果物・フルーツでバストアップできるか?ぶどう・リンゴ・桃。ボロンで胸が大きくなる効果

果物・フルーツでバストアップできるか?


▼『胸が大きくなる果物はありますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、果物とバストアップの関係について、私(ミムラ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

果物2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「果物で強力なバストアップ効果を実感した事はない」

「果物には糖質が含まれているので、体脂肪を増やす効果はあるが、体脂肪を増やしたいなら白米の方がいいと思うし」

「また、果物には女性ホルモン様物質ボロンも含まれているが、バストアップするほどではない印象」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼現代の日本人女性は、痩せ型志向が非常に強いので、野菜や果物を好む人が多いです。

そのお陰?で、今、日本人女性のスタイルは、本当にほっそりしていて綺麗です。

しかし、光があれば影もある。

スレンダーボディーの代償として、体が細過ぎて、胸が小さくて悩んでいる女性が増えているのもまた事実です。
(私ミムラもそのタイプでした)



▼基本的に、女性の身体というのは「体脂肪」がなければ、女性ホルモンの分泌量が減少しやすくなると思う。

つまり、体脂肪率が低すぎる女性は、胸が小さくなる可能性が高いということ。
(あくまで私ミムラの仮説です)


これは単純に「太っているから胸が大きい」という話ではありません。

ある程度の体脂肪がなければ、女性ホルモンの分泌量が減少して、バストダウンや肌荒れなどの原因となると思う。



▼ですから痩せすぎず、太りすぎず、魅力的な体の女性になるためには、

標準的な体脂肪率

であることが重要だと、私個人は考えています。


痩せていれば痩せているほどよい!というような風潮も見受けられますが、バストアップしたい場合、この風潮に乗っかるのは、やめたほうがよい。

「どんどん痩せましょう!」と言うゴリ押しは、ダイエット産業の思惑だったりもするし。



▼さて、ちょっと脱線しましたが、バストアップと果物・フルーツについての話です。

果物には、ビタミンやミネラルが豊富で、体には基本的には良い食品と言えるので、ポテトチップスやチョコレートを食べるよりは、フルーツの方が美容と健康にはよいでしょう。


ただ、フルーツ「だけ」でバストアップさせようとするのは、なかなか難しいかもしれません。



▼それはなぜかというと、上述したように、女性は「体脂肪」がなければ女性ホルモンの分泌量が減ると思うからです。

果物ばかり食べていると、体脂肪率が下がってスリムにはなりますが、バストアップにはあまり良い影響がありません。
(経験談)

バストアップだけを考えれば、果物よりも、むしろポテトチップスの方が良いかもしれません。

ただ、添加物の摂りすぎは、健康への悪影響がありますので、あくまでも極端な例としての話です。



▼もちろん果物に含まれるビタミンは、肌をきれいにしたり、便秘を解消する効果がある。

全身の血行が良くなり、結果として、間接的にバストアップにも貢献することになります。


ですから理想を言えば、毎日の食事はしっかりと、今まで通りバランスをとって食べる。

その上で、「食後のデザートとして」、ぶどうやリンゴや桃などの、「ボロン」という植物性エストロゲンを含んだ果物を食べると、バストアップの後押しとなるかと。



▼ちなみに、「ボロン」はバストアップに効果のある女性ホルモン様物質ですが、このボロンは「生のキャベツ」にたくさん含まれています。

ですので、果物だけでなく、生のキャベツを食卓に並べることも、ささやかではありますが、バストアップへの貢献となります。



▼あと、「アボカド」も、バストアップ効果が高いです。

というか、アボカドは、果物か?

野菜ではないよね?

まあどっちでもいいですが、アボカドとバストアップについては当ブログでも、別の記事に書いていますので、参考にしてみてください。



▼ちなみに、「朝ごはんの代わりに、ボロンが豊富なフルーツを食べると、バストアップします!」みたいな記事を、何かの雑誌で読みましたが、私ミムラの経験で言えば、これはちょっと危険かと。


私がいつも書いている通り、

食事は食事として、必ず食べること。その上で、バストアップに効果的な食材を追加すること

これがバストアップのポイントだと思うわけです。



▼つまり、「朝ごはんの代わりに」というのは、朝ごはんを食べないで、フルーツを食べるということになります。

これをやってしまうと、上述した通り、「体脂肪が減る」わけですね。


体脂肪が減る⇒ 女性ホルモンが減る⇒ バストダウン

はい。恒例のデフレスパイラルです。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼確かに、りんご・もも・ぶどう・梨などのフルーツには、「ボロン」という、女性ホルモン様物質が含まれている。

だから、これらのフルーツを食べると、「女性ホルモンが増えたのと同じような作用がある」

これは私もそう思います。



▼ただ、繰り返しますが、

女性ホルモンが増えたのと同じ作用があっても、体脂肪が減少したら、本末転倒

だと、私は思うわけです。



▼私自身も、その昔、「バストアップとダイエットを両方同時にやるべし!」という無謀な挑戦をしたことがあります。

その時に、「フルーツなら、太らずにバストだけ大きくできるはずだ」と、朝ごはんの代わりにフルーツを食べたりしていました。


その結果、どうなったか?

「体脂肪率が下がって、むしろバストダウンした!」

わけです。



▼ということで本日は、フルーツとバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「フルーツには、ボロンが含まれているので、多少のバストアップ効果がある」

「フルーツには、ビタミンやミネラルが豊富なので、美肌効果がある」

「が、フルーツを食べることで、食事量が減ってしまうと、バストダウンする可能性大」



こんな風に思うわけです。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



バストアップにはフルーツより白米の方が大切?


▼フルーツと胸の大きさの関係についての考察を続けます。

胸を大きくするための栄養素として、「糖質」がある。

糖質は人間のエネルギー源であり、糖質を摂らないと太れない。

そして、太らないとバストアップできないと、私ミムラは思うわけです。



▼だから私は、バストアップには白米が大切と言うんですね。

白米は、最も無理なく効率的に糖質を摂取できる。

逆に言えば、最も太りやすい食品が白米とも言えるわけですが、胸を大きくしたいなら、少し太ったほうがいいので。



▼さて、果物にも果糖が含まれています。

なので、果物も食べ過ぎると糖質過剰になり、体脂肪が増えます。

でも、果物を食べて太るほど、たくさんの量を食べるのは難しい。

果物の糖質は豊富ですが、それ以上に食物繊維や水分など、お腹がいっぱいになってしまう成分が豊富なのです。



▼つまり、果物で体脂肪を増やすのは難しいと思う。

「りんごだけダイエット」とか「バナナだけダイエット」が、一時的に成功するのは、果物が体脂肪を増やさない証明でもあると思う。

だから、バストアップを考える場合に、「食事を減らして果物を増やす」というのは、私ミムラは反対なわけです。

食事を減らせば、高確率で体脂肪も減ってしまう。

体脂肪が減ってしまえば、高確率で胸も小さくなるからです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ