胸がない女性と胸がある女性の違い~なぜバストが小さい?胸が大きい人の特徴

胸がない女性と胸がある女性の違い


▼『胸がない女性とある女性。何が違うんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、胸がない女性と胸がある女性の違いについて、かつて貧乳だった、私(ミムラ)が、独断と偏見で書いてみたいと思います。

比べる


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「巨乳と貧乳の違いは、まず1つ目が、体脂肪率かなと」

「そしてもう一つが、女性ホルモンのエストロゲン分泌量だと思う」

「女性のバストサイズに差があるのは、上述した2つに影響を及ぼす生活習慣に違いがあるからだと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼以前にも書いたような気がしますが、胸がない女性の原因は明白だと私は思っています。

あくまでも私の経験からの、個人的な見解ですが、


胸がない原因は、体脂肪率の不足と女性ホルモンの不足

だと考えます。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼出産を経験された方はわかると思いますが、子供が生まれると、今まで貧乳だった女性も、ほとんどが巨乳になります。

これは子供に母乳を与えるために、一時的に女性ホルモンが増加するからだと思われます。


という事は、

ほとんどの女性は、女性ホルモンが増えただけで胸が大きくなる

ということになるのではないか?



▼また、貧乳に悩んでいる女性はほとんどが「痩せ型」の体型です。

ごく稀に、ぽっちゃり体型で貧乳に悩む女性もいますが、これはかなりのレアケースだと思われます。

「ぽっちゃり体型で貧乳」ということは、まさに女性ホルモンが不足している、と考えられます。



▼さて、なぜ痩せ型の女性は胸が小さいのか?

これも私の独断と偏見ですが、


痩せ型の女性は、体脂肪率が少ないから、当然胸も小さい

と、シンプルに考えます。



▼こちらも例外があり、「痩せ型で巨乳」という、ミラクルな体型の女性はいますが、これまたかなりのレアケース。

これを求めてしまうと、ほとんどの人はバストアップに挫折してしまうので、このような体型を目指すべきではない、と私は考えます。


タレントさんやモデルさんなど、「痩せているのに胸が大きい」という女性は、数が少ないからこそ、それでお金を稼げるわけです。

これは才能であり、真似してできるものではないと私は考えています。


なので、私たちのような平凡な体型の女性は、「ふくよかで女性らしい体型」を目指していくのが、無理がなくて良いと思うわけです。



▼胸がない女性は、

「諦めるしかない」「別の部分を磨く」「貧乳が好きな男もいる」

など、論点をずらしてストレスを緩和しようとしますが、できることなら貧乳から脱却したいとみんな思っているハズです。


そのために私は、当ブログでいつも、

「女性ホルモンを増やすような生活習慣を身につけましょう」とか、

「体脂肪率を今よりも増やしましょう」

という事を、繰り返し書いているわけです。


また、「効果的なバストアップサプリ」は、女性ホルモンを増やしつつ、体脂肪率も増えていくので、バストアップの強い味方となります。



▼バストサイズは生まれつきだと思っているかもしれませんが、生まれつきの要素で決まっているのは、バストサイズそのものではなく、太りやすい体質だったり、女性らしい温厚な性格だったりするわけです。

(※太りやすい女性や、温厚な性格の女性は、胸が大きくなりやすいと私は考えています。これもある意味では、生まれつきの才能と言える)


ちょっと表現がわかりにくいかもしれませんが、要するに、胸が小さい女性というのは、「太りにくい体質」だったり「男性的な性格」だったりする人が多いわけですね。
(ミムラ調べ)



▼これらの要素は、生まれつきの差があるものですが、生活習慣を改善することで、少しずつ変化させることが可能です。
(体験談)

なので、「胸が小さいのは宿命だから諦めるしかない」などと思う必要はないわけです。

生活習慣を少しずつ改善して、女性らしい体つきを手に入れましょう。


そのための具体的な方法論については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。



さて、胸がない女性と胸がある女性の違いを、私ミムラが思いつくままに書いてみます。


・食の細さ

・睡眠の長さ

・仕事や家事のストレスの多寡

・感情のコントロールのうまさ

・女性ホルモンの多寡

・体脂肪率



はい。

胸が大きい女性と小さい女性の違いは、主にこの辺ではないかと、私は考えています。



▼まず、基本的なこととして、食事量

食が細い女性は、体脂肪率が下がり、バストサイズも小さくなりやすい」と思う。

逆に、食欲旺盛な女性ほど、平均的なバストサイズは、大きくなると思われます。



▼次に、睡眠時間

睡眠時間が短い女性は、交感神経が優位になり、女性ホルモンが減少してバストダウンしやすい」と思う。

逆に、よく眠る女性は、女性ホルモンが増えやすく、胸が大きくなりやすいと私は考えます。



▼そして、ストレス量

なぜストレスがバストサイズと関係あるのかというと、これも自律神経の問題です。


ストレスは、交感神経を刺激してしまい、これもまた女性ホルモンのエストロゲンを減らすことになりやすいと思うわけです。

逆に、ストレスコントロールが上手い女性や、そもそものストレスが少ない女性は、女性らしくふっくらとした体型になっていくように思います。



▼ということで本日は、胸が大きい女性と、胸が小さい女性の違いについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「バストサイズの違いは、主に、体脂肪率と、女性ホルモン エストロゲンの分泌量によって決まってくると思う」

「これらは生活習慣を変えれば、改善可能であり、胸の大きさは生まれつきで決まるものではない」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



体脂肪を増やさないと貧乳から抜け出せない


▼巨乳と貧乳の違いについての考察を続けます。

ここまで書いてきたとおり、「体脂肪率」は、バストサイズに大きく影響を及ぼすと思う。

なので、「たくさん食べられる女性」とか「太りやすい女性」は、やっぱり胸が大きくなりやすいと思うわけです。



▼胸がない女性と胸がある女性の違いは、やはりここが1番大きな違いとなる。

私もそうですが、「食が細い」「胃腸が弱い」「食べても太らない」

この3拍子揃っている女性は、どうしても貧乳になりやすいと思うわけです。



▼食の細さは、ある程度生まれつきで決まっている気がする。

トレーニングである程度は改善できますが、それでも限界はある。

ただ、私たちの目的は巨乳になることではなく、今のバストサイズよりも胸を大きくすることです。

それは十分に可能だと思う。



▼食事は、たくさん食べることによって、少しずつ食べることに慣れていきます。

最初は半分しか食べられなかったとしても、できるだけ食べることによって、胃が慣れてくる。

次は、半分以上食べられるようになる。

それを繰り返していくと、少しずつ体脂肪が増加してきて、女性ホルモンのエストロゲンも増えやすくなる。



▼この流れに入ってくると、バストアップサプリの効果も非常に出やすくなります。

なので、バストアップさせるには、「まず食べることに慣れる」ということが大事だと思う。

痩せ型の女性は、少しがんばって食べるくらいの方がちょうどいい。

その結果として、体全体がふっくらとし、胸も大きくなっていくと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ