ブロッコリーのバストアップ効果~森崎友紀さんに学ぶ胸が大きくなる栄養素。アブラナ科。菜の花・キャベツ

ブロッコリーのバストアップ効果


▼「森崎友紀さんが、ブロッコリーにバストアップ効果があるというコメントをされていましたが、ブロッコリーをたくさん食べれば胸が大きくなりますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ブロッコリーのバストアップ効果について、かつて貧乳から脱出した、私(ミムラ)が、独断と偏見で書いてみたいと思います。

ブロッコリー



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ブロッコリーには女性ホルモン様物質のボロンが含まれているので、バストアップ効果はあると思う」

「ただ、キャベツと同じで、かなりの量のブロッコリーを食べなければならず、ブロッコリーだけで胸を大きくするのは現実的ではない気がする」

「いつもの食事にブロッコリーを追加する、という感じで、補助的なバストアップ効果を期待するくらいが良いかと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず最初に、いつも書いていますが、「●●にバストアップ効果がある!」と聞いても、そればかりを食べないようにしてください。

確かに、豆乳にしても、キャベツにしても、ブロッコリーにしても、バストアップに効果的な成分が含まれています。

しかし、「だから、そればかりを食べれば巨乳!」という訳ではない。



▼バストアップがなかなかうまくいかない人は、ひとつの情報を見て、そればっかりをやろうとしてしまうんですね。

しかし、当ブログでもいつも書いている通り、女性のスタイル、特にバストサイズについては、何か1つの要因によって決まっているわけではなく、

「複合的な要素によって胸の大きさが決まる」

と思うわけです。



▼バストサイズを決める要素として、私が考えているのは、


・女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の多寡

・体脂肪率の多寡



つまり、女性ホルモンが多くて、体脂肪率も多い人は、胸が大きくなりやすいと思うわけです。
(あくまで私ミムラの自説です)

私なりに、ざっくりと書いていますので、細かい部分については、また別のページで解説します。

まずは、「バストアップはトータルバランスである」という事を、頭に入れて当ブログの記事を読んでみてください。



▼さて、ご質問の話に戻りましょう。

森崎友紀さんは料理研究家で、最近は年末のガキの使い等にも出演されていますね。

美人でスタイルが良く、とても羨ましいです。


森崎友紀さんは、雑誌のインタビューで

アブラナ科の食材にはバストアップ効果がある」とおっしゃっていたとか。


つまり、これはブロッコリー、キャベツ、菜の花、ということですね。



▼ここだけを見て、「じゃあ、アブラナ科の食材をたくさん食べて、胸を大きくしよう!」

と、考えてしまうと、バストアップは大抵、失敗してしまいます。
(経験談)


森崎友紀さんは料理研究家ですが、毎朝、豆乳を飲んでおられるようですし、ヨガなどの全身の血行を良くするストレッチなども入念に行われています。


ですから、「ブロッコリー」だけでなく、トータルで胸が大きくなるような生活習慣を身につけているし、その上で、ブロッコリーやキャベツなども積極的に食べている。



▼なので、私ミムラの考えとしては、

ブロッコリーばっかり食べていても、バストアップしない

と思う。


そもそもバストアップには「体脂肪」が必要不可欠であるため、野菜だけではバストアップは困難です。



▼バストアップには、やはり、

「炭水化物と脂肪」

これが不可欠ですね。


炭水化物と脂肪分については、賛否両論あるようですが、私の経験上では、この2つの栄養素を抜いてしまうと、胸を大きくすることはかなり難しいと思います。



▼さて、ブロッコリーのバストアップ効果についての話に戻りましょう。

ブロッコリーには、豊富な「ビタミンC」が含まれています。


ビタミンCには、抗ストレス作用がある。

別の記事でも書きましたが、ストレスは自律神経を乱して、女性ホルモンを減少させてしまいます。
(※交感神経系が活発になりすぎるためと思われます)


なので、ブロッコリーの抗ストレス作用は、ストレスによる女性ホルモンの減少を防いでくれる。

間接的な、バストアップ効果があると言えます。



▼それと、ブロッコリーは野菜の中でも、「食物繊維」の量が、かなり多い野菜と言えます。

食物繊維は、ご存知の通り「便秘解消」に効果がある。


便秘とバストアップの記事でも書きましたが、慢性的な便秘は、バスト周辺の血行を悪くしてしまい、バストダウンにつながります。

なので、ブロッコリーの豊富な食物繊維は、間接的なバストアップに貢献してくれると思われます。



▼ついでに言うと、ブロッコリーには、「マグネシウム」も豊富です。

マグネシウムも便秘解消に強力な作用があります。

便を柔らかくする

わけですね。


食物繊維は、便秘解消に効果的ですが、「不溶性食物繊維」の場合、体質によっては、逆に便秘になる可能性があります。

ちなみに私も、根菜などの不溶性食物繊維を食べ過ぎると、逆に便秘になるタイプです。


このタイプの場合、「マグネシウム」を摂取することで、便が柔らかくなり、便秘が解消されます。

その点でも、ブロッコリーは優秀な便秘解消食材と言えます。

※ちなみに、マグネシウムで便を柔らかくする場合、『ワカメやコンブなどの海藻』が、最強だと私は考えます。頑固な便秘には、海藻がオススメです



▼ということで本日は、ブロッコリーのバストアップ効果について、独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「ブロッコリーには、アブラナ科特有の『ボロン』という女性ホルモン様物質が含まれるため、バストアップ効果がある」

「でも、野菜なので、ブロッコリーだけ食べていても胸は大きくならない」

「ただ、ブロッコリーの便秘解消効果は優秀なので、間接的なバストアップ効果も期待できる」



私はこんな感じで考えています。


ブロッコリーはあくまでも、「バランスの良い食事の中の一品」

加えていくことで、普段のバストアップ施策の効果が高まる「補助的な食品」という位置づけで良いかと思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ブロッコリーでバストアップを狙う場合の注意点


▼ブロッコリーのバストアップ効果についての考察を続けます。

上述したように、確かにブロッコリーには、女性ホルモン様物質のボロンが含まれている。

しかし、バストアップにおけるブロッコリーのデメリットとして、「カロリーが低すぎる」という点が挙げられます。



▼ブロッコリーには、糖質と脂質がほとんど含まれていないので、カロリーが低い。

補助的な栄養素は豊富なんですが、メインの3大栄養素が少ない。

カロリーが少ないという事は、体脂肪率が下がってしまうリスクがあるわけです。



▼バストアップというのは、言い方を変えれば、体脂肪率を上げる作業でもある。
(あくまで私ミムラの見解です)

なので、ブロッコリーの比率を増やして、全体のカロリー量が下がってしまうと、体脂肪率も下がってバストダウンするリスクがあると思うわけです。



▼ブロッコリーのボロンにバストアップ効果があるとしても、体脂肪率が下がってしまうと、むしろバストダウンに繋がってしまう気がする。

「キャベツとバストアップ」の記事でも書きましたが、ボロンの摂取量を増やしても、カロリーが減ってしまっては意味がないと思うわけです。

なので、ブロッコリーでバストアップを狙う場合は、いつもの食事を減らさずに、ブロッコリーを追加する形にすることをお勧めしたいと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ