ウォーキングで胸は大きくなる?バストアップと運動。血行血流が悪いと貧乳?スポーツブラ

ウォーキングで胸は大きくなるか?


▼「ウォーキングをすると、胸が大きくなると聞いたのですが本当ですか?」

というご質問を頂いたので、本日も、私ミムラの独断と偏見で、ちょっと考察してみます。

ウォーキング



▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「ウォーキングをしても、胸は大きくならないと思う」

「バストアップには、女性ホルモンと体脂肪が必要だと思うが、ウォーキングはどちらも増えない印象」

「ただ、適度な運動は全身の血流を良くするので、冷え性の女性などはウォーキングがバストアップにつながる可能性もある」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼まず、ウオーキングに限らず、「適度に運動をする」という事は、バストアップにとってはプラスに働くことが多いです。

▼これは、運動をすることによって、全身の血行が良くなり、体の隅々まで「血流」が届くようになるからです。

体の隅々まで血流が届くという事は、体の隅々まで栄養が届くということ。

それはつまり、バストへの栄養供給もスムーズになる、ということだと思うからです。
(あくまで私ミムラの考え方です)



▼私が思うに、胸を大きくするための、ポイントは2つ。

まず、「女性ホルモンのエストロゲンを増加させること


女性ホルモンがなければ、運動してもバストアップ食品を食べても、なかなか胸を大きくすることができません。

ですから、エストロゲンを増やすことがまず大前提となります。

エストロゲンの増やし方については、当ブログの別の記事も参考にしてみてください。



▼次に、エストロゲンを増やしたうえで、「栄養をしっかりと摂取すること

そして、その栄養をバストまでしっかりと届けるということです。


バストアップには、脂肪分やタンパク質が重要ですが、それらの栄養素が、しっかりとバストまで届いていなければ、何を食べても、あまり意味がないわけです。



▼冷え性の女性や、血行が悪い女性の場合、栄養をしっかり摂っても、その栄養が体の隅々の組織まで届いていないことがあります。

その場合、せっかく脂肪分やタンパク質を摂取しても、バストまで栄養が届かず、バストアップに失敗してしまうことになります。

このような失敗を防ぐために、運動をすることで血行を良化させ、バストへの栄養供給をスムーズにさせるというわけです。



▼さて、そこで本日のテーマである、

ウォーキング」です。

ウォーキングというのは、簡単に言えば「お散歩」ですね。



▼スポーツジムなどに行っている人は、ウォーキングマシンがありますので、歩くことには事欠かないと思いますが、普通の生活をしていると、現代は、なかなか歩く機会がないものです。


お仕事をされている方は、通勤時間に歩くと思いますが、なるべく長く歩いた方が血行が良くなります。

なので、できるだけ階段を使ったり、 1駅手前で降りて歩いてみたりといった工夫も有効だと思います。



▼私ミムラも、なるべく歩くようにしています。

私の場合は、めんどくさがりなので、油断するとすぐ楽なほうに逃げてしまう習性が。。

なので、「バストアップと健康のために、なるべく歩く!」とか、机の前にメモを張っていたりします。



▼さて、ウォーキングの注意点も考えてみましょう。

ここまで書いてきたように、基本的には、ウォーキングはバストアップにプラスの効果があると思います。


しかし、歩く時にあまりバストを「揺らす」ように歩いてしまうと、バストの脂肪が燃焼しやすくなって、逆に胸が小さくなってしまうことがあると思う。

これはウォーキングよりも、「走る」時に、特に注意が必要です。

女性が走るときは、必ず「スポーツブラ」を着用するようにしたほうが良いと、私は考えています。



▼ウォーキングをする際も、長時間のウォーキングを本格的にやる場合には、必ずスポーツブラを着けた方が良いです。

たかがブラジャーですが、女性の場合は「通常のブラ」「ナイトブラ」「スポーツブラ」この3つの使い分けは非常に重要です。

これについても当ブログで記事を書いていますので参考にしてみてください。



▼それから、ウォーキングの注意点 その2

ウォーキングをやりすぎると、ダイエット効果が強く出てしまい、逆にバストダウンすることがあるように思う


私ミムラの体験談ですが、ウォーキングはやりすぎると、「体脂肪が燃焼してしまう」

そもそも、ウォーキングというのは、「ダイエット」には効果絶大。

痩せたい人は、ウォーキングが最適です。

・・・と言うことは?



▼私ミムラのバストアップ理論では、

「ダイエットとバストアップは相反する」

と考えています。


という事は、

ウォーキングをやりすぎてダイエット効果が出ると、バストアップ効果が減少するのでは?

と、思うわけです。



▼実際、私も「ウォーキングがバストアップに効果的!」という記事を雑誌で見かけて、「よし!今度は、ウォーキングでバストアップだ!」とか、張り切ってやり続けたことがあります。


その結果、体脂肪が減少して、体が引き締まったのはいいんですが、「ちょっとバストダウンした」わけです。



▼これはあくまでも、私の体験談であり、万人に同じ現象が起こるかどうかはわかりません。

しかし、よく考えてみると、「ウォーキングは下半身の筋肉が強化される」わけですね。

下半身の筋肉というのは、全身の中でも、確か最も大きい筋肉だった気がする。


筋肉が増える⇒ 代謝が上がる⇒ 脂肪が燃焼する⇒ バストダウンする


ウォーキングのやりすぎは、このようなリスクもあるような気がするわけです。
(あくまで私ミムラの仮説です)



▼ということで本日は、ウォーキングとバストアップの関係について、私の独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


適度なウォーキングは、血行が良くなってバストへの栄養供給がスムーズになるけど、やりすぎたらバストダウンするかもしれない

こんな感じ。

まあ基本的に、バストアップというのは、体を鍛えることはあまり必要ないような気がするので、ウォーキングのやりすぎには要注意です。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ウォーキングをした方がバストアップする女性とは?


▼ウォーキングとバストアップの関係についての考察を続けます。

ここまで書いてきたように、私の考えとしては、ウオーキングはバストアップにあまり効果がないと思う。

ただ、それもケースバイケースです。



▼例えば、「日頃から極端に運動不足の女性」

ほとんど外に出ないインドアの女性は、ウォーキングがバストアップにつながることがある印象です。

その理由として、自律神経のバランスが挙げられます。



▼私の考えでは、基本的にバストアップさせるには、自律神経を副交感神経優位にした方がいいと思う。

副交感神経は休息の自律神経なので、あまり運動しないほうがいい印象。

ただ、あまりにも運動不足の女性の場合、今度は逆に、リラックスできないことがあるわけです。



▼私自身もかなり運動不足なので、意識的にウォーキングします。

極端な運動不足は、逆にストレスがたまることがある。

ストレスが溜まると、自律神経は交感神経優位に傾きます。

このような自律神経の乱れは、バストアップを妨げると思うわけです。



▼なので、毎日ほとんど歩かない女性は要注意です。

1日5000歩くらいは歩いたほうがいいと思う。iPhoneなら歩数をチェックできます。

そこに全然届いていない場合は、意識的にウォーキングの時間を作ることによって自律神経が整い、バストアップもスムーズに進むのではないかと思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ