牛肉とバストアップの関係~ビーフステーキで胸が大きくなる?霜降り牛と赤みはどっちが良い?

牛肉とバストアップの関係


▼『牛肉で、胸が大きくなりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、牛肉とバストアップの関係について、私(ミムラ)がバストアップした経験を踏まえて、考察してみたいと思います。

牛


▼私(ミムラ)の経験則で書けば、

「牛肉は、高タンパク・高脂肪なので、栄養的には文句なし」

「ただ、バストアップさせたいなら、牛肉だけで食べるより、白米と一緒に食べた方が良いと思う」



ではこの件について、貧乳から脱出した、私ミムラの経験談を交えながら考察してみたいと思います。



▼お肉の中でも、もっとも人気があるのが「牛肉」でしょう。
(私のイメージですが。)

美味しい焼肉といえば、やはり牛肉をイメージするのではないでしょうか。


牛肉には高級感もあり、ご馳走を食べたような満足感を得られるのが人気の秘密でしょう。

私は鶏肉が好きですが、鶏肉だとゴージャス感はないですね。



▼さて、そんなみんなが大好きな牛肉。

バストアップには効果があるのか?


これについては、一言で言うのは難しいのですが、バストアップに「脂肪分」が、必要不可欠であるということを考えると、牛肉はバストアップに効果があると、私は考えます。



▼当ブログでもいつも書いている通り、バストアップには「女性ホルモンと脂肪分」が、どうしても必要になります。

どちらが欠けてもバストアップは、失敗しやすくなると思う。
(経験談)


▼バストアップサプリメントは、女性ホルモンのエストロゲンが増加したのと同じ効果を得ることができますが、そんなバストアップサプリを摂取しても、胸が大きくならないという女性は、

脂肪分が足りていない

というケースが非常に多いと思うわけです。



▼バストは、ほとんどが脂肪分で構成されているので、体脂肪率が低すぎると、必然的に胸は小さくなると思うわけです。

ですから、胸を大きくするためには、まず体脂肪率を、今までよりも少し増加させる必要があると思う。

(※体脂肪率が平均的な女性は、バストアップサプリの使用だけでも、胸が大きくなる確率が高いです)



▼痩せ型で、体脂肪率が低く、なかなか胸が大きくならない女性の場合、牛肉というのは栄養面で優れた食品と言えます。

牛肉には、脂肪分、タンパク質、ビタミン、アミノ酸など、人体に必要な栄養素が豊富に含まれています。


なので、「なかなか太れなくて胸が大きくならない」という女性は、牛肉の脂肪分やタンパク質を積極的に食べていくことで、バストアップへの土台ができやすくなるということは十分にあります。

特に、脂肪分の多い、霜降り牛などは、バストアップに効果的と言えます。
(私の場合は、予算的に無理な時もありますが)



▼ただ、牛肉のデメリットとして、「体に負担がかかる」、という面があります。

個人差もありますが、私の場合は牛肉を食べると体が重くなったり、体調があまり絶好調とは言えない感じになります。

なので私は、お肉のメインは「鶏肉」にしています。



▼この辺は、賛否両論あるかと思いますが、私は牛肉を食べ過ぎる事は、美容と健康にマイナスになることもあると考えています。

もちろん、「食べ過ぎなければ」牛肉でも、全然大丈夫です。

イメージ的には、1~2週間に1回くらいの牛肉、という感じが良いかと。
(私の場合)


▼また、バストアップのために体をふっくらさせるには、

「お肉をガツガツ食べる」よりも、

「白米をしっかり食べる」方が、

健康的にふくよかなスタイルになりやすいと思う。
(あくまで私ミムラの見解です)



▼「おかずをたくさん食べる」という食べ方だと、スムーズに体脂肪率を増やすことができないような気がするからです。

どちらかというと、「白いご飯を多めに食べる」

という食べ方が、健康的に体脂肪率を増加させ、バストアップにつながっていくと、私は考えています。



▼さて、牛肉とバストアップの話に戻りましょう。

牛肉には、「トリプトファン」という、人体に欠かせない「必須アミノ酸」が豊富に含まれています。


トリプトファンを摂取すると、メラトニンやセロトニンが増加する。

これらのホルモンは、「幸福感に関するホルモン」ですね。



つまり、牛肉を食べると、ストレスが解消され、幸せな気持ちになる。

先ほど私は、「鶏肉はゴージャス感がない」と書きましたが、牛肉には上述したような、「幸せホルモン」を分泌させる作用があるので、食べた後の喜びが、鶏肉よりも多いのかもしれません。



▼まとめてみると、

⇒牛肉を食べる
⇒トリプトファンをゲット!
⇒幸福物質セロトニンが増える
⇒睡眠物質メラトニンも増える



私の印象では、こんな感じのイメージです。



▼さて、幸福物質セロトニンは、ストレスを解消してくれる効果があるので、自律神経を「副交感神経優位」にしてくれる。

となると、牛肉はそれだけでも、バストアップに効果があると言えます。

副交感神経優位は、バストアップにかなり重要であると、私は考えているからです。



▼併せて、「睡眠物質メラトニン」を増やす事も、バストアップにとってかなり重要だと思われます。

私のバストアップ理論では、

胸を大きくするためには、睡眠はめちゃくちゃ重要」だと考えているからです。



▼眠りが浅くなったり、睡眠時間が短い女性は、自律神経が乱れて女性ホルモンが減少してしまうことがある。

この結果として、胸が小さくなったりしてしまうと思うわけです。
(体験談)

そこで、「牛肉のメラトニン増加効果」を利用して、幸せな気持ちでぐっすり眠ることができれば、これもまた胸を大きくするために効果的だと思うわけですね。



▼ちなみに、「不眠症気味だ」とか「鬱っぽい」という人は、

「お肉を食べる量が少ないのかも」

という可能性があります。


上述した通り、牛肉をはじめとしたお肉は、トリプトファンを摂取できるので、不眠症の改善や、うつ病の改善に効果がある。

不眠症気味で貧乳の女性は、お肉の量を少し増やすと良いですね。



▼ということで本日は、牛肉とバストアップの関係について、私ミムラの独断と偏見で書いてみました。

私なりにまとめると、


「牛肉は、バストアップに必要な脂質を摂取できるので、胸が大きくなりやすいお肉である」

「また牛肉は、セロトニンやメラトニンなどの、気持ちを幸福にしてくれるホルモンを増加させるので、自律神経が安定し、女性ホルモンが増えて、バストアップしやすい体質になる」

「ただし、牛肉は食べ過ぎると体に負担がかかるので、食べ過ぎは禁物」



こんな感じで私は考えています。

ご参考まで。

ミムラのバストアップサプリランキング


▼胸を大きくするには、最初だけでもバストアップサプリが必要です。

私(ミムラ)が、実際に使ってみて、バストアップ効果を感じたサプリのランキングをまとめました。
  ↓
ミムラ流・バストアップサプリランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



牛肉と白いご飯の組み合わせでバストアップを狙う


▼牛肉とバストアップの関係についての考察を続けます。

脂身つきの牛肉は、脂肪分が豊富なので、バストアップに効果的だと思う。

胸を大きくするためには、体脂肪率を上げることが1つのポイントとなる。

そう考えると牛肉は、バストアップになかなか効果的だと思うわけです。



▼体脂肪率を上げるためには、「糖質+脂質」という組み合わせで食事すると良い。

それはつまり、「白いご飯+牛肉」

この組み合わせは、糖質と脂質を同時に摂取できるので、効率的に体脂肪率を上げて、バストアップにつなげていくことが可能だと思うわけです。



▼個人的には、鶏肉の方が好きなんですが、鶏肉の場合、タンパク質はたっぷり摂取できるんですが、脂質は少し物足りない印象です。

太りやすさで言えば、鶏肉より牛肉の方がいいと思う。

豚肉はその中間くらい。

いずれにしても、しっかり食事を摂らないとバストアップはできないので、まずは「ご飯が進むお肉」を研究してみると良いかと思います。


バストアップするサプリについて

胸を大きくするには、バストアップサプリが必須です。

ちなみに私(ミムラ)のオススメは、やはり
  ↓
ピンキープラス』です。


その他のバストアップサプリのランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
効果の高いバストアップサプリの独自ランキング

サブコンテンツ