豆乳は胸が大きくならない?バストアップしない?効果なし?大豆イソフラボン効かない?

豆乳は胸が大きくならない?


▼「毎日、豆乳を飲んでいるけど、なかなかバストアップしません…」

と、落ち込んでいるメールがあったので、本日は、豆乳は胸が大きくならないのか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

豆乳

(※豆乳とバストアップに関する基本的な知識は、こちらの記事にまとめてありますので、あわせてご覧ください)
  ↓
豆乳とバストアップの関係



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「豆乳を飲んでも胸が大きくならない原因は、体脂肪不足と、豆乳の飲量不足だと思う」

「豆乳の大豆イソフラボンだけでバストアップさせるには、毎日2~3杯の豆乳を飲む必要があるかなと」

「また、体脂肪が不足した状態で大豆イソフラボンを摂取しても、なかなかバストアップ効果は出にくい印象」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼豆乳は、「大豆」を絞った飲み物であり、栄養がたっぷり詰まっています。

牛乳には乳糖不耐症や、カルシウムの喪失など、デメリットもいくつかあるのですが、「豆乳」にはデメリットがあまり見当たりません。

味がまずいとか、飲みにくい、というくらいでしょうか。


そして豆乳の最大のメリットは、女性ホルモン様物質の「大豆イソフラボン」パワーによって、バストアップの手助けをしてくれることです。



▼さて、ここで問題なのは、あくまでも「手助けをしてくれる」という部分です。

つまり、豆乳は大豆イソフラボンという、女性ホルモンに極めて近い働きをする成分が豊富に含まれていますが、だからといって豆乳を毎日飲めば、あっという間に巨乳になるのか?

そうではありません。



▼私ミムラの体験で言えば、豆乳「だけ」でバストアップさせることは、ほぼ不可能。

いくら豆乳に豊富な栄養が含まれているとは言っても、バストアップというのは単品の食品で達成できるものではないと思うからです。


豆乳はあくまでも、バストアップのための「補助食品」という位置づけで考えるべし。
(あくまで私ミムラの認識です)



▼豆乳は、バストアップサプリではありません。

効果の高いバストアップサプリであれば、単品でもバストアップ効果が出る確率は高くなりますが、豆乳というのは、元々バストアップのために作られた食品ではないわけです。

ですから、「豆乳さえ飲めば巨乳になれる!」というのは幻想だと私は思っています。



▼とは言え、豆乳には確かにバストアップ効果があります。

冒頭でも解説したように、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンと同じような働きをする。

なので、大豆製品をしっかり摂取していくと、女性ホルモンが増えたのと同じような効果が出るわけです。



▼ですから、バストアップのために豆乳を飲むというのは、とても良いことだと思います。

私もなるべく、豆乳を飲むようにしています。


ただ、「豆乳を飲んでいるのに胸が大きくならない!」という人は、豆乳だけに頼りすぎていないか?

という部分を再度チェックしてみてください。



▼バストアップというのは、トータルバランスが非常に重要だと思う。

睡眠から、栄養から、サプリメントまで、正しいやり方で毎日コツコツと続けることが重要。というか必須。

それができれば、自然とふくよかな体になり、胸も大きくなっていきます。



▼だから、豆乳を飲んでも全然バストアップしない!と感じている人は、

「豆乳は、あくまでもバストアップのための補助食品である」という事を忘れないでください。



▼さてさて、豆乳を飲む女性は、「朝」に飲む人が多いですね。

朝でも夜でもいいんですが、例えば、朝に豆乳を飲む場合。


1 朝ごはんの代わりに豆乳を飲む人

2 豆乳は飲まずに、朝ごはん(白米)とバストアップサプリを飲む人



この2人。

どちらがバストアップするでしょうか?



▼これは私ミムラが実際にやったことです。

私の場合ですが、

2の方が、明らかにバストアップした

わけです。



▼豆乳にバストアップ効果がないわけではない。

豆乳の大豆イソフラボンパワーは、やはりバストアップに効果的です。

しかし、「大豆イソフラボン」のバストアップパワーというのは、それほど強力なものではないような気がする。
(あくまで私ミムラの考え方です)



▼大豆イソフラボンの女性ホルモン増加効果は、「穏やかな効き目」という印象です。

それに対して、バストアップサプリは、プエラリアミリフィカなどのバストアップに特化した成分が凝縮されているため、やっぱり即効性があるし、バストアップ効果は高いです。



▼また、朝ご飯を食べる意味は、体脂肪率を下げないためです。

というか、体脂肪率を上げるためですね。

いつも書いていますが、私の考えでは、体脂肪率が下がってしまうとバストアップしにくいので、なるべく食事はしっかり食べた方がいいです。



「豆乳では、胸が大きくならない!」と言う女性は、痩せ型で、体脂肪が少ない気がする。

わかりやすく言えば、豆乳の大豆イソフラボンは、「女性ホルモン」の代わりです。

でも、女性ホルモンだけでは、バストアップは難しい。

体脂肪が少ないと、なかなか胸が大きくならない印象です。



▼ということで本日は、豆乳は胸が大きくならないのか?について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「豆乳にはバストアップ効果があるが、その効果は穏やかで、強力に胸が大きくなるわけではない」

「また、ある程度の体脂肪がなければ、豆乳の大豆イソフラボン効果も出にくい」



こんな風に思うわけです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



豆乳でバストアップする理由とデメリット


▼豆乳はバストアップ効果なしか?についての考察を続けます。

基本的に豆乳には、糖質も脂質もあまり含まれていないので、これだけを見ると、バストアップには不利な食品です。

胸を大きくするには、糖質と脂質を同時に摂取して、ある程度の体脂肪率を維持する必要があると思うからです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼そう考えると、豆乳の栄養にバストアップのメリットはあまりない。

ただ、「大豆イソフラボン」

これが強力なわけです。



▼バストアップには、体脂肪と女性ホルモンのエストロゲンが必要だと思う。

体脂肪は食べるしかない。

女性ホルモンは寝不足を解消したり、ストレスのケアをすることで、最適な分泌量に調整されるはず。

しかし、女性ホルモンの分泌量が少ないタイプの女性は、自然に任せていてもなかなか女性ホルモンが増えないわけです。



▼その場合は、サプリメントを使うことで解決しますが、食品で解決するなら「大豆イソフラボン」を摂取するのが効果的ということになる。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン様物質と言って、女性ホルモンと似たような働きをする。

だから、女性ホルモンの分泌量がイマイチな女性でも、大豆イソフラボンを摂取すれば、女性ホルモンが増えたのと同様の効果を得ることができるわけです。



▼これが、豆乳でバストアップする理由。私の認識ですが。

注意点として、「胸が大きくなるほどの大豆イソフラボンパワーを享受するには、結構な量の豆乳を飲まなければならない」という部分です。



▼豆乳だけでバストアップまで持っていくためには、1日1杯では全然足りないと思う。

なので、1日2~3杯といった量の豆乳を飲まなければならない。


これは正直キツイです。私もやったことがありますが。

なので、豆乳だけでバストアップさせようとせず、白米をしっかり食べて体脂肪を増やしたり、サプリでカバーするなど、トータルバランスを考えていく方が、バストアップは成功させやすいと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ