太れば胸は大きくなる?痩せすぎは貧乳の原因。体脂肪率が低いと胸が小さい。女性ホルモン

太れば胸は大きくなる?


▼「太ったら胸は大きくなりますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、太ることとバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

太る3


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「太れば胸が大きくなる可能性は高くなると思う。少なくとも、私の場合はそうだった」

「理由は、バストが脂肪でできているから。そして体脂肪は女性ホルモンの分泌量に関わりがあると思うから」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



バストアップに重要な事は、「女性ホルモンのエストロゲン」と「体脂肪」

このように、私は考えています。
(あくまで私ミムラの認識です)


胸が小さい女性というのは、この2つのうち、どちらかが欠けていることが多い。もしくは両方、欠けている印象。

ですから、胸を大きくしようと思うなら、「女性ホルモンと体脂肪を増やせばよい」と、私は自分の体験談から、そう考えています。



▼かなり大雑把に書きましたが、シンプルイズベスト。まずはシンプルに捉えてください。

女性ホルモンの増やし方としては、当ブログでも、いろいろと書いているように「生活習慣」を改善する必要があります。

例えば、たくさん眠るようにするとか、イライラしないとか、ストレスを溜めたままにしない、などですね。



▼ただ、生活習慣を改善するだけでは、バストアップさせるところまで女性ホルモンが増加するとは限らないので、最初だけでも「バストアップサプリ」の使用を推奨しているわけです。

私自身も、ある程度のバストサイズになった今も、定期的にバストアップサプリは使っています。
(ホルモンバランスが偏らないようにしている)



▼さて、バストアップのためには、生活習慣の改善とサプリの使用によって、できる限り「女性ホルモン」の分泌量を増やします。

そしてもう一つのポイントが「体脂肪率」です。


頑張って生活習慣を改善して、女性ホルモンのバランスを整えても、あなたの体に体脂肪が全くない状態であれば、バストアップさせることは極めて困難となります。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼なぜなら、バストは脂肪だから。

脂肪がないと、バストもない。

なので、「太れば胸は大きくなりますか?」というご質問に対して、私の考えとしては、「半分正解」ということになると思います。



▼なぜ半分?

それは、上述したように、胸を大きくするためには、体脂肪率だけでなく女性ホルモンが必要だからです。

だから、太るだけでは「半分正解」


基本的には、今よりも体脂肪率を増やせば、自然と胸も大きくなります。

ですが、単純に太るだけでは、プロポーションが悪くなってしまうので、女性ホルモンも同時に増やさなければなりません。



▼さて、私個人の意見としては、

太ったほうが、バストアップしやすい」と考えます。

その理由は、


1 体脂肪がないと、バストの脂肪もないから。

2 体脂肪が、女性ホルモンのエストロゲンを増やすから。



はい。

別の記事にも書きましたが、私の認識では、

体脂肪と女性ホルモンは、相互に関連性がある

と、考えています。
(ミムラ仮説)



つまり、体脂肪が増えれば、女性ホルモンも増えやすくなる。

逆に、女性ホルモンが増えれば、体脂肪も維持しやすくなる。


このように思うわけです。



▼当ブログをいつも読んでくださっている方はご存知の通り、「体脂肪」と「女性ホルモンのエストロゲン」こそが、バストアップのキーポイントだと、私ミムラは考えます。


そう考えた時に、「体脂肪を増やしたほうが、女性ホルモンのエストロゲンも増えやすい」とするならば、これはやはり「太ったほうがバストアップしやすい」ということになるのではないか?



▼単純に考えて、

「ガリガリの女性」



「ふくよかな女性」

は、どっちが胸が大きいと思いますか?

考えるまでもない。


例えば、戦後の日本人女性。

戦後は食料が不足していたので、女性達もAカップが多かったらしい。

でも現在は、食べ物には困らず、体格のしっかりした女性が増えたので、Aカップの女性は、全体的には減少している。


このことからも、「太ったほうが胸が大きくなる」と、言えるのでは?



▼ということで本日は、太れば胸は大きくなるか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


太れば、胸が大きくなる可能性は高い

と考えます。
(私自身も、バストアップさせるために、体脂肪を増やしました)



▼ただ、太れば胸は大きくなりますが、同時に女性ホルモンのバランスを整えるという事をしないと、ただのおデブちゃんになってしまう可能性もある。

美しいバストや、美しいプロポーションを手に入れるためには、「女性ホルモンのエストロゲン」が絶対に必要になります。

エストロゲンは、バストアップだけでなく肌も綺麗にするし、女性らしい体つきになっていくから。



バストアップサプリを飲んでも、胸が大きくならない!という人は、ご飯をしっかり食べて、

体脂肪率

を上げてみて下さい。

今までよりもバストアップサプリの効き目が、全然違ってくると思います。



逆に、しっかりと栄養をとっているのに胸が大きくならない人は、睡眠時間を長めにして、効果的なバストアップサプリを使って、

女性ホルモンのエストロゲンを増やす

ことを意識してみてください。


体脂肪が足りている女性の場合、女性ホルモンが増加すれば、かなりバストアップしやすくなるはずです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



体脂肪と女性ホルモンの関係


▼太るとバストアップするか?についての考察を続けます。

先ほども書きましたが、私の認識では、体脂肪と女性ホルモンには相関関係があると思う。

また、筋肉と男性ホルモンにも相関関係があると思うわけです。



▼バストアップというのは女性的な体つきにすることである。

そう考えれば、体脂肪と女性ホルモンを増やすことが、結果的にバストアップにつながっていくはず。

逆に言えば、筋肉と男性ホルモンを増やしてしまうと、バストダウンにつながってしまうのではないか?



▼基本的に、食事量の少ない女性は、交感神経優位なタイプが多い印象です。

つまり、ピリピリしていて神経が研ぎ澄まされている。

私もどちらかというとそっちのほうですが、このタイプは、バストアップに関してはあまり有利ではないと思うわけです。



▼交感神経が優位だと、女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが増える気がする。

交感神経というのは戦闘ホルモンなので、どちらかというと男性的だと思うわけです。

バストアップは女性的にならなければならない。

そのため、男性ホルモンが増えるような生活習慣は避けた方がいいわけです。



▼食事に関しては、少し多めに食べた方が、自律神経がバランスよく調整される気がする。

つまり、たくさん食べる人の方が「副交感神経優位」になり、女性っぽいスタイルになっていくと思うわけです。



▼少食だと神経が研ぎ澄まされる代わりにカリカリしてしまう。男性ホルモンが増えてしまうような気がする。

なので逆に、よく食べる女性の方が神経はおっとりしていて女性らしく、胸も大きくなりやすいように思うわけです。



▼物理的に体脂肪が多い方がバストの脂肪も多くなるので、胸は大きくなりやすい。

それと同時に、体脂肪は女性ホルモンの分泌量にも影響を及ぼす気がする。

なので胸を大きくしたいなら、少し太ったほうが有利に働くと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ