胸を大きくしたい!胸を大きくする食事の効果は?胸が大きくなる理由とならない理由

胸を大きくしたい時


▼「胸を大きくしたいです。どうすればいいですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、バストアップの基礎について、かつて貧乳から脱出した、私(ミムラ)が、独断と偏見で書いてみたいと思います。

若葉


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「胸を大きくしたければ、まず体脂肪を増やすことが重要だと思う」

「次に、女性ホルモンのエストロゲンを増やす(睡眠時間を長くしたり、サプリを使う)」

「この流れがしっかり習慣化されていれば、自然と胸は大きくなっていくと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップと言えば、よく言われるのは「大豆製品を食べる」とか「豆乳を飲む」とかですね。

これらの食品には、「大豆イソフラボン」という、女性ホルモン様物質が含まれているので、バストアップ効果は確かにある。


でも、お豆腐をたくさん食べたり、豆乳を毎朝飲んでも、おそらく胸は大きくならないと思います。
(経験談)

私自身も昔、そのようなチャレンジをしたことがありますが、バストアップ効果は感じられませんでした。



▼大豆製品や豆乳に、バストアップ効果がない、というわけではありません。

もちろん大豆製品や豆乳には、「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているため、バストアップに多少の効果はあります。


大豆イソフラボンというのは、「植物性エストロゲン」であり、女性ホルモンが少し増えたのと同じ効果があるわけですね。



▼ただ、やはり大豆製品を食べたくらいでは「少し」しかバストアップ効果はないわけです。

私が言いたいのは、「偏ったバストアップ施策ではダメ」ということです。



▼バストアップに失敗する人の特徴として

「豆乳さえ飲んでおけばバストアップするに違いない!」

「キャベツを食べたら胸が大きくなるらしい!」


このように、バストアップのための努力が「偏っている」わけです。



▼たとえば、キャベツには「ボロン」という、植物性エストロゲンが豊富です。

しかし、キャベツを食べるだけでは、胸を大きくするほどの量のボロンは、摂取できないわけです。

だから、キャベツだけでバストアップさせる事はほぼ不可能です。



▼では、胸を大きくしたいとき。

胸を大きくするには何が必要なのか?


これは当ブログでもいつも書いていますが

バストアップには、女性ホルモンの増加と、体脂肪の増加が必須

だと、私ミムラは思うわけです。



▼私が思う、バストアップに重要なポイントは、

「睡眠時間を長くすること」

「効果的なバストアップサプリを使うこと」

「少し多めに、バランスの良い食事を摂ること」



この3つは、私が常に意識していることであり、自分自身のバストアップにつながった要素だと思っています。

これに関しては、あくまでも私ミムラの意見なので、一般的な意見と違う部分もあるかとは思いますが、私の経験上では、上述した3つの要素は、バストアップに非常に重要だと感じました。



▼胸を大きくするために大切な事は、「バランス」です。

キャベツだけではダメ。大豆製品だけではダメ。おっぱい体操だけではダメ。

これらはあくまでもバストアップのための「部品」なのですね。



▼バストアップという「製品」を作り上げるには、「たくさんの部品」を、積み上げていかなければなりません。

部品というのはつまり、睡眠であり、栄養バランスであり、バストアップサプリによる女性ホルモンの増加であるわけです。



▼胸を大きくしたければ、一部分だけを見てはダメ。

私はそれで昔、ずいぶん遠回りしました。

今日の記事で書いた以外の、細かいバストアップの「部品」については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。


バストアップはトータルバランスが大切。

一部分だけに目を向けてしまわないよう、ご注意ください。



▼さて、それでは、

「胸を大きくしたい!」

と思った場合、まず何からやればいいのか?


先ほども少し書きましたが、私が貧乳から脱出した時のやり方を振り返ってみたいと思います。


【バストアップしたい時に、まずやること】
(※ミムラ調べ)


・睡眠時間を今までよりも長くする(最低でも7時間以上)

・食事量を今までよりも多くする(特に、白いご飯の量を増やす)

・体脂肪率をチェックして、今までよりも増えているか記録する

・体を動かし過ぎないようにする(ハードな運動は、女性ホルモンの減少リスクあり)

・自分に合ったバストアップサプリを使う(バストアップのきっかけ作りに、サプリは必須)

・怒らないようにする。イライラしないようにする(怒ると交感神経が刺激され、女性ホルモンの減少リスクあり)




▼はい。

これらは、あくまでも私の経験談ですが、私の場合は、上記のようなことを意識して、継続して努力した結果、貧乳地獄から脱出したと思っています。



▼どれも簡単なことですが、習慣化するまでは、意外と大変です。

でも、今までの生活習慣を変えなければ、胸は大きくならない。

胸を大きくしたいなら、今までとは違った生活習慣を身につけなければならない。

これは絶対条件だと、私は考えます。



▼ということで本日は、胸を大きくしたい時のやり方について、私の独断と偏見で書いてみました。

わたしミムラの印象では、胸が小さくて悩んでいる女性は、やはりその多くが「痩せすぎている」ような気がします。


なので、私がアドバイスするときは、いつも、

まず、今よりも体脂肪率を増やしてください。話はそこから。

と言うことが多い。



▼バストアップサプリを使うにしても、体脂肪率が不足している状態だと、なかなか効果が出にくかったりするからです。

まずは「痩せすぎ」の状態から抜け出すこと。

それが胸を大きくするための第一歩だと、私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



胸を大きくしたいなら少し太ることが有効


▼胸を大きくしたい時の考え方についての考察を続けます。

上述したように、バストサイズと体脂肪には密接な関わりがあると思う。

要するに、体脂肪率が低い女性は胸が小さくなりやすいと思うわけです。



▼逆に言えば、体脂肪を今よりも増やせば、胸が大きくなる確率は高まるハズ。

女性は太る事を極度に嫌がりますが、あまり痩せすぎの場合、バストアップサプリの効果なども出にくくなるので要注意です。



▼ちなみに私ミムラも痩せ型です。

なかなか太れないタイプで、油断するとすぐ体重が落ちてしまいます。

私のような痩せやすいタイプの女性は、体脂肪率が低い状態でバストアップサプリを使っても、いまいち効果が出にくい。



▼それはおそらく、体脂肪と女性ホルモンに関わりがあるからではないか?

つまり、体脂肪が多いと女性ホルモンのエストロゲンも増えやすくなるのではないか?



▼そのような観点から、私は「少し太ること」が、バストアップへの第一歩だと考えています。

身長にもよりますが、体重が40キロ台前半の女性は、少し体脂肪率を上げないとなかなか胸は大きくならないと思います。



▼胸を大きくしたい場合、いちばん大切なのが体脂肪かなと。

平均的な体脂肪率をゲットした上で、睡眠時間を増やしたり、ストレッチしたり、サプリを使ったりすれば、よりスムーズなバストアップが可能になると思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ