アイスクリームでバストアップ?スーパーカップバニラで胸が大きくなる?太る。体が冷える

アイスクリームでバストアップ?


▼最近、「アイスクリーム食べるとバストアップする?」という話をちらほらと聞くので、本日は、アイスクリームとバストアップについて書いてみたいと思います。

アイスクリーム



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「アイスクリームは、バストアップにそこそこ効果がある気がする」

「理由は、アイスクリームには糖質と脂質が豊富に含まれており、体脂肪率の上昇に役立つと思うから」

「ただ、アイスクリームは糖質と脂質に栄養が偏っており、食べ過ぎると体に悪いので、アイスクリームだけで胸を大きくしようとするのはやめた方がいい」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼実は私も、「アイスクリームでバストアップ」を試したことがあります。

バストアップするまでは、いろいろなことをやってきたので、アイスクリームも試してみました。



▼個人差はあるかと思いますが、

アイスクリームは、バストアップにそこそこ効果がある」と思います。

ただ、オススメのバストアップ方法か?と聞かれると、ちょっと微妙です。



▼まず、アイスクリームは、「糖分と脂肪分の塊」です。

糖分は体に脂肪を蓄積し、脂肪分もカロリー豊富なので当然、脂肪が体に蓄積されます。

バストアップに体脂肪は必要不可欠なので、栄養素という面では、アイスクリームはバストアップ効果があると思われます。



▼また、アイスクリームは「体を冷やす」

体が冷えることによって、「基礎代謝が下がる」わけです。


そうすると「太りやすくなる」

少し太る事が、必然的にバストアップにつながるというわけです。
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼とは言え、アイスクリームを食べることによって太り、胸も大きくなる、というやり方は、あまりお勧めしません。

結果的にバストアップするというだけであって、健康的なバストアップとは言えないからです。

私も、アイスクリームによって体脂肪率を上げ、バストアップするという効果は認めつつも、今はやっていません。



▼やっぱりアイスクリームというのは「砂糖の量がハンパない」

砂糖の過剰摂取は、健康に悪すぎです。

仮にこの方法でバストアップできても、健康を害してしまったら何の意味もないです。



▼そして、アイスクリームが体を冷やすことによって、体温が下がり、基礎代謝が下がります。

これによって体がふっくらとしやすくなるわけですが、これも健康的にはあまりよろしくないと思います。


と言うか、体に悪いですね。

体温が下がれば、それに比例して免疫力も下がってしまいます。



▼以上のように、アイスクリームがバストアップに効果がある、と言う根拠は、

アイスクリームは太りやすい。太れば胸も大きくなる

という感じ。

一理あるわけですが、オススメはしないです。



▼バストアップは、もっと健康的に、長く続けられる方法を選んだ方が成功しやすいと思う。

それは例えば、睡眠時間を長くして、女性ホルモンの分泌量を増加させることであったり。

栄養バランスを考えた食事を摂ることによって、自然な体脂肪をつけることであったり。



▼あくまでも健康第一。

胸は大きくなっても、不健康だったら嫌です。

健康でありながら、ふくよかなバストであるからこそ、魅力的な女性であると言えます。



▼さて、アイスクリームのメリットについても、もう少し突っ込んでみましょう。

アイスクリームには、「カルシウム」が意外と豊富に含まれています。

特に、高脂肪の濃い、牛乳アイスみたいなやつですね。


この手のアイスは、カルシウムを効率的に摂取できるので、イライラを予防できる。

すなわち、自律神経の調整により、副交感神経が優位になって、女性ホルモンが増加する作用が考えられます。



▼これは、日ごろからストレスが多く、イライラしやすい女性。

あと、牛乳やチーズや小魚など、カルシウムの摂取が少ない女性。

このような女性にとっては、アイスクリームのカルシウムが、間接的なバストアップにつながっていく可能性は十分にあります。



▼そう考えると、「牛乳が多めのアイスクリームは、バストアップに効果がある可能性がある」という感じ。

逆に、「かき氷系のアイスクリームは、体を冷やすデメリットの方が大きく、バストアップに効果はないと思う



▼当ブログでは、私のバストアップ理論として、

「体脂肪と、女性ホルモンのエストロゲンの量が、バストサイズを決めている」

と、いつも書いています。

これが正しいかどうかはわかりませんが、私自身は、この方向でバストアップがうまくいっています。



▼この角度から考えると、アイスクリームはどうなのか?

まず、アイスクリームには「糖質」が豊富なので、体脂肪の増加には効果があるかもしれない。

ただしそれは、「いつもの食事をしっかりと食べた上で、アイスクリームも食べた場合」の話です。

アイスクリームを食べて、食事量を減らしてしまうと、これは逆にバストダウンする可能性が高いと思います。



▼女性ホルモンのエストロゲンについては、上述したように、バニラアイスの「カルシウム」が、ストレスを解消するタイプの人であれば、副交感神経が優位になって、エストロゲンが増える可能性はありますね。


ただ、これについても、

カルシウムを摂取するなら、チーズと小魚の方がオススメ

です。



▼ということで本日は、アイスクリームとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「アイスクリームは糖質が多いので、体脂肪が増えれば、間接的にバストアップにつながっていく可能性がある」

「高脂肪アイスクリームは、カルシウムが多いので、ストレス解消による女性ホルモン増加で、バストアップする可能性がある」

「その半面、アイスクリームは体を冷やして血行が悪化するので、上記のバストアップ効果が相殺されてしまう可能性もある」

「私の結論として、アイスクリームを過剰に食べてバストアップさせようとするのは、やめた方が良い」



こんな感じで考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



アイスクリームでのバストアップをオススメしない理由


▼アイスクリームとバストアップの関係についての考察を続けます。

アイスクリームは太りやすいので、ある意味では、バストアップに向いていると思う。


ただしそれは、あくまでもおやつとしてアイスクリームを食べた場合です。

バストアップの手段としてアイスクリームをたくさん食べるのはやめた方がいい。

ここまで、そのように書いてきました。



▼世の中には、「アイスクリームダイエット」などという、健康面を考えると、とてもオススメできないものがあります。

栄養バランスを崩して、強制的に体重を減らすやり方は、絶対に続きません。

続かなければダイエットも失敗する。

だから私は、アイスクリームダイエットとか、置き換えダイエットは好きではないんですね。



▼バストアップも同じで、極端なやり方では絶対に失敗する。私がそうでした。

アイスクリームが体脂肪率を上げて、バストダウンの確率を高めるのは、確かにあり得る話です。

しかしそれ以上に、アイスクリームを過剰に摂取することによるデメリットの方が大きいわけです。

デメリットが大きいやり方は長続きしない。

長続きしなければ、バストアップに失敗するわけです。



▼アイスクリームというのは、冷たい食べ物を甘く感じさせる必要がある。

でも冷たい食べ物というのは、甘さを感じにくい。

だからアイスクリームには、かなりの量の砂糖が入っているわけです。


炭酸飲料もそうですが、冷たい食べ物は砂糖量がすごい。

糖質の摂りすぎは体にダメージを与えてしまいます。

バストアップには体脂肪が必要ですが、あまりにも糖質と脂質に偏り過ぎる食事は、逆に体を老化させますので要注意です。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ