胸の大きさは変わる~生理周期とバストサイズの関係。胸のサイズは変化する。女性ホルモン

胸の大きさは変わる


▼「胸の大きさは生まれつきで、変わらないのでしょうか?」

というご質問をいただいたので、本日は、バストサイズの変化について書いてみたいと思います。

山



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「胸の大きさは、年齢の変化や、生活習慣の変化によって、いくらでも変わると思う」

「バストサイズが変わるポイントは、①体脂肪率の変動と、②女性ホルモンのエストロゲン分泌量変動。この2つだと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼私の経験から言えば、

バストサイズは当然、変化します

そしてそのバストサイズの変化は「短期的な変化」と「長期的な変化」があります。

どういうことかと言うと、短期的な変化というのは、例えば「生理周期によるバストサイズの変化」ですね。



▼女性は生理周期によって、女性ホルモンの分泌量がかなり変化します。

それに伴って、胸の大きさもまた、大きくなったり小さくなったりするわけです。
(多少ですが。)

これが短期的なバストサイズの変化の、代表的なものですね。



▼このような短期的な変化は、女性ホルモンの分泌バランスの影響なので、特に気にする必要はないでしょう。

大切な事は、長期的なバストサイズの変化です。

つまり、バストアップするか、バストダウンするか、という変化ですね。



▼女性である以上、バストダウンはしたくない。バストアップしたい。

ならば、どうすれば良いか?


これは私がいつも書いているように、

女性ホルモンの増加と、体脂肪率の増加

この2つがポイントになると思う。
(あくまで私ミムラの自説です)



▼胸の大きさは遺伝的な要素もありますが、私が今までバストアップに関する情報を集めて、色々な事を自分の体で実験した経験で言えば、

バストサイズは遺伝だけでは決まらない

と、感じます。

私自身もまた、貧乳を脱出しています。



▼確かに、遺伝的な要素で、胸が大きくなりやすい人と、なりにくい人がいます。

でもそれは、胸の大きさ「そのもの」が決まっているのではなく、


・太りやすさ

・基礎代謝の高低

・性格的にカリカリしているか?ゆったりしているか?

・睡眠の長さの習慣

・食の細さ



このような要素が、親から受け継がれるため、そういう意味では、バストサイズは遺伝性もあると言えるわけです。



▼ちょっとややこしい話になってしまいましたが、要するに、

バストサイズは正しい努力さえすれば、大きくすることが可能

ということです。

私ミムラはそう考えています。



▼私自身も、胸が小さくて悩んでいた頃は、遺伝だから仕方ないのかな?と考えたこともありました。

が、バストアップに関する正しい情報を集めて、自分自身が少しずつバストアップしていくにつれて、

「バストサイズは遺伝ではない」と思うようになりました。



▼さて、先ほど言及した「生理周期によって胸の大きさが変化する」という点。

これは、生理周期によって、女性ホルモンの量が変化することに起因しています。

ということは?

「女性ホルモンが増えれば、胸は大きくなる」ということなのではないか?

だからこそ、女性ホルモンが増えるような生活習慣を身につけることが、バストアップには効果的だと思うわけです。


尚、痩せすぎている女性は、少し、今よりも体脂肪率をアップさせることも重要です。



▼胸の大きさは「変わります」

バストサイズは、女性ホルモン分泌量が変化すれば変わる。

体脂肪率が変化すれば変わる。



ゆえに遺伝的要素による影響は、私の感覚では、それほど大きくないと感じています。



▼大切な事は、「どのような生活を毎日送るか?」ということです。
(=生活習慣)

バストアップサプリの使用も含め、バストアップにプラスになるような生活習慣を身につけていきましょう。

胸の大きさは遺伝ではなく、努力によって変えることができます。



▼以前に、別の記事でも書きましたが、日本人女性のバストサイズは、昭和の時代より、ずっと大きくなっています。
(平均的な話です。)

これは、昭和の時代よりも現代人の方が、食事が豊富にあり栄養をしっかり摂取しているからだと思われます。

もし、胸の大きさがすべて遺伝で決まってしまうなら、このような変化はなかったはずです。



▼つまり、

「女性ホルモンの分泌量が変われば、胸の大きさも変わる」

「食事が変われば、胸の大きさも変わる」


こういう事だと、私は思うわけです。



▼ちなみに私ミムラの場合、貧乳から脱出するまで、少し時間がかかりました。

私は、自分で試行錯誤しながらいろいろと試したので、ちょっと余計な時間がかかってしまったわけです。

当ブログを見ていただければ分かりますが、自分の体でいろいろと試してみたので、効果がない施策もたくさんありました。



▼そんな回り道だらけの私でも、最終的には、

「バストアップは、女性ホルモンと、体脂肪だ」

というところにたどり着き、貧乳から抜け出しました。



▼バストアップというのは、「生活習慣を変えなければならない」

これは超面倒です。

だから、多くの女性は、「胸の大きさは変わらないんだ!」と言い訳して、逃げてしまう。

でも、逃げたら、本当に胸の大きさは変わらないと思います。

逃げなければ変わります。



▼ということで本日は、バストサイズは変わるのか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「胸の大きさは、自分次第で変わる」

「遺伝的な要素はあるけど、生活習慣の方がはるかに重要」

「胸の大きさを変えるには、女性ホルモンの分泌量と、体脂肪量を変える必要がある」



私はこのように考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



胸の大きさを変えるためのポイントは体脂肪率


▼胸の大きさは変わるか?についての考察を続けます。

ここまで書いてきた通り、胸の大きさはいくらでも変わると私は考えます。

身長を伸ばす事は出来ないけど、バストサイズを変える事は、ある程度はできると思う。



▼そのために最も効果的な施策として、「体脂肪率を増やす」と言うものがあると思うわけです。

シンプルに書けば、体脂肪が増えればバストサイズも大きくなる。体脂肪が減ればバストダウンする。

基本的にはこのようになりやすいのではないか?



▼いつも思うんですが、貧乳に悩んでいる女性は痩せ型でガリガリの人が多い印象です。

私自身もまた、子供の頃から痩せ型で、太れないタイプでした。

そして思春期になっても、なかなか胸が大きくならず、ずっと悩んでいたわけです。



▼このような痩せ型の女性でも、体脂肪さえ増やすことができれば、バストアップサプリとの相乗効果で胸を大きくすることが可能です。

ただ、痩せ型の女性は、体脂肪率がなかなか上がらないんですね。

つまり太れない。

たくさん食べられない上に、食べても吸収されないので、太らない。

このタイプは本当に貧乳に悩むことが多いです。私も含めて。



▼なので、胸の大きさを変えるためには、まずなんと言っても「食事を変える」

もっと言えば「食事量を増やす」

ということが重要だと思うわけです。



▼最初のうちは、食事量を増やしたり、間食を増やしたりしても、なかなか体重は増えません。

しかし、これはいわゆる「逆ダイエット」

ダイエットに「停滞期」があるのと同じように、体重を増やすのにも停滞期があると思う。


だから、体脂肪を増やしてバストアップさせるのは、ある程度、長期戦を考えなければなりません。

少しずつ食事量を増やしていけば、少しずつ体脂肪が増えてきて、少しずつ胸が大きくなっていくというイメージです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ