とうふは胸が大きくならない?効果なし?大豆製品でバストアップする。豆乳・枝豆・納豆

とうふは胸が大きくならない?


▼『お豆腐を食べても、胸が大きくなりません。なぜでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、とうふは胸が大きくならないのか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

豆腐


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「とうふには大豆イソフラボンという女性ホルモン様物質が含まれているが、とうふだけでバストアップさせるのは困難だと思う」

「なぜなら、豆腐をたくさん食べようとすると、必然的に炭水化物の摂取量が減少してしまい、体脂肪が下がりやすくなるから(経験談)」

「ゆえに、豆腐でバストアップさせたいなら、いつもの食事量は減らさないことが重要だと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼今や、バストアップの常識と言っても過言ではないのが、

「大豆製品で胸が大きくなる」というフレーズです。

大豆製品には、「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、胸が大きくなるという理屈ですね。


たしか、大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造がそっくりで、体内での働きもそっくりなので、大豆製品を食べると、女性ホルモンが増えたのと同じ効果があるとか。



▼私ミムラが思うに、女性ホルモンが増えたのと同じ効果があるのは、やはり「バストアップサプリ」が、一番強力です。

しかし、バストアップサプリを使わないのであれば、大豆製品などから「大豆イソフラボン」などの、女性ホルモン様物質を摂取する必要があるというわけです。


ただ、「大豆製品で胸を大きくしよう!」というやり方には、1つの落とし穴があります。



▼これは私の実体験ですが、私も昔、「お豆腐には大豆イソフラボンがたっぷりだから、今日からお豆腐をたくさん食べよう!」

という事をやってみたことがあります。


2か月くらい続けてみました。

いい加減、最後のほうは、お豆腐にも飽きましたが、とりあえず実験の意味も込めて続けてみたわけです。



▼その結果は・・・

「胸が大きくならないっ!」

でした。


なぜ毎日のようにお豆腐を食べ続けたのに、枝豆も食べたのに、納豆も食べて、「大豆イソフラボン」をたくさん摂取したのに、どうして私は、バストアップしなかったのか?



▼その理由は簡単で、「カロリーが足りていなかった」から。
(あくまで私ミムラの認識です)


確かに、大豆製品には、大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、女性ホルモンのエストロゲンが増えたのと同じ効果がある。

ですが、バストアップというのは、女性ホルモンが増えただけでは、なかなか達成できないんです。

それは「カロリーと栄養が足りていないから」



▼ざっくり言えば、バストというのは「乳腺」と、それを守るための「脂肪」から構成されています。

乳腺を発達させるのは、女性ホルモンのエストロゲン。

その周辺の脂肪を作り出すのが、カロリーと栄養。


なので、バストアップのためには、女性ホルモンとカロリー。

この両方が必要だと思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼私の「お豆腐でバストアップ作戦」が失敗に終わったのは、

「女性ホルモンを増やすことしか考えていなかったから」だと思われます。

大豆製品だけでは、バストの脂肪分を作り出すための「カロリーと栄養」が足りなかったんですね。



▼このことに気づいてからは私は、大豆製品にこだわるのはやめて、

「バランスの良い食事をとること」

「効果の高いバストアップサプリを使うこと」

これを意識するようにしました。



▼すると大豆製品ばかり食べていた頃よりも、明らかに体が女性的になり、バストアップもスムーズに進んでいったというわけです。

なので、大豆製品やキャベツなど、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをする食品を食べても、なかなかバストアップしないという人は、「カロリーが不足していないか?」という事を、もう一度考えてみてください。



▼ちなみに、お豆腐は「ダイエットには」最適です。

いわゆる置き換えダイエットですね。

1日3食のうち、1食をお豆腐にする。

これだけで、かなりのダイエット効果があります。



▼という事は?

極端な話、「1日3食のうち、1食をお豆腐にすると、バストダウンする」とも言える。

なぜなら、「痩せる=バストダウン」と、私ミムラは認識しているからです。



▼お豆腐は、カロリーはそこそこありますが、「糖質がない

まったく無いわけではないんですが、

お豆腐の糖質は、白いご飯と比べると、50分の1くらいしかない
(ミムラ調べ)

です。



▼当ブログでは、いつも書いていますが、

バストアップしたいなら、糖質は絶対に必要

だと、私は考えます。


なぜなら、「糖質が不足してしまうと、体脂肪が燃焼してしまう恐れがあるから

体脂肪の燃焼、それすなわち、バストダウンという認識です。私の考えですが。



▼このように考えていくと、私の「お豆腐でバストアップ作戦」が、失敗に終わったことも、納得できます。

確かにお豆腐は、大豆イソフラボンのパワーで、女性ホルモンを補うことができる。

でも、大豆イソフラボンのメリットよりも、「糖質不足のデメリット」の方が、大きくなってしまった。

私の敗因は、そこにあったと思われます。



▼なので、お豆腐でバストアップを狙うなら、

いつもの食事にプラスして、お豆腐を食べること

です。

くれぐれも私のように、「食事量を減らしてお豆腐を食べる」という愚行を、やってしまわないようにご注意ください。



▼ということで本日は、とうふのバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


お豆腐の大豆イソフラボンパワーは確かにあるが、糖質不足になると、逆にバストダウンする可能性もある

と考えます。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



お豆腐でバストアップできない理由


▼お豆腐はバストアップしないか?についての考察を続けます。

お豆腐を食べるメリットを私なりに考えてみると、


・良質なタンパク質の摂取ができる

・女性ホルモン様物質(大豆イソフラボン)を摂取できる


主にこの2つかと思います。



▼タンパク質は筋肉をつけるには重要な栄養素ですが、バストアップを考えた場合には、最優先とは言い難い。

私の考えですが、バストアップさせたいなら最優先にする栄養素は、糖質(炭水化物)と脂質だと思う。



▼お豆腐には、この2つの栄養素がほとんど含まれていない。

100グラムのお豆腐で、炭水化物2グラム・脂質3グラムとかそれくらいです。

タンパク質が5グラムで、これについては優秀だと思います。

しかしながら上述した通り、バストアップにとってタンパク質は最優先ではないと思うわけです。



▼お豆腐には水分が多いので、お豆腐をたくさん食べようとすると、おなかがいっぱいになってしまう。

貧乳に悩む女性は小食の人が多いから、いつもの食事に加えてお豆腐を食べるのはなかなか辛いと思います。
(経験談)



▼その結果、お豆腐でバストアップさせようとする女性は、いつもの食事の方が少なくなってしまう。

お豆腐で大豆イソフラボンを摂取したとしても、主食の白米が半分しか食べられなかったなら、糖質摂取量が減少して、痩せるリスクが高くなってしまう。

痩せる事はバストアップにとって、かなりマイナスに作用する印象です。

このような観点から、お豆腐だけでバストアップさせようとするのは、かなり無理があると私は感じるわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ