卵でバストアップする?卵かけごはんで胸が大きくなる。動物性タンパク質。脂肪とコレステロール

卵でバストアップするか?


▼『卵のバストアップ効果はどうでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、卵とバストアップの関係について、私(ミムラ)が貧乳から脱出した経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

ニワトリ



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「バストアップを成功させるには、体脂肪を増やす必要があり、卵は体脂肪を増やすのに非常に有効。ゆえに卵料理はバストアップに効果がある食べ物だと思う」

「卵は、カロリー・タンパク質・脂質の栄養バランスが素晴らしく、効率よく体脂肪率をアップさせることができる印象」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず、バストアップする食べ物と言えば、大豆製品やキャベツや鶏肉などが有名ですね。

大豆製品は、大豆イソフラボンという「女性ホルモン様物質」が、エストロゲンと似たような働きをするため、バストアップに効果があります。


キャベツは、ボロンという物質が、これもまた女性ホルモンと似た働きをするためバストアップ効果があります。

鶏肉は、脂肪分とタンパク質が豊富で、バストを構成するための栄養素が豊富に含まれているため、バストアップ効果があるわけです。



▼このように、「胸が大きくなる食材」と言われているものには、それなりに理由がある。

さて、それでは上記以外の食材で、バストアップに効果がある食べ物は何か?


いろいろありますが、私の経験上では



これは意外にも、バストアップに効果がありました。
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼いつも書いていますが、胸を大きくするためには、

「女性ホルモンと体脂肪」

この2つが必要不可欠です。どちらが欠けても胸は大きくならないと思う。



▼女性ホルモンの増やし方は、当ブログの別の記事でも、色々と書いているので、そちらの方も読んでみてください。

簡単に言えば、女性ホルモンのエストロゲンを増やす基本は、「睡眠とサプリ」ですね。



▼さて、「卵」の話に戻りましょう。

卵には「タンパク質と脂肪分」が豊富に含まれています。

鶏肉の時にも書きましたが、このような栄養構成の食材は、バストアップに効果的な印象です。



▼「卵は太りやすい」わけですが、言い方を変えればバストアップというのは、「少し太ること」です。
(あくまで私ミムラの自説です)

胸を大きくするということは、言い換えれば、今までよりもバストに「脂肪を増やす」わけです。

なので私が思うに、「太りやすい食材」というのは、「バストアップしやすい食材」である可能性が高いと言える。



▼卵は太りやすいです。

でもその分、体脂肪率を増やしやすく、効率的にバストアップ活動を進めることができると思うわけです。


よく「卵はタンパク質が豊富だから、バストアップに効果的」と言われているのを見かけますが、私は、タンパク質よりも、コレステロール(脂肪分)が、バストアップに効果的だと考えます。



▼「卵かけごはん」などは、シンプルな料理ですが、卵と白米。たんぱく質と脂肪と炭水化物。

バストアップのための栄養としては、かなりいい感じです。

ただ、たまごかけごはんは、食べ過ぎるとすぐ太りますので、さじ加減・バランスが重要です。



▼ちなみに、私ミムラが貧乳から抜け出した時の食事を振り返ってみると、

卵かけごはんをよく食べていた時期は、最も胸が大きくなりやすかった

です。



▼私は一時期、仕事の都合などで、夜中に食事を摂らなければならない時期がありました。

私は、もともと「太りにくい体質&貧乳」だったので、夜中に食べても特に問題はない。


で、その時期は「卵かけごはん」を食べてから寝る、というスタイルの生活だったんですが、これが意外と、「バストアップしやすかった」わけです。



▼卵かけごはんで、胸が大きくなりやすい理由を考えてみると、


・卵かけごはんは、炭水化物・脂質・たんぱく質を短時間で摂取できるので、体脂肪が増えやすい

・卵のコレステロールは、女性ホルモンのエストロゲンの原材料となるので、女性ホルモンが増えやすい

・炭水化物(糖質)をしっかり摂取することで、睡眠が深くなり、女性ホルモンが増えやすい



はい。
卵かけごはんで胸が大きくなりやすい理由を、私はこのように分析しています。



▼尚、コレステロールについては、悪者にする人が多いのですが、食事からコレステロールを摂取しても、血中コレステロール値に悪影響はないというデータがあります。


現代女性については、むしろコレステロール不足が健康に悪影響を及ぼしているケースの方が多い印象なので、卵のコレステロールについては、過剰に食べ過ぎない限り、問題ないと私は考えます。



▼蛇足ですが、卵かけごはんにも、少しデメリットがあります。

まず、上述したように、「食べ過ぎると、太ってしまう」


ただこれについては、このブログを読んでいる人は「胸が小さくて悩んでいる女性」だと思うので、痩せ型の女性が多いと思います。

痩せ型の女性については、少しふっくらと太ったほうがバストアップしやすいし、女性としても魅力的だと思うので、特に問題はないかと思います。



▼卵かけごはんのデメリットとして、もう一つ。

「生卵を食べると、お腹が痛くなることがある」

という点です。


私なども、その日の体調によっては、生卵でお腹が痛くなってしまいます。

なので、卵かけごはんで、もし腹痛になるようなら、「生卵」は避けた方が良いかと思います。



▼卵かけごはんが苦手な女性の場合、私のおすすめ卵料理としては、「お酒のおつまみに、ゆで卵をマヨネーズで食べる」です。

(別に、おつまみじゃなくてもいいんですが、単純に私が酒好きなので。)


カチカチのゆで卵なら、卵でお腹が痛くなる私でも、ほぼ大丈夫。

しかも、卵のコレステロールと、マヨネーズのコレステロールが女性ホルモンのエストロゲンを増加させるので、バストアップ効果は高いと思うわけです。



▼ということで本日は、卵とバストアップについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「卵かけごはんは、最もバストアップしやすい食事の1つであると思う」

「その理由は、体脂肪が維持しやすいことと、コレステロールが女性ホルモン エストロゲンの原材料になるから」



私はこんな感じで考えています。



▼最近は健康のために、「動物性タンパク質」よりも「植物性タンパク質」が人気ですが、胸を大きくするためには、「卵」のような動物性たんぱく質が必須です。

大豆製品をたくさん食べても、なかなかバストアップしない人は、動物性タンパク質や脂肪分が足りていないケースが多いです。


ですからそのような場合には、鶏肉や卵など、脂肪分と動物性タンパク質を同時に摂取できる食材を食べていくと、バストアップしやすくなると思います。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



卵料理は胸が大きくなる?


▼卵とバストアップの関係についての考察を続けます。

ここまで書いてきたとおり、卵はバストアップに効果的な食品だと思う。

とにかく胸を大きくするには、「今より太る」ことがポイントになると思います。

でも胸が小さくて悩んでいる女性は、「太りたくても太れない」と言う人が多いわけです。私も含めて。



▼そこで効果的なのが、たまごかけごはんを初めとした卵料理。

上述した通り、卵は素晴らしく栄養バランスが良い。

少食の私でも、たまごかけごはんを食べていると、スムーズに体脂肪が増え、体重も増えます。



▼ダイエットしている人には厳禁ですが、バストアップしたい人には卵料理は強い味方だと思います。

一手間かけられる人なら、親子丼。

これは、白米と鶏肉と卵。

バストアップに効果的な食品がまとめて摂れる、優れものの料理だと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ