タンパク質とバストアップ~脂肪分。動物性タンパク質と植物性タンパク質

タンパク質とバストアップの関係


▼『動物性タンパク質と、植物性タンパク質は、どっちがバストアップに大事ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、動物性タンパク質と植物性タンパク質について、私ミムラの独断と偏見で書いてみたいと思います。

タンパク質2


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「まず、動物性でも植物性でも、タンパク質はバストアップにあまり関係がない気がする」

「植物性タンパク質の大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをする作用があるが、大豆製品だけで胸を大きくすることは難しいと思う」

「タンパク質の役割はバストアップというより、バストの下垂を防ぐ、という感じかと」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼タンパク質とバストアップに関する記事は、過去にもこちらで書いていますので、あわせて参考にしてください。

⇒タンパク質とバストアップの関係


さて、私ミムラが思うに、

バストアップにタンパク質は、直接は関係がない」と考えます。


バストアップには、タンパク質が重要だと思っている人は、脂肪分の少ない高タンパクな、ササミやお豆腐を中心に食事されている人も多い。

ですが、これはちょっとバストアップ効率が悪いのではないかと思います。
(あくまで私の意見です)



▼バストアップに必要なのは、タンパク質より先に、

糖質と脂質」かなと。

もちろん、栄養バランスが重要なのは当たり前なのですが、どちらを優先するかといえば、タンパク質よりも、糖質や脂肪分を優先させた方が、私の場合は、スムーズにバストアップにつながりました。



▼まず、体の中に脂肪分がないと、バストの脂肪を作り出すこともできないし、脂肪分は女性ホルモンの生成にも使われるため、脂肪がないと女性ホルモンが減少してしまうと思うからです。



▼ただ、同じタンパク質でも、「植物性タンパク質」は、女性ホルモンを活性化させる効果があります。

植物性タンパク質というのは、大豆製品など、植物性のものから摂取できるタンパク質です。

たとえば、お豆腐や、納豆等ですね。


一方で、「動物性タンパク質」というのは、お肉やチーズなど、動物性の食品から摂取できるタンパク質です。



▼植物性タンパク質を摂取すると、女性ホルモンの分泌量が増えやすいので、バストアップにつながる場合があります。

特に、大豆製品は、大豆イソフラボンという、「植物性エストロゲン」が含まれているので、女性ホルモンの活性効果が高い。


ただ、それでも植物性タンパク質ばかりを食べていては、バストアップはできない気がする。
(経験談)

あくまでもバストアップのポイントは、体脂肪かと。



▼女性は脂肪分を嫌いますが、女性らしさというのは脂肪分がポイントになるわけです。

男性の体がゴツゴツしているのは、筋肉が多く脂肪が少ないから。

女性の体がふくよかで柔らかいのは、筋肉が少なく脂肪分が多いからです。


ですから、女性らしさを求めていくと、「ある程度の体脂肪が必要」ということになります。

極論すれば、「脂肪こそが女性の魅力」とも言えるわけです。



▼それと、体内に脂肪分が少なすぎると、バストアップサプリメントの効果が出にくくなるケースもあります。

なのでバストアップしたいなら、食事の中に「糖質と脂質」をバランスよく散りばめていくことが重要。


タンパク質は、胸が垂れるのを防ぐために必要だったり、美しい形の胸を作るのに必要ですが、胸のサイズを大きくするために1番必要な栄養素は、糖質と脂質かと。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼さて、タンパク質の話に戻りましょう。

上述したように、タンパク質には、

動物性タンパク質と植物性タンパク質

が、あります。


動物性タンパク質には、バストアップに重要な「脂質」が含まれている。

植物性タンパク質には、「大豆イソフラボン」に代表される、女性ホルモン様物質が豊富に含まれている。



ざっくりまとめると、こんな感じ。



▼これだけ見ると、「動物性タンパク質と植物性タンパク質を両方、摂取していけば、バストアップするのでは?」と、考えがちですが、そんなに単純でもない。


私も同じように考えて、動物性タンパク質と植物性タンパク質を積極的に摂取した時期がありましたが、

タンパク質だけでは、胸は大きくならなかった

私ミムラの経験ですが、そんな結論でした。



▼「タンパク質ダイエット」というものがあるように、タンパク質を中心にすると、どっちかというと、

「バストアップより、ダイエットしてしまう」

ような気がする。



▼動物性タンパク質にしろ、植物性タンパク質にしろ、主な役割は、

「血や肉を作る」

ことです。


なので、タンパク質中心の食生活にして適度に運動すると、バストアップではなく「筋肉質な細マッチョ」になってしまう!
(経験談)

なんということでしょう。

これは、実際に私がやったから、わかります。



▼確かに、大豆製品などの植物性タンパク質には、女性ホルモンに似た成分がたくさん含まれている。

でも、当ブログでいつも書いているように、

女性ホルモンだけでは、バストアップできない

と思うわけです。



▼簡単に書くと、

タンパク質中心の食生活では、体脂肪が増えないから、バストアップできない

これが私の経験談に基づく見解です。



▼ということで本日は、動物性タンパク質と植物性タンパク質について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

タンパク質は、バストアップに不要というわけではない。

ただ、「優先順位は少し下がるのではないか」と、私は思うわけです。


栄養素で言えば、やっぱり「糖質と脂質」が最優先。

特に、私がバストアップで重要だと思う食べ物は、

白米

です。


白いご飯を食べないで、タンパク質ばかり食べていると、なかなかバストアップできません。私の経験では。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



動物性タンパク質はバストアップに不要なのか?


▼動物性タンパク質・植物性タンパク質と、胸の大きさについての考察を続けます。

タンパク質がバストアップと関係ないなら、タンパク質は摂らなくてもいいのか?

いえ、タンパク質は必要です。

なぜなら、バストアップに重要な白米は、動物性タンパク質と相性がいいと思うからです。



▼要するに、「焼肉と白米は相性が抜群で美味しい」

バストアップのためには、ある程度の体脂肪率を維持しなければならないと思う。

そして、体脂肪率は白米を食べないと下がってしまう気がするわけです。



▼では、白米を食べるにはどうすればいいか?

おかずが必要なわけです。

そこで最適なのが、動物性たんぱく質。お肉やお魚ですね。



▼動物性たんぱく質が優れているのは、白米との相性だけではない。

動物性タンパク質には、豊富な「脂質」も含まれている。

例えばお肉には、タンパク質だけでなく脂質も含まれている。脂部分ですね。



▼白米の糖質と、お肉の脂質。

糖質と脂質を同時に摂取することによって、痩せやすい女性でも体脂肪が増えてバストアップしやすくなる印象です。

これは私ミムラの経験談ですが、お魚よりお肉の方が、バストアップさせやすい気がする。

好みの問題ではありますが。



▼動物性タンパク質を摂取するというよりは、脂質と糖質を摂取するためのお肉。そんな感じです。

お肉だけを食べても体脂肪は増えませんが、お肉と白米を一緒に食べると体脂肪が増える。

その結果、バストアップにつながっていくように思うわけです。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ