ファーストフードやインスタント食品とバストアップ。悪影響は?

ハンバーガー・カップラーメン・コンビニ弁当とバストアップの関係


▼『私は、インスタント食品を食べる機会が多いのですが、バストアップに悪影響となりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、インスタント食品とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

カップラーメン


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ファーストフードやインスタント食品で、胸が小さくなるということはないと思う」

「むしろ、このような食品は太りやすいので、痩せ型の貧乳女性は、バストアップにつながる可能性もある印象」

「ただ、添加物と塩分がかなり多いので、頻繁に食べるのは避けた方が無難。あくまで非常食」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼現代は、忙しい女性が多く、食事はファーストフードやインスタント食品で済ます、という女性も増えてきています。

確かに、このようなジャンクフードは、食事を作る時間が短縮できるし、添加物の影響で美味しく感じるし、カロリーが高いので満足度も上がります。



▼ファーストフードやインスタント食品というのは、低価格で食べた人が満足できるように作られています。

逆に言えば、「低価格で満足してもらう」ことを最優先にしている食品とも言えます。

つまりメーカーは、インスタント食品の栄養バランスは、あまり考慮する余裕がないということ。



▼低価格で、カロリーもしっかりあって、かつビタミン・ミネラルなどの栄養素もバランスよく含まれているインスタント食品、というのは、現在のところ見たことがありません。

栄養バランスが優れた食品は、作るのに手間がかかるし、お金もかかります。

短時間で簡単に満足できる食品は、栄養素を犠牲にせざるを得ないという部分があると思うわけです。



▼さて、このようなインスタント食品。バストアップとの関わりとしてはどうなのか?

一般的には、インスタント食品は、健康にとっても、美容にとっても、デメリットしかないと言われます。

ただ、私ミムラの個人的な見解では、「習慣的に食べなければ」インスタント食品でも、バストダウンはしない、と考えます。



▼なぜなら、時間がなくて「食事を抜いてしまう」よりは、インスタント食品でもいいから食べた方が、バストアップにとっても、健康にとっても良いと思うから。

食事を抜いてしまうことは、1番体に負担がかかると思う。



▼また、バストというのは栄養が不足してくると、体の細胞の中で、真っ先に痩せてしまう部分だと、私は感じます。

人間は体内の栄養(糖質)が足りなくなると、「脂肪や筋肉」を燃焼させてエネルギーにするわけですが、その場合に、「胸の脂肪が最初に燃焼する」ような気がするわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼ダイエットをした事がある人はわかると思いますが、痩せたいのは「太もも」や「お尻」なのに、最初に「胸」が小さくなってしまうことが多い。
(経験談)

これはおそらく、「人体にとって、生存するために不要な部分から、脂肪が燃焼する」のかなと。

そう考えると、足は歩くのに大事だし、お尻も体を衝撃から守るために重要。

だから、胸の脂肪から燃焼していくのかな、と。


つまり、ご飯を抜くと1番最初に胸が小さくなってしまう可能性が高いということ。
(あくまで私ミムラの考え方です)



▼ですから、バストアップのためには、どうしても忙しい時などは、インスタント食品でとりあえずしのぐ、ということもありかと思います。

私もたまにやります。

ただ、これを日常的にやってしまうと、体全体に余計な脂肪がついてスタイルが悪くなるので、インスタント食品はなるべく少量にするのが良いですね。あくまでも非常食です。



▼ちなみに、「バストアップということだけを考えると」、インスタント食品はそれほど悪くないと私は考えます。

なぜなら、「体脂肪率を増やしやすいから


この辺は、反論も出そうな部分かと思いますが、別に私ミムラは、インスタント食品をオススメしているわけではないです。

ただ、胸が小さくて悩んでいる女性は、その多くが「痩せすぎ」「体脂肪が少なすぎ」だと思うわけです。



▼そう考えると、インスタント食品は、「炭水化物の塊」なので、糖質をしっかり摂取できる。

その結果、体脂肪が増えやすいと思うわけです。
(経験談)

もちろんこれは、人体のトータルバランスを考えると、良いことではないのかもしれない。

でも、「バストアップ」を考えた場合は、とにかく、体脂肪がないと話にならないと思うので、その点で考えると、インスタント食品はバストアップにとって、悪くないと言えるのではないか。



▼ということで本日は、ファーストフードやインスタント食品とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

理想を言えば、手作りの健康的な食事を毎日食べるのが良いのは当たり前です。

でも、忙しい現代の女性。

綺麗事だけでは、生きていけない。

忙しい。

そんな時は、ファーストフードやインスタント食品でも、いいと思うんです。


ただし、その場合は健康面を考えて、「スープを残す」とか「塩分が少ないものを選択する」といった一工夫をすると、インスタント食品のリスクを減らしつつ、バストアップにもつながっていくと思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



食事を抜くと貧乳になる?


▼インスタント食品とバストアップについての考察を続けます。

インスタント食品の最大のデメリットとして、

塩分と食品添加物

が、あります。


とにかく、ファーストフードやインスタント食品は「塩分」が、ハンパない。

カップラーメンを食べた後などは、しばらくすると、めちゃくちゃ水を飲みたくなります。

また、美味しい味にするために、食品添加物もたくさん入っている。



▼これらのインスタント食品のデメリットを消しつつ、インスタント食品をバストアップにつなげていくためには、どうすればいいか?

私の考えは、

カップラーメンは、スープを残す

です。



▼ベタですが、これはかなり効果的なのではないかと考えます。

私自身も、カップラーメンはスープが美味しくても、捨てます。


こうすることで、「塩分と食品添加物」のリスクを最小限に減らしつつ、炭水化物(糖質)は、しっかりと摂取できることになる。

この形は、バストアップにとっては、なかなか悪くないと思うわけです。

ハンバーガーなどのファーストフードを食べる場合は、なるべく味の薄いメニューを選択することで、同様の効果を得ることができると思われます。



▼上述したように、カップラーメンやハンバーガーなどのジャンクフードは、毎日食べると体に悪いですが、「糖質摂取」という面で考えると、悪くないと思う。

いつも書いていますが、胸が小さい女性の特徴として、痩せすぎがある。

体脂肪が少ないと、どうしても胸が小さくなってしまう。

その場合は、時間がないときはファーストフードやカップ麺でもいいから、なるべく炭水化物を摂取するようにする。



▼とにかく、「時間がなくて食事できない!」という状況は避けたい。

私自身も、仕事が忙しくて食事をおろそかにしていた頃は、ずっと貧乳に悩んでいました。

「食事を抜くくらいなら、カップラーメンやハンバーガーでもいいから食べた方が良い」と思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ