胸痩せしないダイエット方法~胸が小さくならない痩せ方。運動?サプリ?食事制限は逆効果

胸痩せしないダイエット方法


▼「ダイエットしたいのですが、バストは小さくしたくありません」

というお悩みをいただいたので、本日は、ダイエットとバストダウンについて書いてみたいと思います。

ダイエット2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ダイエットすれば、多かれ少なかれ胸は小さくなる」

「このような胸痩せを最小限に抑えるには、女性ホルモンを増やしながらのダイエットしかないと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



まず、ダイエットすると、必然的に胸は小さくなります。

なぜかというと

「ダイエットとは、脂肪を燃焼させることである」

「バストアップとは、胸の脂肪を増やすことである」



つまりダイエットとバストアップは、相反するものだと思うからです。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼ダイエットをすれば、胸は小さくなる。

バストアップさせようと思えば、体脂肪率は増える。

つまり、ダイエットとバストアップはトレードオフ。

シーソーのようなもので、どちらかが上がれば、どちらかが下がる。

そのような性質があると、私は思うわけです。



▼では、胸を小さくしないようにダイエットすることはできないのか?

かなり難しいのですが、

「なるべくバストダウンしないようにダイエットすることはできる」と思います。



▼どうすればいいかというと、

女性ホルモンを増やしながらダイエットする

というやり方が効果的だと私は考えています。



▼バストサイズというのは、脂肪分と女性ホルモンの量によって左右される印象。

ダイエットすると胸が小さくなってしまうのは、ダイエットによって脂肪分と、女性ホルモンの両方が減少するからだと思うわけです。



▼女性の身体は、脂肪分が多いと、女性ホルモンもたくさん分泌されるようにできています。

ですから、ダイエットすると物理的に脂肪分が減ってバストダウンするだけでなく、脂肪分が減少することによって、分泌される女性ホルモンも減少してしまうと思うわけです。


このダブルパンチによって、ダイエットはバストダウンを招いてしまうように思う。



▼なので、胸を小さくしないようにダイエットするためには、体脂肪は減っても「女性ホルモンだけはキープ」しなければなりません。

女性ホルモンを増やすためには、


・睡眠時間を増やす

・ストレスを減らす

・バストアップサプリを使う

・リラックスする時間を長くする



私の経験上では、この辺が、女性ホルモンを増やすのに効果的な生活習慣かなと。



▼中でも「睡眠時間を増やす」と、女性ホルモンを減らさないようにダイエットすることが可能になります。

たくさん眠ると、食欲が減少します。

寝不足だとたくさん食べたくなります。

なので、無理のないダイエットには、「長めの睡眠」が効果的。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼また「バストアップサプリ」には、女性ホルモンが増えたのと同様の効果がありますので、女性ホルモンを減らさずにダイエットを進めることが可能です。

これによって、胸を小さくすることなく、ダイエットを成功させることができるようになる。



▼ちなみに、「激しい運動」はオススメしません。

激しい運動は、ダイエットにもバストアップにも、マイナスの効果が出てしまうような。


ダイエットは運動すれば良いと考えがちですが、実は運動をしてもほとんど痩せません。

ダイエットは、「基礎代謝」を上げなければ、なかなかうまくいかないと思うからです。



▼ちなみに、私の経験上、「やってはならないダイエット方法」を書いてみます。


・大豆製品ばかり食べる

・キャベツばかり食べる

・白いご飯を減らす

・置き換えダイエット



はい。
この辺のダイエット方法は、やめた方が良いかと思います。
(経験談)

高確率で、「バストダウン」します。



▼「大豆製品」は、大豆イソフラボンのパワーで胸が大きくなるというのが定説ですが、大豆製品を増やすことによって、「炭水化物と脂質」の摂取量が減ってしまうと、高確率でバストダウンします。

私はこのパターンで、一時的にバストダウンしたことがあります。



▼また、「キャベツばかり食べる」というのも同様です。

キャベツには「ボロン」という女性ホルモン様物質が豊富に含まれているので、キャベツを食べれば胸が大きくなると思っている人も多いのですが、基本的にキャベツを食べても、胸は大きくなりません。

というか、バストダウンする可能性の方が高いかと。
(これも経験談)


▼別の記事でも書きましたが、キャベツで胸を大きくするためには、「生でキャベツを食べる」必要があります。

加熱すると、ボロンが消えてしまうからですね。


しかしながら、生のキャベツをたくさん食べると、「お腹がいっぱいになってしまう!」

その結果、他に食べなければならないご飯を食べられず、体脂肪が減少してバストダウンするという流れです。



▼基本的に、「ダイエットしたら胸が小さくなる」わけです。

だから、胸を小さくしたくない人は、ダイエットしない方が良いと思う。


どうしても少し体重を落としたい場合は、

食事のバランスを変えずに、全体の量を少しだけ減らす

のが良いかと思います。


くれぐれも、キャベツばかり食べるとか極端なことをやらないように。

私のように、バストダウンを招くことになります。



▼ということで本日は、胸痩せしないダイエット方法について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「基本的に、ダイエットしたら胸は小さくなってしまう」

「だから、胸を小さくしたくない人は、ダイエットしない方が良い」

「バストアップサプリを併用しながらの、軽いダイエットなら、バストサイズを維持できる」

「キャベツばかりとか、大豆製品ばかりのダイエットは、バストダウンを招く」



こんな感じで私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



胸痩せしないダイエットの裏ワザ


▼胸痩せしないダイエット方法についての考察を続けます。

ここまでの流れを簡単にまとめると、

「要するに、バストというのは90%が脂肪でできているため、ダイエットして体脂肪を減らすと、当然胸も小さくなる」

と、私ミムラは考えるわけです。



▼そう考えると、胸痩せしないダイエットというのは、かなり難しい。

相反することをやろうとしているからです。

しかし不可能では無い。



▼なぜなら、バストサイズは体脂肪率だけで決まるわけではないから。

そこにはもう1つの要件がある。

それが、「女性ホルモンのエストロゲン」です。



▼例えば、妊娠・出産すると、ほとんどの女性は胸が大きくなります。

たとえ体脂肪率が低い女性であっても、胸が大きくなります。

という事は、体脂肪率を下げたとしても、女性ホルモンのエストロゲン分泌量が増えれば、胸痩せしないダイエットが可能になるのではないか?



▼要は、女性ホルモンを減らさないようにダイエットすればいい。

上述した通り、体脂肪が減ると、それに伴ってエストロゲンの分泌量も減るように思います。

これを人為的に歪めたい。

体脂肪を減らしながらも、エストロゲンは減らさない。

これができれば、胸痩せのリスクを最小限にできると思うわけです。



▼そこで最も効果的だと私が思うのが、「睡眠時間の延長」と「バストアップサプリ」です。

まずバストアップサプリは、女性ホルモンが増えたのと同様の効果を得ることができるので、ダイエット中にうまく活用できれば、バストダウンを抑制することができると思う。



▼次に、睡眠時間を長くすれば、ダイエットによる自律神経の緊張を防ぐことができるハズ。

睡眠時間を長くすることでリラックス状態をキープし、自律神経を副交感神経優位の状態にする。

そうすれば、エストロゲンの減少を最小限にし、胸痩せしないダイエットが可能になると思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ