スポーツジムでバストアップするか?筋トレで胸が大きくなる?大胸筋と豊胸・巨乳の関係

スポーツジムでバストアップするか?


▼「私は胸が小さいので、スポーツジムでトレーニングして、胸を大きくしたいと思います。どうでしょうか?」

というメッセージを頂いたので、本日は、スポーツジムとバストアップについて書いてみたいと思います。

スポーツジム



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「スポーツジムでトレーニングしても、胸は大きくならないと思う」

「なぜなら、バストアップに重要なのは、体脂肪と女性ホルモンであり、ジムに行ってもこの2つは増えないから(仮説)」

「ただ、上半身の筋肉を鍛えることによって、バストのタレは防ぐことができる」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず、スポーツジムで筋トレするとバストアップするのか?

しません

あまり言い切ると語弊があるのですが、私の経験上では少なくとも、「しません」という回答がベターかなと。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼当ブログでいつも書いているように、バストアップというのは、「女性ホルモンと体脂肪」これが命だと、私は考えています。

そして、スポーツジムというのは、女性ホルモンが増えるわけではないし、体脂肪が増えるわけでもない。

つまり、スポーツジムでの筋トレは、バストアップに効果があるとは言い難い。



▼どちらかというと、スポーツジムは「バストアップ」ではなく、「ダイエット」に効果的です。

筋肉をつけると「基礎代謝」が上がるので、痩せやすい体質になります。


これは逆に言えば、「むしろスポーツジムは、胸が小さくなりやすいかも」と言うこともできるわけです。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼もちろん、スポーツジムに通っている女性のスタイルは、平均して美しく、胸が大きい女性もいらっしゃいます。

ただ、その女性はスポーツジムで筋トレしたから胸が大きくなった訳ではない、と思います。


スポーツジムで巨乳の女性は、多分、ジムに行かなくても巨乳だと思いますね。

なぜなら、スポーツジムでの筋トレは、バストアップ効果はあまりないと思うからです。



▼スポーツジムとバストアップにつながりがあるとしたら、それは

タレ乳防止

です。


バストというのは、年齢とともに大胸筋が衰えるため、「垂れる」

バストの下垂を防ぐために、スポーツジムで大胸筋を鍛えるのは、非常に効果的です。



▼バストの「垂れ防止」と、「バストアップ」は、基本的には別物です。

スポーツジムは、「垂れ防止」

そして「バストアップ」は、女性ホルモンの増加と体脂肪率の増加によると、私のバストアップ理論では考えているわけです。



▼ですから、胸を大きくしたいなら、スポーツジムで大胸筋の筋トレをするのではなく、


「睡眠時間を長くする」

「バストアップサプリを継続して使う」

「食事量を少し増やす」

「ストレス解消の趣味をなるべく増やす」



スポーツジムよりも、これらの方が、バストアップには効果があると、私は考えます。

私自身が、スポーツジムよりも、上述したようなことを習慣にすることによって、バストアップした経験があります。



▼とは言え、スポーツジムは体を引き締めたり、健康を増進させるには非常に効果があります。

私もスポーツジムには行きますが、それはバストアップのためではなく、健康のためです。

ですから、胸を大きくしたいなら、スポーツジムで筋トレというのは、少し方向が違うということになるのかなと。



▼勘違いしやすい部分として、

「スポーツジム=美しいスタイル=バストアップ」

みたいな式を、思い描いてしまいがち。


上述したように、私もスポーツジムには行きますので、ジムにいる女性が、平均的にみなさんスタイルが良いのは間違いないです。

いつも家でのんびりしている女性と、習慣的にスポーツジムでトレーニングしている女性。

やはりトレーニングしている女性の体は、引き締まっており、美しいオーラがあるケースが多いですね。

(※トレーニングしている女性の方が、胸が大きいという訳ではない。)



▼しかしながら、それとこれとは別問題。

私の持論ですが、

バストアップするためには、女性らしさを追求しなければならない

と考えています。



▼どういうことかというと、バストアップさせるには「女性ホルモンのエストロゲン」が必要不可欠です。

そして、このエストロゲンを分泌させるためには、「女性らしい生活」をすることが効果的であると、私の経験では思うわけです。



▼逆に、「男性らしい生活」は、女性ホルモンを減らしてしまう気がする。

男性らしさというのは、男性ホルモンのアンドロゲンの増加であり、その先にバストアップはありません。



▼そう考えてみると、

「スポーツジムは、男性らしい生活」

だと私は思うわけです。


激しい運動や、ストイックな筋トレは、「交感神経」を優位にする。

その結果、女性ホルモンを減少させてしまうことがあるのではないかと。



▼スポーツジムにいる女性はスタイルが良いわけですが、それは「メリハリがある体つき」という印象です。

女性らしい曲線美と言うよりは、どちらかというと、男性らしい機能美、という印象なのですね。

無駄な贅肉がない分、胸が大きく見えますが、実際のところは、トレーニングしてない女性の方が胸が大きかったりします。



▼ということで本日は、スポーツジムとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「スポーツジムに行っても、バストアップするわけではない」

「ただ、大胸筋を鍛えることによって、バストの垂れを予防することはできる」

「しかし、激しい運動をしすぎると、女性ホルモンが減少して、バストダウンに繋がるリスクもあるので、運動のしすぎは要注意」



こんな感じで、私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



運動するよりダラダラした方がバストアップする?


▼スポーツジムとバストアップの関係についての考察を続けます。

スポーツジムで行う運動は、大きく分けて2つ。

有酸素運動と無酸素運動です。



▼この2つは、どちらも直接的なバストアップ効果はないと私は考えます。

体を引き締める効果はあるけど、胸が大きくなるということはないと思う。

というかむしろ、この2つの運動はバストダウンのリスクがあるような気がする。



▼特に、有酸素運動。

ルームランナーだったり、エアロバイクだったり。

このような有酸素運動は、ダイエットには最適です。

しかし、バストアップというのはダイエットとは対極にあるので、そう考えるとやはり逆効果かと。



▼しかも、ルームランナーの場合、ウォーキングしたり走ったりします。

これをやる時に、スポーツブラなどでしっかりとバストを固定してやらないと、胸が揺れてしまいバストダウンにつながると思うわけです。
(経験談)


▼私はいつも、運動する女性はスポーツブラで必ずバストを固定した方がいいとアドバイスします。

テレビを見ていても、巨乳タレントさんが走ったりするときは、スポーツブラやサラシを巻いて運動するとか。

それくらいバストを揺らす事は良くないことであり、胸を大きくしたいなら、激しい運動で胸を揺らさない方がいい。



▼また、上述した通り、有酸素運動であれ無酸素運動であれ、激しい運動は女性ホルモンを減らして、男性ホルモンを増やす気がする。

そう考えると、バストアップに大切な事は「たくさん食べて、ゆっくりすること」なのかなと。

ちょっと怠け者にも見えますが、胸を大きくするにはこちらの方が有効のような気がするわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ