柔軟体操やストレッチでバストアップするか?大胸筋や肩周りの筋肉と血行改善。胸が大きくなる体操効果

柔軟体操やストレッチでバストアップするか?


▼『柔軟体操などで、体を柔らかくした方がバストアップしやすいですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、柔軟体操やストレッチでバストアップするか?について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

柔軟体操


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「柔軟体操やストレッチをしても、直接的なバストアップ効果はないと思う」

「ただ、冷え性で血流が悪い女性は、ストレッチをすることで血行が良くなり、間接的にバストアップにつながっていくことはあり得る」

「また、ストレッチによるリラックス効果は副交感神経を優位にし、女性ホルモンが増える可能性はある」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップ方法のうち、「バストアップ体操」や「ストレッチ」は、なぜか非常に人気があります。

お金をかけずに手軽にできるという点が、人気になりやすい秘密かもしれません。

では、体操やストレッチをすると胸は大きくなるのか?



▼私の経験から言えば、体操やストレッチというのは、あくまでも「補助的なもの」という感覚です。

体操やストレッチをすれば、全身の筋肉がほぐれることによって、血行が良くなり、バストへの栄養供給もスムーズになります。

しかし、それと実際にバストアップするかどうかは、また別問題と言えます。



▼当ブログでは、もう何回書いたかわからないくらい「バストアップは女性ホルモンと体脂肪」と書いてきました。

では、体操やストレッチで、女性ホルモンと体脂肪は増えるのか?


そう考えると、バストアップのためにまず土台となるのは、体操やストレッチ「ではない」と考えます。

この辺は、私ミムラの持論なので、いろいろな人の意見はあるかと思いますが、私自身は体操やストレッチだけでは、バストアップしませんでした。



▼バストアップへの道というのは、


・土台(優先) = 女性ホルモンと体脂肪増加。そして睡眠

・補助的なもの(二の次) = 体操やストレッチ。ストレス解消。体を温める。大豆製品など



私の経験上では、バストアップは上記のような優先順位でやるとスムーズに行きやすいと感じる。



▼ただ、これらの施策には、個人差があります。

なぜ個人差があるかというと

胸が小さい原因が、人それぞれ違うから」です。



▼例えば、


「痩せすぎていて胸が小さい人」

「女性ホルモンの分泌が少なくて胸が小さい人」



この2人の場合、バストアップへの対処法が違ってくると思うわけです。



▼ただ、多くの女性の胸が小さい原因は、「両方」

なので、偏ったバストアップ対策ではなく、総合的なバストアップ対策が効果的になるわけです。


「睡眠時間を長くする」

「体脂肪率を少し上げる」

「バストアップサプリを使って女性ホルモンを増やす」



この辺を、私は推奨していますが、これらは総合的なバストアップ対策と言えます。



女性ホルモンを増やすことなく、体脂肪率も変わらず、という状態のままで、ストレッチやバストアップ体操だけをしていても、胸が大きくなる事はない。
(あくまで私ミムラの経験談です)


ごく稀に、血行障害で胸が小さい女性が、柔軟体操やストレッチでバストアップするケースもありますが、少数派と言えるでしょう。



▼ですので、私がお勧めするバストアップ方法としては

「偏らないこと」

「優先順位を明確にすること」



体操だけに偏らない。ストレッチだけに偏らない。サプリだけに偏らない。

1つに偏ったやり方は、失敗の原因になってしまうからです。



▼それと同時に、「重要なことからやっていく」

上述したように、「体脂肪と女性ホルモンのエストロゲンが増える施策を優先する

のが良いと思います。



▼このように書くと、バストアップはなんだか面倒!と感じるかもしれませんが、これらはすべて「習慣」です。

人間は習慣になってしまえば、努力することなく自然と体が動くので、そこまでの辛抱という感じですね。

「偏らないバストアップ対策」を続けていけば、ほとんどの人がバストアップの効果を実感できると思います。



▼さて、柔軟体操やストレッチは、直接的なバストアップ効果はないんですが、補助的なバストアップ効果があります。

私が思うことは、

柔軟体操やストレッチは、精神的なリラックス効果があるので、副交感神経が活発になり、女性ホルモンを増やす

こんな作用がある気がします。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼私自身も、柔軟体操でバストアップさせようとは思っていませんが、一応、朝起きたら柔軟体操とストレッチを毎日やっています。

これはバストアップするからではなく健康のためですが、結果的にバストアップにも、少しは役立っているのかなと感じます。



▼柔軟体操をしたり、深呼吸をしたりすると、自律神経が調整される。

ストレスにさらされている私たち現代女性は、交感神経が優位になりがちなんですが、毎朝の柔軟体操とストレッチの時間で、自律神経が副交感神経優位に調整されていく気がします。



▼これらは目に見えるものでは無いけれど、

「ストレッチをすると、気持ちが良い」

と感じるなら、それはリラックス効果があるということになり、女性ホルモンの増加、ひいてはバストアップへと繋がっていくと思うわけです。



▼ということで本日は、柔軟体操やストレッチでバストアップするか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「柔軟体操やストレッチだけでは、バストアップしない」

「しかし、柔軟体操をすることで血行が良くなって、間接的にバストアップにつながることがある」

「また、柔軟体操でリラックス効果を得ることができれば、自律神経が調整されて、女性ホルモンの増加につながることもある」



こんな感じで考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



柔軟体操と胃腸の働きの関係


▼柔軟体操とバストアップの関係についての考察を続けます。

体が硬い女性は、内臓の機能が衰える傾向にあります。

簡単に言えば、胃腸の機能が低下する。

これは、バストアップを考えるにあたって、少し問題があるわけです。



▼いつも書いている通り、胸を大きくするためには、体脂肪を増やさなければならないと思う。

体脂肪が少ないと女性ホルモンの分泌量も減ると思うからです。

そう考えると、「体が硬くて胃腸の機能が低下している女性」は、バストアップしにくいのではないか?



▼胃腸の機能が低下するということは、消化吸収がうまくいかないということでもある。

特に、吸収は重要。

せっかく体脂肪が増えやすい食事や、バストアップしやすい食事を摂っても、それがしっかり体に吸収されなければ何の意味もないわけです。



▼バストアップしにくい女性というのは、ここの部分がネックになっていることがある。

私もそうなんですが、食が細いだけでなく、「栄養の吸収率」が悪い。

それはつまり、食べてもその栄養が吸収されないということ。

その結果、体脂肪が増えず、なかなかバストアップがスムーズに進まないのではないか?



▼これを改善する1つの手段として、「柔軟体操」があるわけです。

体の筋肉をほぐし、正しい姿勢を作っていくことで、胃腸が活発に働き、食べたものがスムーズに消化吸収される。

このような正しい内臓の働きは、バストアップにメリットがあると思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ