エストロゲンとプロゲステロンのバストアップ作用効果~女性ホルモンの働き

エストロゲンと、プロゲステロンのバストアップ作用


▼『なぜ女性ホルモンが、バストアップと関係するんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン(ゲスターゲン)について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

女性


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「女性ホルモンが減少すると、乳腺の発達が阻害されたり、乳腺まわりの脂肪がつきにくくなったりするので、バストダウンにつながると思う」

「女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあるが、私の見解では、バストアップはエストロゲンが重要だと思う」

「女性ホルモンを増やすには、睡眠を長くする・体脂肪を増やす・サプリを使う。この3つが効果的だと私は考えている」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼バストアップさせるためには、女性ホルモンを増やす必要があります。

妊娠すると女性は胸が大きくなる。これは女性ホルモンが増加するからだと思う。

女性ホルモンは、「雌性(しせい)ホルモン」とも呼ばれます。



女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、ゲスターゲン(黄体ホルモン)の、2種類があります。

どちらもバストアップに必要な女性ホルモンであり、この2つの女性ホルモンの分泌量を正常化させることが、バストアップへの第一歩となります。


私が当ブログで、「バストアップには睡眠と栄養とサプリメントが重要です」と、言っているのは、これらがすべて女性ホルモンのエストロゲンと、ゲスターゲンの分泌量を調整することにつながると思うからです。



▼バストアップサプリメントは、女性ホルモンそのものを増加させるわけではありませんが、女性ホルモンが増加したのと同じ作用がある成分(女性ホルモン様物質)を配合しているため、非常にバストアップに効果がある。

というのが、私ミムラの認識です。


ですから、効果的なバストアップサプリを使いつつ、生活習慣を改善して、自分自身の体から分泌する女性ホルモンのバランスを整えれば、最短でバストアップすることができるというわけです。



▼私が、「豊胸手術やバストアップクリーム」を、あまりお勧めしたくないのは、

バストアップの本質は、女性ホルモンのバランスを整えること

と考えているからです。


不規則な生活や、ハードな仕事のストレスなどで女性ホルモンが乱れている時に、バストアップクリームなどで強引にバストアップさせたとしても、それは本質的な解決になっていないような気がする。

また、バストアップの仕組み(人間の体の仕組み)を無視すると、健康面のリスクも生まれてきます。



▼ですから、健康的にバストアップするには、女性ホルモンのエストロゲンとゲスターゲン。

この2つを知ることが重要です。



▼「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、バストアップに重要な女性ホルモンで、女性らしい丸みのある体つきを作ります。

またコラーゲンを増加させ、肌を白くする効果もあります。


この重要なエストロゲンは、寝不足状態になると分泌量が減少する印象。

だから私は、バストアップしたいなら寝不足は避けましょうと、いつも書いています。



▼「ゲスターゲン(黄体ホルモン)」は、乳腺を発達させる作用があるため、こちらもバストアップに重要な女性ホルモンです。

ジェスタージェンとか、プロゲスターゲンとか、いろいろな呼び方があるので、ちょっとややこしいですね。


サプリメントなどに使われ、美容効果が高いのは、「プロゲステロン」ですが、

ゲスターゲンの中に、プロゲステロンという成分がある

という認識で良いかと。

この辺は、ややこしいので、ざっくり捉えて良いかと思います。



▼ちなみに、エストロゲンとゲスターゲンは、その「分泌のバランス」が重要なのであって、サプリメントなどで大量に摂取すればオッケーというものではありません。


ですから、生活習慣を改善することで、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを取る。

さらに、バストアップサプリでこれらの女性ホルモンのうち、自分に足りない部分を補完していく。

この繰り返しで、バストアップが可能になっていくと、私は考えています。



▼さて、女性ホルモンには、エストロゲンとゲスターゲンがあるわけですが、

バストアップに関係あるのは、ほとんどエストロゲン

というのが私ミムラの認識です。



▼エストロゲンがしっかり分泌されていると、

「皮下脂肪が増える」

「乳腺が発達する」



すなわち、「バストアップする」ということになるハズ。



▼なので、当ブログでは主に、「生活習慣の改善とエストロゲンの増加でバストアップさせよう」という趣旨で、記事を構成しています。

このやり方は、私ミムラがバストアップに成功した時のロジックです。



▼ということで本日は、女性ホルモンのエストロゲンと、ゲスターゲン(プロゲステロン)について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

胸を大きくするためには、エストロゲン。

エストロゲンを増やすためには、寝不足をしない、無理なダイエットをしない、サプリを利用する。

私は自分のバストアップ経験から、このような認識でいます。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



エストロゲンと女性の体の変化


▼エストロゲンとプロゲステロンの作用についての考察を続けます。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスは、生理周期によって変化します。

生理前にはエストロゲンが減少する。生理が終わるとエストロゲンが増える。


エストロゲンが減少すると、精神的に不安定になるのでイライラしやすくなる。

また、更年期の女性もエストロゲンの分泌量が減少するので、精神的にきつい状態になったりします。



▼まあこのような短期的な女性ホルモンの増減は、人間のからだの構造なので気にしなくても良いかと思います。

ただ、エストロゲンの増減によって、女性の体の調子は大きく変わる、ということ。

そして、エストロゲンの分泌量が胸の大きさを規定する、と思うわけです。



▼私ミムラが思うに、自分の努力で変えられるエストロゲンの分泌量は、生活習慣にかかってくると思う。

私の経験談なので、医学的な根拠はわかりませんが、少なくとも私は下記のようなときに、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、バストダウンした気がするわけです。
 ↓

1 慢性的に寝不足が続いたとき

2 ダイエットして体脂肪を減らしたとき


はい。
この2つは、バストアップを目指す女性にとって、避けた方がいいと私ミムラは思うわけです。



▼寝不足とダイエットは、エストロゲンを減らしてしまう気がする。

寝不足することによって自律神経が乱れ、交感神経が優位になる。

この状態は、女性ホルモンのエストロゲンを減らしてしまう気がするわけです。


また、体脂肪が女性ホルモンの分泌を促すと仮定するなら、ダイエットして体脂肪が減ると、女性ホルモンのエストロゲンも減ってしまうと思うわけです。



▼尚、エストロゲンは、サプリメントで増やすことができます。

しかしながら、エストロゲンだけをサプリで強引に増やしても、生活習慣が乱れていて「自力でのエストロゲンとゲスターゲンの分泌バランス」が悪いと、健康面に問題が出る。


つまり、「あまり体調がよくない」という状態になりかねないわけです。

だから、「バストアップはサプリだけに頼るのではなく、同時に生活習慣も改善する必要がある」と、私は当ブログでいつも書いているわけですね。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ