痩せすぎの女性はバストアップできない?体脂肪が少ないと胸が小さくなる?

痩せすぎの女性はバストアップできない?


▼『痩せ型なんですが、貧乳と関係ありますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、痩せすぎの女性はバストアップできないか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

痩せる


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「痩せすぎの女性はバストアップしにくいと思う」

「バストはほとんど脂肪でできているので、体の中に余分な脂肪が多い方が、胸も大きくなりやすい印象」

「また、体脂肪率が低くなりすぎると、女性ホルモン=エストロゲンの分泌量も減少する気がする」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼当ブログではいつも書いていますが、最近の女性は本当に「細い」です。

昔と比べて、スタイルの良い女性が増えました。


しかしその一方で、胸が小さくて悩んでいる女性もまた増加している印象。
(ミムラ調べ)

これは、痩せ過ぎの女性が増加しているのと無関係ではないと、私は考えています。



▼バストアップに関する試行錯誤を、今まで何年も続けてきた私の経験談で、本日も書きます。

ぶっちゃけ、痩せすぎの女性は、バストアップしにくいと思う


痩せすぎの女性が、バストアップしにくい理由は、まずバストというのは、90パーセントが脂肪でできているからです。

つまり体脂肪が少なすぎると、バストに回したい脂肪分が足りず、なかなか胸が大きくならないと思うわけ。



▼それから、体脂肪率が低すぎる女性の場合、体を温めてくれる脂肪が足りないため、

冷え性

になりやすくなります。

寒い



▼身体は、体温が下がると機能が低下します。

特に女性の場合は、「卵巣」というバストアップに超重要な器官があるのですが、冷え性になるとこの卵巣の機能が低下します。


卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの分泌量も減少する。

バストアップは、「女性ホルモンを増やす」ことが最大のポイントになるため、冷え性によって女性ホルモンの分泌量が減少すれば、バストアップは難しくなってしまうと思うわけです。
(あくまで私ミムラの仮説です)



▼「やせすぎ→ 脂肪が少ない→ 体を温められない→ 冷え性になる→ 卵巣の機能が低下する→ 貧乳になる

というデフレスパイラル。悪循環ですね。

痩せすぎの女性や、ガリガリの女性が、なかなかバストアップできなかったり、貧乳に悩んでいるのはこのような理由によるのではないか?

と、私は考えます。



▼ですからバストアップを達成するためには、ある程度、標準的な体脂肪率にする必要があると思う。

現代女性は、ガリガリである事に強い美意識を持つ人が多いわけですが、周りから見ていると、ガリガリの女性よりも標準的な、ふくよかな体形の女性のほうが魅力的だったりする。


体質的に、なかなか太れない女性もいるかとは思いますが、痩せすぎの場合や、体脂肪率が低過ぎる場合は、胸が小さくなってしまうリスクが高まるので、意識的に、少し食事の量を増やしたり、運動の量を増やしたりするとバストアップしやすくなると思います。
(経験談)


▼ちなみに、スポーツジムなどで、「有酸素運動」をすると、すごくお腹がすきますので、ナチュラルに体脂肪率を増やすことができます。

運動不足だと、どうしても食欲が沸かず、ご飯があまり食べられないことが多いですよね。

私もそうでした。



▼注意点として、「お腹が空いた状態で運動しないこと」

お腹が空いた状態で運動すると、体脂肪が燃焼してしまい、逆にバストダウンします。
(これも経験談)


▼しっかり運動して、しっかり食べて、しっかり眠る。

このような当たり前の生活習慣が、バストアップにつながり、魅力的なスタイルとなっていくわけです。

そして生活習慣の改善に加えて、効果的なバストアップサプリを使えば、短期間でのバストアップも可能になると思います。



▼さて、以前にも別の記事で書きましたが、

体脂肪と、女性ホルモンには、密接な関係があるような気がする


つまり、

体脂肪が少ない女性は、女性ホルモンも少なくなる

ような気がするわけです。
(あくまで私ミムラの仮説です)



▼私の考えでは、「女性ホルモンと体脂肪は、相互に影響し合う気がする」

なので、

「女性ホルモンが少ないと、体脂肪も少なくなる」

「体脂肪が少ないと、女性ホルモン(エストロゲン)も少なくなる」


ような気がするわけです。



▼このような観点からも、痩せすぎの女性、すなわち体脂肪の少ない女性は、女性ホルモン=エストロゲンの分泌量が少なくなるため、さらにバストアップしにくくなるという、「悪循環」に陥るのではないかと思うわけです。


私自身が、その悪循環にハマっていました。

私の場合は、「ダイエットとバストアップを同時にやる」という失敗を、自分で意識できていなかったので、悪循環となりました。



▼私が、貧乳から脱出したときに意識した事は、

女性ホルモンを増やすことと、体脂肪を増やすこと」でした。


つまり、

今までよりも少しだけ多く食べて、よく眠って、効果的なバストアップサプリを使う

という事をベースにして、生活習慣を改善させたところ、少しずつ、バストアップの効果が出てきたという感じです。



▼バストは、そのほとんどが「脂肪」で構成されているので、体脂肪がないと、物理的にバストダウンする。

そしてそれだけではなく、体脂肪がないと女性ホルモン=エストロゲンも減少して、乳腺の発達も妨げる。


このような、ダブルのマイナス効果によって、痩せすぎの女性は、「貧乳スパイラル」に、陥ってしまうのではないか?

と、思うわけです。



▼ということで本日は、痩せすぎとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

体脂肪率が、「20%以下」の女性は、意識的に体脂肪を増やすことを考えると、バストアップがスムーズに進むと思います。


体脂肪を増やしやすい食事は、私の考えでは、「白いご飯」です。

「糖質」は、体脂肪を増やすのにかなり重要だと、私は思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



体脂肪率とバストサイズの関係


▼痩せている女性とバストサイズについての考察を続けます。

私が見たところ、バストサイズと体脂肪率は、基本的に比例する気がする。

痩せている女性ほど胸が小さく、太ってる女性ほど胸が大きい。

そのような傾向だと思うわけです。



▼もちろん、痩せているのに巨乳とか、太っているのに胸だけ小さい、という女性もいます。

でもそれは少数派だと思うわけです。

全体の傾向を考えると、体脂肪率とバストサイズは比例しやすいのかなと。



▼そう考えると、バストアップ活動の第一歩は、「体脂肪を増やすこと」なのではないか?

太るというと、ほぼすべての女性が嫌悪感を示します。

太る事は魅力がダウンすることだと思っている。

これは、マスメディアなどが洗脳している結果でもあると思います。



▼「太るのは嫌だけど、胸が小さいのも嫌だ!」と、思ってる女性はとても多いです。

でもこの2つは相反する気がする。

頑張れば両立できますが、最初から2つ同時に狙うと、二兎を追う者は一兎をも得ず、ということになります。
(経験談)


▼なので、私ミムラのオススメは、「まず先にバストアップを成功させて、それから少しずつ体脂肪を減らす」

この流れがベターかと思います。

先にダイエットしてガリガリになってしまうと、胸を大きくするのは困難なので、先にバストアップさせた方がいいと思いますね。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ