いているのは、たくさん眠ることによって、女性ホルモンが増えやすくなるのではないかと、私は感じるからです。


その点で、「筋トレ」のやり過ぎは、男性ホルモンが増加して、女性ホルモンが減少するような気がする。

そう考えると、「大胸筋」や「小胸筋」を鍛えすぎることは、バストダウンにつながる可能性もあるのでは?と、私は考えます。



▼ということで本日は、大胸筋とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

「大胸筋は筋肉」

「バストは脂肪」


です。


脂肪を増やさなければ、バストアップにはならない。

そう考えると、大胸筋を鍛えることは、直接的なバストアップにはならないと、私は思うわけです。


当たり前のことかもしれませんが、先に大胸筋トレーニングを頑張ってしまっている女性も多いので、ちょっと書いてみました。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



大胸筋を鍛える意味とリスク


▼大胸筋の筋トレとバストアップについての考察を続けます。

ここまでは、大胸筋のトレーニングはバストアップに繋がらないと書いてきました。


ただ、「すでにある程度のバストサイズがある女性」にとっては、「大胸筋」を鍛えることは非常に重要になります。

大胸筋が衰えてくると、「土台」が揺らぐので、「垂れ乳」「離れ乳」になってしまうリスクが高まるから。


また、大胸筋が衰えた結果、バストが重力に負けて下に下がっていくと、脂肪が内臓を圧迫してしまい、その脂肪がお腹まで下がっていくと、お腹が脂肪でダルダルになってしまいます。



▼大胸筋の衰えから、バストの脂肪がどんどん下がって行って、お腹周りが窮屈になってくると、全身の血行が、そのお腹の部分で滞ってしまいます。

こうなってくると、バストへの栄養供給もスムーズに行かなくなり、「垂れ乳」&「バストダウン」という悪循環に陥ってしまうわけです。



▼ですから、ある程度のバストサイズがある女性は、そのバストの脂肪が下がってしまわないように、お腹周りがブヨブヨになってしまわないように、大胸筋を鍛えておく必要があると思います。

大胸筋を鍛えると言っても、ジムでハードにトレーニングなどしなくても、毎日少しずつの腕立て伏せなど、自分にできる範囲で大胸筋を鍛えればOKです。



▼また、大胸筋と併せて、「小胸筋」を鍛えるバストアップ手法もありますが、本質は同じです。

小胸筋を鍛えることも、「バストの垂れを防ぐ」「バストのハリを保つ」というのが、主なメリットとなります。


小胸筋を、「腕立て伏せ」や「合掌のポーズ」で、どんなに鍛えても、胸の脂肪が増えるわけではないので、直接的なバストアップ効果はないと、私は考えます。



▼さて、先ほども少し書きましたが、筋トレには男性ホルモンを増やす作用があるような気がする。

男性ホルモンは男性だけに分泌されるホルモンではなく、ただの名称です。

なので、女性でも男性ホルモンは分泌される。

そしてその分泌量は、日々の生活習慣によって変化していくと思うわけです。



▼つまり、日々の行動によって男性ホルモンが増えたり、女性ホルモンが増えたりするのではないか?

最近、貧乳に悩む女性が増えているのは、女性の社会進出によって、女性の生活習慣が「男性的」になってきているからではないか?



▼男性ホルモンが増える行動の代表的なものが、筋トレだったり運動だったりすると思うわけです。

インドア派の男性より、アウトドアで活動している男性の方が、男性ホルモンが多そうですよね?

ひ弱な男性より、筋トレしている男性の方が、男性ホルモンが多いような気がしますよね?

そう考えると、大胸筋のトレーニングは、バストの下垂を防ぐのに役立つけれど、やりすぎると男性ホルモンが増えて、バストダウンするリスクもあるような気がするわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ