太っているのに胸がない原因と理由~肥満体型とバストアップ。体脂肪が多いと胸が大きくなりやすい

太っているのに胸がない原因と理由


▼『そんなに痩せているわけでもないのに、胸が小さいです。原因わかりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、太っているのに胸がない理由について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

太る5


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「太っているのに胸がない原因は、女性ホルモンのエストロゲン不足だと思う(仮説)」

「原因がシンプルなだけに、太っている女性の貧乳は、改善しやすい印象」

「改善のポイントは、①睡眠時間を長くすること ②のんびり過ごす時間を増やすこと ③バストアップサプリを使うこと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼いつも書いている通り、私が思うバストアップに重要なポイントは、

「栄養」と「女性ホルモン」です。


ですから、「太っている女性」というのは、非常にバストアップしやすい条件が揃っている。

と、私は考えているわけです。



▼ガリガリの女性は、体脂肪率が低すぎるため、バストに脂肪を回すことができません。

だから痩せている女性は、胸が小さくなりやすい。
(過去のわたし)

逆に、太っている女性は、胸が大きくなりやすい「土台」は、あるわけです。



▼ですが、「太っているのに胸が小さい」というのはどういうことなのか?

私の経験談で書きます。

これは多くの場合、

女性ホルモンのエストロゲンが不足している」ことが多い印象です。


上述したように、バストアップに必要な要素は、「栄養」と「女性ホルモン」

どちらが欠けてもバストアップは難しくなると思う。



▼ですから、太っている女性、すなわち体脂肪がしっかりある女性が、胸が小さいとしたら、

女性ホルモンの不足

の確率が高いと思うわけです。


そして、「痩せている人の貧乳」と、「太っている人の貧乳」は、対策の仕方が違ってくると、私は考えます。
(あくまで私ミムラの経験談です)



私の感覚では、「太っているのに胸がない」と言う女性の方が、バストアップはしやすいかと思います。

なぜなら、すでに体脂肪は足りているからです。


体脂肪がある女性は、バストアップできる土台はある。

あとは女性ホルモンのエストロゲンを増やせばよい。



▼女性ホルモンのエストロゲンを増やすには、いくつかのやり方があります。

大きく分けると、

生活習慣の改善」と「バストアップサプリ」ですね。

非常にシンプルです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼生活習慣を変えることによって、男性ホルモンを減らして、女性ホルモンを増やすことができます。

このやり方については、当ブログの他の記事でもいろいろと書いていますので、参考にしてみてください。


生活習慣だけで女性ホルモン(エストロゲン)を増やすための、代表的な方法を言えば、

「睡眠時間を長くする」

「イライラする要素を排除する(ストレスは女性ホルモンを減らしてしまうから)」


このあたりが代表的かと。



▼ただ、生活習慣の改善「だけ」で、ホルモンバランスを変えるというのは、少し時間がかかってしまいます。
(私の経験では、数ヶ月~数年単位でかかる)

ですから、生活習慣を変えながらも、「バストアップサプリ」を同時に使っていくことが、胸を大きくするための、ひとつのコツ。



▼効果的なバストアップサプリメントには、「プエラリアミリフィカ」などの、女性ホルモンとそっくりな働きをする成分が豊富に含まれています。

ですから、バストアップサプリを使うことによって、短期間で女性ホルモンが増加したのと同じ効果を得ることができるわけです。



私が思うに、バストアップサプリは、「太っているのに胸が小さい」と言う人にこそ、最適だと思う。

例えば、私の場合は痩せ型なので、バストアップサプリを使いながら、食事も変化させる必要がありました。

だから、やらなければならないことが多く、色々と大変だったんですが、すでに体脂肪がしっかりとある女性の場合は、バストアップサプリだけでも胸が大きくなる可能性は高い。



また、「ある程度、体脂肪がある女性」は、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されやすい体質になっている。

体脂肪が少ない私のようなタイプは、単純に脂肪が少ないから胸が小さいというだけでなく、「体脂肪が少ないと女性ホルモンも分泌されにくい」と感じます。


なので、太っている女性や、ある程度、体脂肪がある女性は、サプリや生活習慣の工夫によって、エストロゲンを増加させるのが比較的容易であると思われます。



▼ちなみに、

「太っているのに、胸が小さい」とか、

「太っているのに、貧乳」

というタイプは、


「食事は今のままでも大丈夫」

かなと、私は考えます。



▼バストアップにおいて、食事を改善しなければならない人は、「痩せすぎの女性」だと思う。
(あくまで私ミムラの仮説です)

私自身がそのタイプですが、痩せすぎの女性はバストアップしにくいから、食事を改善しなければならない。
(体脂肪を増やす必要があるので。)

しかし、すでにある程度太っている女性は、体脂肪は足りているので、食事は今のままでも問題ないかと思います。

逆に、自己流でダイエットなどしてしまうと、体脂肪が減ってしまいバストダウンのリスクがあるので、ダイエットはしない方が良いです。



▼ということで本日は、太っているのに胸がない原因について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「太っているのに胸がない原因は、女性ホルモンのエストロゲンが不足している可能性が高い」

「太っている女性は、バストアップサプリの効果が出やすいので、痩せている女性よりサプリで胸が大きくなりやすい」

「太っている女性が、エストロゲンを増やすには、長く眠る事と、自分にあったバストアップサプリを使うことが効果的と思われる」



以上、私の経験に基づく考えを書いてみました。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



太っているのに胸が小さい時の対処法


▼太っているのに胸がない原因についての考察を続けます。

私ミムラは、このようなバストアップブログを長年運営しているので、多くの貧乳女性の声を聞きます。

そんな中で思うことは、「胸が小さい女性は、その多くが痩せ型である」ということです。



▼貧乳に悩む女性は痩せている女性が多い。

私自身もそうでした。

痩せている女性は体脂肪率が低いので、必然的にバストの脂肪も少なくなり貧乳になりやすいわけです。



▼その点で言えば、「太っているのにバストサイズが小さい女性」というのは、ある意味レアケースだと思うわけです。

普通は、体脂肪が増えれば、それに比例して女性ホルモンも増えやすくなるし、胸も大きくなりやすくなる。

でも「太っているのに胸だけ小さい」というのは、珍しい。



▼この原因を考えるに、かなり特殊な体質の人を除いては、「太っているのに、胸が小さいのは女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少ないから」と思うわけです。

そしてその原因は、主に生活習慣にある印象。



▼先ほども書きましたが、「寝不足」

睡眠不足は交感神経を刺激して、ホルモンバランスを乱す。

寝不足は女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが増えやすくなる気がする。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼あるいは仕事のストレス。

慢性的に強いストレスがかかり続けると、これも自律神経のバランスが乱れ、女性ホルモンが減少すると思うわけです。
(経験談)


▼なので、太っていて体脂肪があるのに胸だけ小さいという女性は、まず自律神経を調整すること。

寝不足を避けること。ストレスを避けること。

まずここを改善して自律神経が整えば、少しずつ女性ホルモンのエストロゲンが増え、胸も大きくなりやすくなると思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ