バストアップの基本~女性ホルモン エストロゲンの増やし方~男性ホルモン テストステロンの減らし方

女性ホルモンのエストロゲンの増やし方


▼『基本的なバストアップまでの考え方を教えてください』

というご質問をいただいたので、本日は、バストアップの基本について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

階段


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「私が思うバストアップの基本は、①体脂肪を増やす ②女性ホルモンを増やす。この2つが最重要だと思う(仮説)」

「まず体脂肪を増やすために、白米などの炭水化物は必須と考える」

「次に、女性ホルモンのエストロゲンを増やすには、しっかり眠ることと、最初だけサプリを使う事がポイントになると思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず、バストアップの基本中の基本は、

エストロゲンを増やして、テストステロン(アンドロゲン)を減らすこと

だと、私は考えています。
(あくまで私ミムラの認識です)

言い換えると、

女性ホルモンを増やして、男性ホルモンを減らすこと」です。



▼女性であっても、当然、男性ホルモンは分泌されますし、女性ホルモンも分泌されます。

そして、胸を大きくするためには、女性ホルモン・エストロゲンをたくさん分泌させるようにしつつ、男性ホルモンのテストステロンを減少させることが重要だと思うわけです。



▼何故かと言うと、男性ホルモンをたくさん分泌させてしまうと、女性であっても男性的な性格になり、男性的な体つきになってしまう傾向にあると思うからです。


スポーツの女性アスリートなどでも、女性ボクシング選手などは、練習を重ねていくにつれて、ヒゲが濃くなっていくとか。

また、戦いの世界に長くいると、生理不順や生理が止まったりするらしい。

これは、男性ホルモン・テストステロンが増加しすぎてしまっているのではないか?

と、私ミムラは考えます。

女性ボクシング



▼このように、男性ホルモンのテストステロンが増えると、女性の身体は少しずつ男性化していくような気がする。

つまり、男性ホルモンが増加していくと、女性は胸が小さくなってしまうのではないか?・・・と。


なので、女性はなるべく男性ホルモンを増やさないように生活習慣を管理したほうがいい。

では、何をすると男性ホルモンが増えるのか?



▼男性ホルモンが増えやすい条件を、私なりにまとめてみると、以下の通りです。
(あくまで私ミムラの仮説です)


・寝不足をすると男性ホルモンが増える

・お肉をたくさん食べると男性ホルモンが増える

・筋力トレーニング・ハードな運動をしすぎると男性ホルモンが増える

・強いストレスがかかると男性ホルモンが増える



はい。私の経験談に基づく、男性ホルモンの増加条件(仮説)は、こんな感じです。



▼このように、忙しかったり、男性的な生活を続けると、男性ホルモンが増えてしまうと思うわけです。

男性ホルモンが増えると、性格が攻撃的になり、戦う気力が湧いてくるというメリットは確かにあります。

ですから、男性が社会での競争に勝ち抜いていくには、この男性ホルモンの「テストステロン(闘争ホルモン)」が必須なわけですね。



▼その一方で、私たち女性が、バストアップしたり美しい肌になったりするためには、この男性ホルモンは、すごく「邪魔なモノ」だなーと、私は考えます。


男性ホルモンは、活力が湧いてきて戦う意欲が増します。

が、肌荒れしたり胸が小さくなったりしてしまうので、女性の美容という面から考えると、男性ホルモンは少ない方が良いと思う。



▼ですから、バストアップを目指しているときには、寝不足をしないようにするとか、お肉ばかり食べないようにするとか、筋肉をつけすぎないようにするということが大切かと。

私ミムラは、そのようなことを意識して、バストアップを成功させました。



▼さて、「バストアップの基本」の話に戻りましょう。

過去にも何度か書いていますが、わたしミムラが思う、バストアップの基本条件は、


・たくさん眠る事(副交感神経優位)

・今より少し太ること(体脂肪増加)

・効果的なバストアップサプリを使うこと(女性ホルモン増加)

・ストレスを溜めないようにメンタルコントロールすること(男性ホルモン減少)



はい。

これも、あくまでも私の体験談に基づく「仮説」です。

が、私自身、このやり方でバストアップに成功していますし、私の友人も成功しています。



▼ということで本日は、バストアップの基本について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

「女性ホルモン・エストロゲンの増やし方」で、最も重要なポイントは、


睡眠を長くすることと、体脂肪を増やすこと」です。
(あくまで私ミムラの仮説です)


本日の記事は、仮説を交えたオリジナル理論ですが、私がバストアップするまでにやったことを、簡潔にまとめてみました。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ホルモンバランスと胸の大きさ


▼胸を大きくするための基本についての考察を続けます。

人間の体の機能は、常にシーソーのようにバランスをとっていると思われます。

例えば、

「男性ホルモンと女性ホルモン」

「交感神経と副交感神経」

「活動モードと休息モード」


このように、相反する体の機能が、その時々必要に応じてバランスよく切り替わっているのが正常な状態。



▼このような自律神経の調整機能が正しく働いていれば、女性は女性らしいスタイルになるはず。

しかし、現代を生きる女性は、胸が小さいことに悩んだり、女性としての機能のトラブルに悩む人が多い。

これは、女性の社会進出に伴って、女性にストレスが多くかかっているからではないか?



▼今は、まだまだ男性が中心の社会。

そんな男社会に飛び込んでいって仕事をするというのは、かなりのストレスになります。

私も働いているので、そのストレスはよくわかります。



▼私自身、貧乳に悩んでいた頃は、仕事が忙しくて寝不足だったし、慢性的にストレスがかかっていました。

今思えば、その頃の私は、「忙しくて食べない」「ストレスがいつもある」「いつも眠い」

こんな感じでした。

これはバストにとって、すべて悪い要素だったように思います。



▼このような生活は、女性ホルモンを減らし、男性ホルモンを増やしてしまう気がする。

ホルモンバランスが乱れれば、本来、女性らしい体つきになるはずなのに、男性化してしまうのかもしれない。

その結果として、かつての私は貧乳に悩んでいたのかなと思います。



▼上述したようなバストアップの基本項目の中で、一番難しいのが最後の、

「ストレスを溜めないようにメンタルコントロールすること」

です。



▼これだけは、一朝一夕では身に付かない。

「人間としての人格レベルを上げる」という領域なので、この部分は、あせらずコツコツと自分自身のメンタルレベルを上げていくしかない。


例えば、「人の悪口を絶対に言わないこと」これは基本中の基本。

あるいは、「絶対に愚痴を言わないこと」

あとは、「前向きな行動しかしないこと」


などなど。

これらが自然とできるようになれば、「ストレスが激減します

その結果、男性ホルモンが減少して、バストアップにつながっていくと私は考えています。



▼ただ、やはりこの辺は、かなり努力しないと行動は変わらないので、私が推奨しているのは、

睡眠と、体脂肪と、バストアップサプリ

この3つなら、今日からすぐに行動を変えることが可能です。


私の推奨は、「この3つだけ、まずは守る」

他の事は、後回しでも大丈夫です。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ