きなこ牛乳・きなこ豆乳にバストアップ効果。便秘解消。大豆イソフラボン

きなこ牛乳・きなこ豆乳のバストアップ効果


▼『きな粉にも、バストアップ効果がありますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、きな粉とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

きな粉


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「きなこ牛乳や、きなこ豆乳には、大豆イソフラボンの女性ホルモン効果があるので、バストアップにつながると思う」

「ただし、きなこ牛乳を飲むことでお腹がいっぱいになってしまい、食事量が減るようだと本末転倒」

「いつもの食事に加えて、きなこ牛乳・きなこ豆乳をプラスする形なら、バストアップの成功率が上がる気がする」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼私が思う、胸を大きくするための飲み物として、牛乳や豆乳があります。

牛乳や豆乳には、脂肪分や各種の栄養が豊富に含まれており、バストを構成する細胞を作り出すのに、ベターな飲み物と言えます。

牛乳



▼ただし、牛乳や豆乳をガブガブ飲んでいれば、胸が大きくなるかと言われれば、そこまでの効果はないと、私は思います。

特に、牛乳より豆乳の方がバストアップ効果は高めですが、豆乳だけでバストアップさせようとすると、かなりの量を毎日飲まなければならないので結構、飽きます。

いや、ソートー飽きます。
(経験談)



▼そこで、ただ牛乳や豆乳を飲むのではなく、これに「ひと工夫」加えることで、飛躍的にバストアップ効果を高める方法があります。

それが本日のテーマ、「きなこ

です。

つまり、牛乳や豆乳に、きなこを入れて飲むわけですね。



▼きなこ牛乳、きなこ豆乳にすることによって、バストアップ効果が一気に高くなる印象。

きなこというのは、「大豆を粉にしたもの」ですから、大豆イソフラボンがたっぷりと含まれており、女性ホルモンの分泌を助けるとともに、大豆イソフラボンそのものが、女性ホルモン「エストロゲン」に類似した働きをするわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼要するに、きなこ牛乳や、きなこ豆乳を飲むことで、女性らしい体に変化していく可能性が高い。

具体的に言えば、美肌になったり、バストアップしたり、便秘が治ったりするわけです。
(経験談)



▼特に、「きなこ牛乳」の便秘解消効果は非常に高く、バストアップのためでなく、便秘解消のためにきな粉牛乳を飲んでいる人も多いです。

便秘は、あらゆる病気の引き金になると同時に、下腹部の内臓が圧迫されて血行が悪くなり、全身の血液の循環も悪くなるので、便秘をするとバストアップにも悪影響があるような。



▼そういう意味では、


・きなこの大豆イソフラボンパワー

・豆乳の大豆イソフラボンパワー

・牛乳や豆乳の栄養パワー

・便秘を解消することによる血行改善パワー



「きなこ牛乳・きなこ豆乳」は、これらの作用が複合的に絡み合って、バストアップという効果になるのかもしれません。



▼私の周りでも、きなこ牛乳を飲んで、バストサイズがワンサイズアップしたという人がいます。

きなこ牛乳には、なかなかのバストアップ効果があるように思う。


しかし、きな粉牛乳だけを飲んでいればオッケーというわけではなく、睡眠時間も重要だし、自分に合ったバストアップサプリを使うことも重要です。



▼あと、私の経験で言えば、「きなこ牛乳」よりも、「きなこ豆乳」の方が、バストアップ効果は高いような気がします。

きなこ牛乳の方が有名ですが、牛乳より豆乳の方が、大豆イソフラボンのパワーが加算されるので、バストアップしやすいように思います。

ただ、きなこ豆乳だと、味にクセがあるので、苦手な人はきなこ牛乳の方が無難。



▼ちなみに、牛乳を選ぶときには、「低脂肪牛乳」は、あまりオススメしません。

これもあくまでも私ミムラの経験からの意見ですが、

「バストアップを目指しているなら、低脂肪を選択する意味は、あまりない」と、私は考えています。


ダイエットするなら低脂肪牛乳でもいいんですが、バストアップするなら体脂肪を、ある程度、増やす必要があると私は考えている。

なので、低脂肪牛乳より、むしろカロリー高めの牛乳の方が、よいのではないか、と。
(あくまで私ミムラの意見です)



▼いずれの方法を取るにしても、バストアップの効果が出てくるまでには、2ヶ月くらいは平均でかかるので、最初はあせらずコツコツと続けていくことが大切です。


バストアップに失敗する人は、ほとんどが最初の1週間や2週間で、「効果がない!」とか言って諦めてしまう人です。

今まで積み重ねてきた生活習慣が、たったの1週間や2週間で改善されることはないです。

ですから、あせらずに少しずつ歩みを進めていく方が、結果的にバストアップには最短の道となると、私は感じています。



▼さて、ここまで「きなこ牛乳・きなこ豆乳」のバストアップ効果について言及してきましたが、注意点があります。

冒頭でも書いたとおり、

きなこ牛乳・きなこ豆乳ばかり飲んでいても、バストアップしない

という部分です。



▼要するに、牛乳や豆乳でお腹がいっぱいになって、肝心の「ごはん」がおろそかになってしまうと、体脂肪率のバランスが悪くなり、バストアップを阻害することになると思うわけです。
(これも経験談)


なので、「きなこ牛乳・きなこ豆乳」は、確かにバストアップ効果は高いけれど、あくまでも「補助食品」として考えること。

メインの食事をしっかりと食べないと、昔の私のように、バストアップに失敗します。



▼ちなみに、きなこ牛乳・きなこ豆乳の「作り方」を、質問されることもあるんですが、

コップに入れた牛乳(豆乳)に、スプーン1杯のきな粉と、砂糖を少々

私の場合は、こんな感じで、超適当に作っています。

要するに、美味しく飲めれば、作り方は何でも良いかと思います。



▼ということで本日は、きなこ牛乳・きなこ豆乳のバストアップ効果について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私が思うポイントとしては、

いつもの食事にプラスして、きなこ牛乳・きなこ豆乳を飲むこと

です。



▼逆に、やってはならないのが、「食事の代わりに、これらを飲むこと」です。

これをやると、多分、高確率でバストダウンします。


先ほども書きましたが、バストアップの土台は、あくまでも「食事」

きなこ牛乳・きなこ豆乳は、補助的な存在です。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



きなこ牛乳の注意点


▼きなこ牛乳・きなこ豆乳についての考察を続けます。

きなこを摂取する時の注意点として、「たまに、きなこで便秘になる人もいる」という部分です。

私自身も、どちらかというと、きなこは便秘になりやすい気がする。



▼食べ過ぎなければ問題ないんですが、私の体質的には、きなこだけでなく、大豆製品を食べ過ぎると便秘になりやすいような気がする。

納豆なども、栄養豊富でいいんですが、私の場合は納豆をたくさん食べると、お通じがイマイチになります。



▼このような体質の人の場合、きなこを食べ過ぎて便秘になってしまうと、全身の血流が悪化して、あまりバストアップ効果が得られない可能性もある。

なので、きなこ牛乳を飲むときは、自分の体調がどのように変化するか?便秘にならないか?

という事を、チェックしながら飲んでいくと良いかと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ