ボルフィリンのバストアップ効果。胸が大きくなる?脂肪増加成分

ボルフィリン配合のクリームをバストに塗ると、バストアップするのか?


▼『ボルフィリンでバストアップしますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ボルフィリンのバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

考える2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ボルフィリンは、全員に効果があるわけではないが、体質に合えば努力せずに胸の脂肪分を増やすことができる成分」

「ただ、女性ホルモンも乳腺もそのままで、周辺の脂肪分だけを増やすことになるので、個人的には違和感がある」

「副作用などもまだ分かっていないので、モデルさんやタレントさんなど、どうしても短期間でのバストアップが必要な人以外は、少し様子を見てから使った方が良いかと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼ボルフィリンのバストアップ効果が、あちこちで話題になっていますね。

ボルフィリンというのは、ユリ科の植物(ハナスゲ)の根っこに含まれる成分で、ボルフィリン(バストアップクリーム)を塗ると、その部分の「脂肪細胞」が増加してバストアップする(?)というものです。


比較的まだ新しい成分(ハナスゲ根エキス)なので、その効果や副作用については、はっきりとデータが取れていないのが実情です。

ボルフィリン



▼ボルフィリンのメリットを簡単に言えば、ボルフィリンクリームを塗った部分だけ脂肪細胞が増えるので、バストの脂肪だけが増えて、全身の脂肪は増えない。

つまり、ダイエットしながらでも、バストアップができてしまうという、夢のような成分のようです。



▼ただ、現状では私は、このポルフィリンという成分を推奨していません。

なぜなら、塗った部分だけの脂肪を人為的に増加させるというのは、やはり自然の理に反すると思うからです。


生物として、自然に反する行為は、長期的に見るとデメリットの方が多い気がする。

これは例えば、美容整形等をやりすぎると、歳をとってから顔がだんだん崩れてしまうのを見てもわかると思います。



▼ですので、バストアップを目指す場合でも、

「それがバストアップの本質に沿っている方法かどうか?」

これを見極めることが、非常に重要になると思われます。


小手先の研究結果や、テクニックでバストアップできたとしても、それは多くの場合、一時的なバストアップにすぎず、時がたてば、あっさり失われてしまうバストである可能性を否定できないと、私は思うわけです。
(あくまで私ミムラの個人的な意見です)



▼ボルフィリンについては、まだ新しい成分のため、これから研究が進み、もしかするとノーリスクで効果的なバストアップが可能になるかもしれません。

ですので、その時になるまで待ってから、ボルフィリンに手を出しても遅くはないと思う。

バストアップに限った事ではありませんが、あまり新しいものというのは、最初に飛びついてしまうとリスクを被ることが多くなってしまいます。



▼そもそも、バストに脂肪がつくのはなぜかというと、バストの重要な器官である「乳腺」を守るために、その乳腺の周りに脂肪がついて、「バスト」になるわけです。


ですから、バストアップというのは、まず「女性ホルモン」を活発化させて乳腺を大きくし、その結果として、乳腺の周りの「脂肪分」を増加させて、バストアップさせるというのが基本になるのではないかと、私は考えています。



▼ボルフィリンというのは、乳腺の大きさはそのままで、乳腺の周りにつく「脂肪だけを増加させる」というものです。

これはやはり不自然なわけです。

ボルフィリンは、豊胸手術などよりはリスクが低いと思いますが、不自然という点で、現時点では、私はあまりお勧めしていません。



▼バストアップもダイエットも美肌も、小手先のテクニックで、一時的な結果を求めるのではなく、体の内部からしっかりと少しずつ改善していくことが健康にも良いですし、副作用もなく、そして長い期間にわたって、一生涯にわたって、その美容効果を享受できると思うわけです。


ですから、外側からの刺激に頼っても、そのバストアップ効果は一時的に過ぎず、多くの場合、短期間で失われてしまうことが多いと思うわけです。

豊胸手術であっても、そういうケースが非常に多いわけですね。



▼私なりに例えてみるならば、

「女性ホルモンを増やさずにバストアップさせる方法は、筋トレしないで筋肉をつけようとしているのと同じようなもの」

だと思います。


要するに、筋トレしないで特殊な手法によって筋肉をつけると、「不自然な筋肉」になります。

同じように、女性ホルモンを増やすことなく、特殊な手法によってバストアップさせると、「不自然なバスト」になる可能性があると、私個人の見解では思うわけです。



▼「ラ・シュシュ」などの、有名なバストアップクリームで、胸の脂肪分が増加して、バストアップした人もいるようです。

クリームを塗るだけで、胸が大きくなるなら、生活習慣を改善したりする必要がないので、とっても簡単。

しかし、やっぱり少し「不自然」かなと。



▼なので、ボルフィリンは、「豊胸手術」などにも抵抗がない人には、オススメできますが、

「女性らしい、自然で美しいバストになりたい」

という人には、ボルフィリンを配合したバストアップクリームは、私はあまり推奨しません。


自然なプロポーションを手にするためには、やっぱり地道な努力が必要。

「生活習慣の改善」と「自分に合ったバストアップサプリ」

いつも書いている通りです。



▼ということで本日は、ボルフィリンのバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

努力しないで、バストアップが可能なら、それはとても魅力的なことです。

しかし、人生もバストアップも、「急がば回れ」

結果的に、あせらず自分の体質を改善させようと、コツコツ努力した人の方が、早くにバストアップを達成する傾向にあると、私は感じています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



バストアップクリームとマッサージのリスク


▼ボルフィリンについての考察を続けます。

ボルフィリン配合のバストアップクリームは、「マッサージしながら塗る」というやり方になります。

これも私の考えでは、なかなか難しいのではないかと思う。



▼なぜなら、バストマッサージというのは、私たちのような一般の素人が適当にやると、逆にバストダウンを招くことがあると思うからです。

別の記事でも書きましたが、バストというのは、そのほとんどが脂肪分でできている。

なので、揺らしたり揉んだりすると、胸の脂肪が燃焼してしまい、逆に小さくなるリスクがあると思うわけです。



▼だからこそ私は、バストアップのポイントとして、「体脂肪と女性ホルモン」を掲げています。

バストアップマッサージは、プロの人にやってもらうならいいんですが、自分でやると逆効果になることがある。

私自身、自分でバストマッサージをしてみたことがありますが、逆に胸が小さくなる様な感じがしたので、今はやっていません。



▼「ボルフィリンが脂肪分を増殖させる」という効果は、確かにあるのかもしれない。

でも、ボルフィリン配合のバストアップクリームを塗っても、目に見えて巨乳になるわけではない。
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼結局のところ、自分のバストサイズをアップさせるためには、生活習慣の改善が必要不可欠だと思う。

女性は、正しい生活をしていれば、高確率で女性らしい体つきになるわけです。

だから貧乳に悩むという事は、何か習慣が間違っているはず。

その習慣を改善することなく、バストアップクリームだけで胸を大きくしようとするのは、やはりどこか違和感があると、私ミムラは感じるわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ