パンとごはんどっちがバストアップする?トーストと白米の胸が大きくなる効果。炭水化物

パンとご飯は、どちらがバストアップするのか?


▼『パンより、白いご飯の方がバストアップしますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、パンとごはんは、どっちがバストアップするか?について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

主食


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「体脂肪を増加させるという観点から考えると、パンより白米の方がバストアップしやすい気がする」

「白米は糖質の塊だし、おかずで脂質も摂取することができるので、スムーズに体脂肪を増やしてバストアップにつなげやすい印象」

「ただ、菓子パン・甘いパンは、カロリーがすごいので、菓子パンはバストアップにつながるかもしれない。ただ、あまり体によくない」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼世の中には、パン派とか、ごはん派とかがいたりします。

好みだから、別にどちらでもいいわけですが、バストアップを考えた場合に、パンとごはんはどちらが良いのでしょうか?



▼このような実験をした文献などがないので、いつも通り、私ミムラの経験上の話です。

私の感覚では、

パンよりも、白米の方がバストアップしやすい気がする
(あくまで私ミムラの経験談です)



▼パンと白米の違いですが、「白いご飯を一杯」と「トースト1枚」の比較となると、やはり白いご飯の方がバストアップに必要な栄養価(糖質)は、多い印象です。


バストアップに重要な炭水化物の摂取量が倍ぐらい違うので、私はバストアップを目指すなら、トーストよりも白米の方がお勧めです。



▼単純に、炭水化物や栄養素の上で比較するなら、「白米お茶碗1杯」に対して、「トーストを2~3枚」食べれば、同じくらいの栄養価にはなるのですが、トーストを2~3枚食べるよりも、白米を食べた方がバストアップしやすいような気がします。


私の体験上のデータで、体感的なものですが、トーストよりも白米の方がバストアップだけでなく、体調も良くなるような。



▼もちろん体質にもよると思うので、トーストが合う人もいるかとは思いますが、日本人の場合は白米の方が良いかと。

ただ、白米のデメリットとしては、食べ過ぎると、「肌荒れ」しやすいかも。


白米は炭水化物、つまり糖質がパンより豊富なので、摂取しすぎると体内で脂肪分に変わり、皮脂が増加してしまう。

糖質や脂肪分というのは、バストアップには必要な栄養素ですが、摂りすぎると肌荒れの原因にもなりますので、バランスが重要です。



▼さて、パンと白米の話に戻ります。

GI値だけ見ると、白米よりパンの方が、GI値が高い

つまり、パンの方が血糖値が上がりやすい。

では、パンの方がバストアップしやすいのか?



▼これについては、

パンの方が、GI値は高いけど、パンは摂取カロリー量が少ないので太りにくい。すなわちバストアップしにくい

というのが、私ミムラの仮説です。



▼つまり、パンは一食で食べるとしても、1~2枚です。

このくらいの量では、太れないわけです。
(あくまでも、痩せすぎで貧乳の女性向けに書いています)


カロリーを考えると、太るためには、パンを4~5枚食べなければならない。

ムリムリ。

私も少食だからわかります。

少食の女性は、パンより白米の方が、効率的に糖質とカロリーを摂取できると思う。


白米はおかずを自由自在に選ぶことができるので、糖質だけでなく、脂質とタンパク質もスムーズに摂取することができる。

だから、少食の女性ほど、パンより「白米」の方が、バストアップもしやすいのではないかと、私は思うわけです。



▼ということで本日は、バストアップにおける白米とトーストの違いについて、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると

パンより、白米の方がバストアップしやすい気はする



▼白米がバストアップに効果的であるという理由は、「体脂肪率を上げやすい」からです。

バストアップを成功させるためには、ある程度、体脂肪率を上げなければなりません。
(私の仮説です)

その点で、トーストよりも白米の方が、バストアップしやすいという結論になりました。

私の経験的なデータですが、参考になれば幸甚です。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



白米で体脂肪を増やすことの意味


▼パンとごはん。胸の大きさとの関係についての考察を続けます。

個人的には、パンより白米の方がバストアップさせやすいと、書いてきました。

欲を言えば、玄米がベストですが、玄米は色々と面倒なので、私は白米が中心です。

玄米は、水の量を調整するのに慣れるまで大変だし、炊くだけでもめんどくさいので、白米でも良いかと思います。



▼玄米の方が、白米よりも細かい部分の栄養素がしっかりしていますが、バストアップを考えた場合、玄米でも白米でもそれほどの違いはないと私は考えます。

玄米にできる人は、トータルの栄養バランスを考えると、玄米の方が良いと思いますが。

バストアップだけでなく、美容と健康に、玄米は効果的ですね。



▼ただ、玄米の注意点として、

痩せすぎな人が、バストアップしたい場合、玄米より白米の方が効果的な場合がある気がする。


なぜかというと、

玄米は、GI値が低く、体脂肪が増えにくいから」です。



GI値とは、

グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、簡単に言うと、

血糖値の上がりやすさを示した指標」です。



つまり、GI値が高い方が太りやすい。

なので、

「ダイエットするなら、GI値が低い食品の方が良い」

「が、バストアップさせたいなら、GI値が高い食品の方が良い」

と、私は考えるわけです。
(仮説)


▼そう考えると、痩せすぎの女性がバストアップさせるためには、まず体脂肪を増やしたいので、GI値が高い食品の方が良い。

すなわち、「玄米より、白米の方がGI値が高いので、痩せすぎの女性は白米の方がバストアップしやすいケースもある

と思います。



▼さて、胸を大きくするということを考えた場合、私が重要だと思うポイントは、体脂肪と女性ホルモンです。

そして、この2つは相互に関わり合いがあると思うわけです。

つまり、体脂肪が多い女性の方が、女性ホルモンも多い気がする。



▼脂肪というのは女性の象徴なのかもしれない。

筋肉が男性の象徴。

そう考えると、豊富な体脂肪は、女性ホルモンが分泌されやすい体質をつくるのではないか?



▼単純に、体脂肪率が高い方が、バストに回す脂肪分も多くなるので、胸を大きくしやすいと思う。

それに加えて、体脂肪率が高い方が、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えるなら、その相乗効果で、さらにバストアップすると思うわけです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼一般的に、太っている女性は胸が大きいことが多い。

私などは、若い頃からやせ形で、体脂肪率も低かったので貧乳に悩まされました。

少食の女性や、代謝が良い女性というのは、体脂肪が燃焼してしまいやすい。

体脂肪が燃焼してしまうということは、バストダウンしやすいと思うわけです。



▼バストというのも脂肪分でできている。

だから、食事量が足りていない女性とか、基礎代謝が高い女性の場合は、少し多めにご飯を食べないと、バストの脂肪が燃焼してしまいバストダウンにつながる、と思うわけです。



▼そう考えると、「白米」は、やはり重要だと思う。パンよりも。

白米は、まず糖質をしっかり摂取することができる。血糖値を上げることができる。

そして、おかずにお肉などの脂質を摂取することができる。

この白米とおかずの組み合わせによって、効果的に栄養を摂取できるので、体脂肪が増えて胸が大きくなりやすいと私は感じるわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)が貧乳を改善したサプリは、やはり、
  ↓
ベルタプエラリア』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ